Top旅先いろいろ'; } else { print '旅先いろいろ'; } ?>

« 史跡、寺社城仏閣 | メイン | 生物 »

2009年03月19日

●那覇空港には

今回の沖縄は、約1年半振りにセントレアでの国内線でした。
国際線と違って、飛行機に乗る手続きが簡単で楽チンでしたが、見慣れた
セントレアと言う事なのか、気がつけばスープストツクトーキョーで食べた
朝食しか写真を撮ってませんでした。

帰りの那覇空港も、空港だけは過去に何度か訪れた事があったので土産を
買ったら、椅子に座ってくつろいで搭乗時間を待ってました。
そんな時に目に付いたのが、ふたつ。

ひとつ目は、これ。

20090315%20kuukou001.jpg

今は懐かしき、公衆電話で使用するテレカの販売機。
この時代、自分が近くの椅子に座っている間、やはり購入する方は1人も
居ませんでした。

今や日本の国民、誰もがケータイ持ってますから、おそらく外国人向けとは
思うんですが、それにしては外国語表記が少ない。
今時の国際空港や観光地では、英語、ポルトガル語、中国語、韓国語の
外国四カ国語は必ず有りそうなのに、日本語と英語のみ。

でも後で気づいたのですが、ひょっとしたらインターネット用のテレカだった
のかも知れません。

20090315%20kuukou002.jpg

そして、もうひとつは2台の電車の切符販売機。
沖縄県用ではなくて、名前と路線名は忘れましたが東京近郊用の電車の
切符販売機です。
飛行機で羽田へ降りてからの移動用とおもわれますが、それだけ関東から
観光や仕事で来る方が多いんでしょうね。

帰りの搭乗チェックでは、「生物研究室」と書いた大きなシールが貼ってある
デジイチもってスーツ姿の方を数名見ました。
沖縄は陸上の特殊な生物も多いから、研究家の方達もたくさん来られるん
でしょうね、きっと。

2009年03月17日

●沖縄料理 元祖タコライス

既に何度も書きましたが、齢(ヨワイ)51にして初の沖縄本島上陸。
初めて見た沖縄で、ダイビング以外に衝撃だった事や、見た事や感じた事を、
数回に分けて書かさせて頂こうと思います。

第一回目は、衝撃のタコライス。

先ず始めに、実を言うと今回沖縄に来て見るまでは、タコライスはタコ丼だと
思っていた自分。
着いた日の昼食に、今回宿泊する恩納村にあるホテルの近くで かじきあん
社長さんが食べてるのを見て、初めてタコス味の御飯と知りました。

いや~、本当に沖縄知識ゼロの自分ですから。

20090313baa.jpg20090313bab.jpg
20090313bac.jpg20090313bad.jpg

写真左が、その時見たタコライス、右はその時に自分が食べた豚塩カルビ丼、
共にそばがついてて、なんと¥570- とリーズナブルな価格でした。

そしてダイビング最終日の打ち上げ時に、潜水案内の285さんからタコライスの
現地情報をゲット。
そもそもタコライスとは、自分達が潜っていたレッドビーチがある金武(キン)町に
あるパーラー千里が発祥の食べ物だそうで、その後、千里に当時居た人達が
キングタコス・チェーンとか、別のお店を展開したらしいです。
なので、味もボリュームもほぼ同じらしいですよ。
( 因みに後でウィキペディアで調べたところ、経営者は同じみたいです。 )

ともかく、そこら辺で出してるタコライスとは、ボリュームは桁違いに大きくて、
外国産のチーズの味が独特とのお話しで、最終日のランチはパーラー千里に
決まりました。

20090315baa.jpg20090315bab.jpg

285さんから、場所は金武町にあるアメリカ海軍基地のキャンプ・ハンセンの
ゲート1の交差点の向かいをちょっと入ったところと教えていただき、午前中、
美ら海水族館を見学後、2時30分頃に到着しました。

左がキャンプ・ハンセンのゲート1、右はそのフェンスに貼ってある注意書き、
このゲートからは、日曜日とあってか、米国ナンバーを付けた沖縄の各米軍
基地行きの大型バスが、何台も出入りしてました。

20090315bac.jpg20090315bad.jpg

左がゲート1の向かいの街並み、写真の右辺りに写っているカフェの右奥に
目的のパーラー千里があります。

右の写真は、パーラー千里を捜してウロウロしている時に見た、ゲート1が
あるメイン道路から、1本、2本奥に入った路地の街並みです。
さすが米軍基地近くなので、外国っぽい風景でフィリピン辺りのアジア人と
一緒に歩いてる黒人や、いかにも米軍客相手と言った感じのバーが沢さん
建ってました。

そして ↓↓↓ これが、そのウワサの元祖タコライス。
20090315cac.jpg

タコライスでも種類は色々あり、この写真はタコライス・チーズ野菜で、丼で
2杯分ぐらいの御飯の上に、塩、胡椒、チリパウダー等で味付けして炒めた
挽肉が乗っており、その上に千切りしたチーズ、レタス、半月切りのトマトが
乗っていて、この写真で判りにくいと思いますが、一緒に写ってるボックス
ティッシュの箱の2倍ほどの高さと、ばかデカイサイズで、これにケチャップか、
潰したトマト、ケチャップ、タバスコ等で作ったサルサをかけて食べるのですが、
サルサはちょっと辛めでした。

テーブルに届いた時の写真で、食べる前だと言うのに、既にこぼれてます。
そのぐらい量が多いんです。
因みに元祖タコライスのタコミートとは挽肉だけだそうで、他の店で見られる
ピーマン、にんにく、タマネギ等は入ってませんでした。

20090315caa.jpg20090315cab.jpg

ボリューム満天のこれで何と600円、因みにタコライス・チーズなら 500円で、
タコライスなら 400円です。

そもそも昔の円高の頃、ドルが目減りしてしまった米国軍兵に、たっぷりと
ボリュームある食事を安く提供したいと考えて、考案されたのがタコライスの
始まりらしく、他にも、ごはんがチキンライスのタイプとか、タコライスバーガー、
チキンなどいろいろメニューが有りますが、どれも全てビッグサイズです。

写真左は帰る時に撮した画像ですが、並んでる方はテイクアウトオーダーの
人で、自分達が2時30分頃に着いた頃はテイクアウトの人達だけで10人ほど
並んでました。

そして自分達は、折角のきたんだからと店内で皿に盛って頂いて食べたの
ですが、よく廻りを見ると店内で食べているのに皿ではなく、テイクアウト用の
使い捨て容器で食べてる人達がいます。
どうやら食べきる事が難しいボリュームなので、残りはそのまま持って帰る
為に、初めから皿でなく使い捨て容器で食べてるみたいです。

皆さんも行かれた時には、ムリして完食しないで済む様に、通っぽく店内で
使い捨て容器で食べる事にして下さい。
もちろん皿で食べても、残りの持ち帰り用に容器はいただけますけどね。

2009年03月15日

●沖縄本島、最終日

20090315aab.jpg
20090315aaa.jpg20090315aac.jpg

最終日こそ、嘉手納基地見学。
では無くて、ダイビング旅行らしく美ら海水族館見学。

最も今日は日曜なので、訓練はお休みかと。
結局、お目当てのラプターは見られませんでした。

2009年03月13日

●セントレアから、沖縄へ

20090313aaa.jpg

今日から二泊三日で、かじきあん沖縄ツアーに参加です。

齢51、ダイビング本数1200本超えてるのに、沖縄本島に初上陸。
さ~ってシーサーは何匹、街を歩いてるんでしょうか♪

20090313aab.jpg20090313aac.jpg

那覇に無事に到着、今回の沖縄旅行の自分の目的は、FA-22 ラプター。
そうです、アメリカの軍の最新鋭スティルス戦闘機です。

なのでレンタカーで、嘉手納基地へ直行です。

では無かった。
すぐにダイビングらしいです、やはり。

と言う事で、午後から真栄田岬で2本潜ってきました。

2008年12月14日

●湯河原温泉

20001213aac.jpg
20081214aaa.jpg20081214aab.jpg

昨日から、サザンマリン・ラボラトリー 坂上所長さん言いだしっぺによる
忘年会に熱海の隣の網代と言う所で楽しんで参りました。

のんびり飲んで泊まったて本日は、湯河原温泉でまったり。
普段ダイビングで来ても、熱海温泉が最東の為、自分は初めての
温泉でした。

写真は帰りに送って頂いた、湯河原駅のホームですが、ベンチシートまで
ゆがわら文字入りでしたよ

2008年11月09日

●すごい虹!

昨夜は、23時半頃に須江から自宅に戻ってきました。
そして本日は4時に起きて、大瀬崎に行ってきます。

なので、本日は生物報告を書き上げる時間が無いので、先日のパラオ合宿で
撮してきた写真で。

20081019niji%20a.jpg

ほらっ、凄くないですか。
本当に半円の虹で、地面から地面まで半円をきちんと描いております。

1枚の写真では入りきらないので、2枚で撮して合成してみました。
仕上がりがちょっと失敗気味の合成写真ではありますが、虹が半円なのは
判っていただけるかと。

虹が多い事で有名なハワイでも沢さん見てきましたが、高い建築物が多くて
虹の裾野が隠れてしまい、これほど半円に近いのは初めて見た気がします。

撮影したのはサザンマリンダイバーズさんの桟橋ですが、パラオには背の高い
建築物がほとんど無いので、こんなに綺麗に見えたんだと思います。

2008年11月06日

●夕焼け

自分がパラオでナイトダイビングに向かう時に、ボートの上でよく撮している物が
あります。

それはパラオの海の上での、夕焼け。

20081020gab.jpg

20081021gaa.jpg

おそらく住んでいる人の数が少なく、大きなビルや工場などが無く、と~っても
空気が澄んでいるからと思いますが、現在の日本では見ることが出来ない様な、
綺麗な夕焼けをよく見られます。

今は未だいつになるかは判りませんが、いつか仕事をリタイアしたら、こんな風な
綺麗な夕焼けを毎日みれるどこかで、のんびり暮らしたいと思ってます。

でもその為には、クリアしなければならない大きな問題がひとつ。
自分の奥さんは日焼けが大嫌い!
絶対に、夕焼けが綺麗な、いつも日が当たる様な所には住むはずがありません。

まぁ最悪、一人で行けばいいかな。

2008年10月31日

●ビジネスシート

いつも貯まったマイレージを使用してパラオに行ってます。
実はマイレージ使用には燃料サーチャージ代金がかかりませんので、通常の
エアーチケットと比べて、ずいぶんとお得意なんです。

いつもならエコノミー席にしてマイレージ数を節約してますが、今回はセントレア発
だけの特別キャンペーンにて、マイレージ数が50%でチケットに交換できましたので
ビジネス席で行ってきました。

コンチネンタル航空の場合、ビジネスシートで何が良いかと言うと、まず機内預かりの
荷物が、エコノミー席では22Kg迄の荷物が2個に対して、ビジネス席では34Kg迄の
荷物が3個までOKになります。
これはダイビング器材やカメラなどの荷物が多いダイバーにとって、大助かりですね。

あとは広いシート、搭乗、下乗での優先扱い、専用トイレ等と他にも色々ありますが、
今回帰り便だけですが、ビジネス席の食事サービスを撮影してきましたので、今回
リポートさせて頂きます。

まずは、パラオ~グアムのサービス。
20081023daa.jpg

勘違いかも知れませんが、エコノミー席では何も食事が出なかった様な気がします。
でも実際はいつもこの便は、ぐーぐー寝てますので判りません。
ちなみに今回も寝ぼけている中でサービスされましたので、飲み物も違いがわかり
ませんでした。

続いて、グアム~セントレアでのサービス
20081023dab.jpg

あれっ?まるで先ほどと同じと思っていたら、フルーツを食べ終わってみると、
20081023dac.jpg

次の料理が運ばれてきました。
しかも料理はメイン料理と、スクランブルエッグかパスタ、サイド料理はポテトか
コーンフレークが選択でき、パンもおかわりができます。

因みに飲み物は、エコノミー席+アルコール類でしたが、セントレアに到着後に
運転が控えている自分は、我慢してオレンヂジュースにしておきました。

この便も、いつもならずう~っと寝ていて食事は食べませんが、今回は折角の
ビジネス席なので食事だけは全ていただき、それ以外はやはりいつもの様に
爆睡しておりました。

しかし料理自体が全然違いますが、食器が陶器、ナイフ、フォーク類が金属と
言うだけでも料理が豪華に見えてしまいますね。
これなら、今後はマイレージいっぱい使ってビジネスで行こうかなって思った
帰り道でした。

2008年10月29日

●パラオの消防署

自分の場合、パラオに居る間、朝は6時に出かけて深夜までホテルに戻って
来ませんので、ホテル滞在時間はほとんどありません。
寝てる間の各バッテリー類の充電と、荷物置き場に利用しているだけです。
なのでリーズナブルで、フロントの子達がとっても愛想の良いVIPホテルを
ほとんど利用しております。

今回はそんなVIPホテルの部屋のベランダから、時間は若干異なれど、毎朝
撮したパラオ消防署の定点観察の報告です。

まずは、この5枚の画像をご覧下さい。

20081018caa.jpg
撮影日時 2008年10月18日午前6時30分頃

20081019caa.jpg
撮影日時 2008年10月19日午前6時00分頃

20081020caa.jpg
撮影日時 2008年10月20日午前6時00分頃

20081021caa.jpg
撮影日時 2008年10月21日午前8時00分頃

20081022caa.jpg
撮影日時 2008年10月21日午前8時00分頃

写真の左手前の白い建物がパラオの消防署で、隣の赤い屋根の建物がパラオの
警察署です。
日によって写真の角度が若干異なりますが、パトカーは結構駐車している位置が
日々違ってますが、各消防車の駐車位置は全く変わっておりません。

確かにパラオ内で走っているパトカーは見かけますが、消防車はほとんど走ってる
姿を見かけたことが無く、それだけ火事が無いって事で素晴らしいとは思いますが、
でも駐車してる位置が変わっていないって事は、日々訓練はどうしてるんでしょう?

残念ながら、自分はパラオ滞在中はホテルを朝出かけて戻ってくるのは、ナイト
ダイビングが終わってからなので、昼間の消防署員の方達の観察ができません。

ただ、最終日のダイビングをしない夕方近くに見た数人の消防署員らしき方達は、
キャッチボールを楽しまれておりました。

まっ、平和なんで、それでいいのかな。

2008年10月17日

●セントレアにて

20081017aaa.jpg

毎度お馴染みセントレアのゴールドラウンジで、\ただ生ビールです。

去年は仕事や遊びで、合計8回利用させていただきましたが、今年は
これで2回目。
久しぶりなので間違って、ゴールドの上のカードを提示してしまい、
慌てて違うゴールドカードを提示し直しましたが、提示し直しは必要で
あったのでしょうか。

帰国してから確かめてみます。

●明日から、2008年秋合宿

本日のセントレア発グアム行き午前便で、2008年秋のパラオ合宿へ行って
参ります。

去年は過去最多の4回もパラオ合宿に行けましたが、今年は仕事の関係で
盆暮れ正月GW休暇がが無いのは今まで通りで、更にそれ以外でも長期の
休暇取得が困難になり、今回で2回目の合宿です。
まぁ 2回行けるだけでも幸せな事ですが。

長期休暇が取れない代わりに、2~3日間の連休の取得が例年と比較して
取り安く、例年以上に今年は柏島出張が増えてますが、今年の国外脱出
自体が、4月以来の2度目です。

そのせいか、マイレージがかなり貯まりましたので、今回はビジネス席。

と言っても、コンチネンタル航空のマイレージ50%OFFキャンペーンなので、
通常60,000マイルのビジネス席が、30.000マイルで購入できました。
つまり、エコノミー席のマイル消費数で、ビジネス席が購入できた訳です。

20081017aaa.jpg

何か前にも、同じ様な画像を載せて書いたような気がしますが、上の画像は、
今回の秋のパラオ合宿に持ち込むカメラ器材の全てです。

ちなみに今回持ち込むのは、下記のリストです。

 カメラ本体・・・・NikonD300、D200、CanonIXY910ISが各1台。
 レンズ・・・・・・・Nikonマイクロ105mmVR、マイクロ60mm
           Kenkoテレコン1.4倍と、2.0倍の2種類。
 ハウジング・・・NexusD300、D200と、Canon純正WP-DC17
 ポート・・・・・・・上記レンズ用のNexus2種類と、テレコン用2種類
 ストロボ・・・・・・INON Z240、Z220が各2個ずつ
 ライト類・・・・・・ダークバスター24Wが1個、フィッシュアイLED48が2個。
 その他、45度ファインダ、コンバージョンレンズ、アーム類、ストロボ接続の
 コード類、各カメラの予備バッテリー各1個、単3充電池 SANYO2700mmと
 エネループが合わせて合計48本、各電池の充電器類、予備の各Oリング、
 グリス類などなど。
ぜーんぶ、合わせてカメラケースに入れたら、合格点の22Kgでした。
でも今回はエコノミーの23Kgまでではなく、32KgまでOKなのですが。

パラオに行くと言うのに、ワイドレンズを持って行かない点で、既に変態合宿
モードぶりが判るかと思います。

他には、BC、レギュ、ウェット、フィン等の、通常のダイビング器材一切は、
いつもお世話になってる現地サービスのサザンマリンダイバーズさんに預けて
あるので、ダイビング器材としては今回持って行くのはマスクのみと、折角の
ビジネス席なのに、預け入れ荷物の数も、いつもの2個で済みそうです。

ところでパラオは、残念ながら通信のインフラ環境は良くありません。
なので申し訳ありませんが、しばらく当ブログは休載させていただきます。

月末からの、パラオ合宿報告をお楽しみに~♪

2008年09月22日

●豊浜で休憩

20080922aab.jpg

久し振りの8連勤後、明日から柏島で休暇です。本日は仕事の都合で自宅に
戻る時間が無く、本日の仕事先の小牧市から出発。

ネクタイしめて柏島へ行くのは、初めてです。
でも、おかげで出発してから5時間弱で豊浜まで来れました~♪

2008年09月07日

●柏島からの帰り道

20080907aab.jpg20080907aaa.jpg

かじきあんの、柏島ツアー恒例。
帰り道は四万十川の天然ウナギを美味しく食べて、水車亭で芋ケンピの
お土産を買って帰ります。

柏島滞在中はいい天気が続いてましたが、帰り道は夕立パラパラです。

2008年09月06日

●久し振りの柏島

の様な気がしますが、1ヶ月半ぶりでした。

20080906bab.jpg

今回は、かじきあんのツアー参加なので運転無しの、楽ラク。
でも、その分出発は遅くなり、到着したのは明け方です。

お休みなさい。

2008年07月29日

●夏休みの柏島

20080728aab.jpg

昨日の柏島は、ぴーかん。
後浜には、タープテントや、海水浴用の安全ブイが設置されたり
まさに夏休み。

20080728aaa.jpg

ダイビング休憩中に、ゲストの皆さんでかき氷を食べました。
自分はやっぱり、いちごミルクでした

2008年07月28日

●夏っ! 柏島

20080727aaa.jpg20080727aab.jpg

先週末、紀伊大島の須江では 19度~21度の水温でしたが、本日の柏島は
24度~29度と真夏の日本の水温でした。

残念ながらベラのシーズンは終わってしまった様で、更にナイトでは一ヶ月前に
観察出来た未記載のテンジクダイは 1匹もみれず。

でも、オガサワラコブシガニや、イザリモドキなどの見物はいっぱいですし、
砂地ではハゼが、いっぱいビュンビュン飛んでました

2008年07月27日

●柏島到着 !!

20080727ab.jpg
自宅を出て 9時間30分、無事に柏島に到着。

一緒に来ている友達とのお話しが楽しく弾んでしまい、気がつけば
いつもの瀬戸大橋ではなく、明石大橋に来てしまってました。

       20080727aa.jpg

2008年06月27日

●三木のSA

20080627ad.jpg

柏島からの帰り道の定番、三木のSAで遅めの晩御飯です。

自宅まであと240Km、頑張ります。

●柏島からの帰り道

20080627ba.jpg
20080627ab.jpg20080627ac.jpg
20080627aa.jpg
20080627bb.jpg20080627bc.jpg

今日は朝から2本潜って、2時30分に柏島を出発。

途中、ダバダ火振を購入しに寄った大正町を、ついでに観光したりしたので、
6時30分現在、まだ窪川の道の駅です。

2008年05月08日

●パラオ特訓報告 旅編(最終回)

本日は、ちょっとキーボードを打つ指に油が載りましたので、生物観察報告
だけでなく、もうひとつアップさせていただきます。

内容は、途中報告になってましたパラオ特訓報告のダイジェストです。
ダイジェストって言っても、すご~く長いので読むのは、かなり暇な時にでも
された方が良いかと、思われますよ。

ダイビング3日目、前回のつづきなので午前6時にホテルに帰って3時間後の
9時に、再び、桟橋です。

20080415aa.JPG
写真はオーバーナイトから戻った時の、桟橋風景です。

しかしこの日は、ちょっと休憩日に。
昼間はダイビング雑紙のイメージの様に、パラオの外洋ポイントを3本潜って、
桟橋前のサンセットダイビングで ニシキテグリ のハーレム的産卵行動を観察し、
シボリ に興奮し追いかけ回して撮影したりして、少なめの合計4本のダイビングで
終了しました。

昨日(今朝?)までに体内に蓄積したマイクロバブルを、少しでも放出し、残りの
ハードスケジュールに備えます。
そして夜も、3日ぶりにボートの上でのカップラーメンでは無く、到着日以来の
外食にとレストランへ。

20080414aa.JPG20080414ab.JPG

と言っても、最近お気に入りの格安ラーメン屋さんの、"中華一番拉麺館"で
"卵焼き焼きそば" と、"焼き鳥" 成らぬ"焼き牛"、ビールなどを注文、結局、
今日も麺類でしたね。
因みに、これだけで10$以内で治まりますよ。

その後は、いつものアイスクリームをネコり、久々に早めに就寝しました。
と言っても、充電やら、写真データをPCに落としたりして、深夜24時は軽く
まわっておりましたが。

そしてダイビング4日目、再び、耐久ダイビング全開モードです。
早朝、桟橋前でウォーミングした後は、今回は1本だけのシアストンネルの深場。
はい、目的は勿論、 カマヂハナダイ 様。

過去に何度と挑戦しながら、引っ込んでたり、色が出てなかったり、未だ一度も
まともに撮れていない、自分の憧れのハナダイです。

20080415ba.JPG20080415bb.JPG

今回、自分以外のゲストで、知人のパラオ在住の日本人の方もWタンクなので
自分の分と、その方と自分の減圧用タンク、更に ぢろーさんのWタンクと船上は
器材でいっぱいです。
汐見をみられる ぢろーさんの姿からも、この1本への期待が高まります。

昨年の年頭に掲げた計画では、今回ぐらいからヘリオックスを詰めたO2プティマ・
リブリーザーを背負って、減圧用には80%~100%程度のナイトロックスタンクを
ショルダーに下げて挑む予定でしたが、なかなか思うように講習の受講が進んで
いませんので、まだ使えません。
なので今回は、背中に11.5LのエアーのWタンクを背負い、減圧用に50%ナイト
ロックスの10Lタンクを、ショルダーにぶら下げて挑みます。

エントリー後、まっすぐに深場へすすみ、すぐに カマヂハナダイ 様を ぢろーさん
から紹介されました。
本日の カマヂハナダイ 様は、カラフルな色を結構出されておられ、ご機嫌も
たいへん麗しいご様子にて、真ヨコどんぴしゃの位置で10枚ぐらい撮せました。

ただ撮した画像をD200の液晶を見ながら、カメラのセッティングを微調整しようと
しましたが、案の定、ネクサスの背面にある各ボタンが反応しません。
以前もそうでしたが、ある深度以上の深い水深になるとボタンを押しても、うんとも
すんとも動きません。
この深さの水深を保証してないIXY910ISは、樹脂ケースでも何とも問題ないのに。

ちょっとだけ頭によぎった不安が、大当たりでした。

まぁでも今回は良いだろうと安心して、他の生物も色々撮影しながら、長~~い
減圧も終えて、ボートの上で撮した画像を確認すると・・・・・・えっ???

何故か、全て真っ黒な写真ばかりです。

エントリーして最初の頃は、真っ黒な写真ばかりで、水深が-40m位ぐらいまで
上がって写した写真からは、まともに撮れてます。

DSC_4533.JPGDSC_4569.jpg
上左の写真がその時の真っ黒写真を、フォトショップでムリクリ明るくした物です。
せっかく各鰭が立ってピンもあってるのに~!!
そして浅い水深で撮した上右写真の メガネスズメダイ は、綺麗に
光が当たっています。

ストロボの角度が悪かったのか? 発光していなかったのか?
でも、ターゲットライトに使っているLED48の灯りだけでも、薄暗い画像は撮れると
思うのですが、何とも不思議です。

ここでは過去に ダブルバーアンティアス や、 ベニハナダイ など、他にも珍しい
ハナダイを撮しているんですが、何故か カマヂハナダイ だけ失敗ばかり。
Wタンクぐらいの装備ではダメって、シアスの神様が仰ってるんでしょうかね~。

気を取り直して、3本目からSタンクに戻してダイビング。
ちょっと深めのポイントで、 ホタテツノハゼの1種 ダテハゼの1種 などを撮って
いると、すぐに減圧が出そうになり、その後はずう~と浅場でスズメダイ系などを
観察してました。

20080415ca.jpg20080415cb.jpg
ランチは、アレンさんが小さな島に囲まれた浅瀬の入り江までボートを走らせて
くれて、綺麗な風景の中でいただきました。

4本目はは、昨年秋になんとか撮るには撮った ギルバートカーディナルフィッシュを、
セントカーディナルで撮り直して、桟橋へ戻りました。

パラオ在住の知人とは、ここでお別れです。
この方は内湾での泥ドロマクロダイビングや、大深場も大好きな方なので、自分の
ダイビングスタイルと似ており、今回は陸移動での内湾と、ボートでの内湾、そして
本日の大深場と、昼のダイビングだけでしたが、3日間御一緒していただき、次回の
パラオの時にも、是非ぜひ、お声を掛けさせていただきたいと思ってます。

20080415da.JPG
桟橋にて、ミッドナイトダイビング出港の為、準備に戻った ぢろーさんと、本日も
夜部門のみ登場の こーじさんを待っていると、残念そうな顔をした こーじさんと
ぢろーさんがやってきましたが、お2人とも急用が出来てしまい、今夜は行けない
そうです。

自分が居る間に、2回は外洋でミッドナイトができるつもりでしたから、ゲストの
自分よりも悔しがってられました。

と言うことで、今夜は拓ちゃん、研修中の方2名とで出港。
今後、当ブログで紹介していきますが、深夜24時迄に3本潜って今夜も またまた
珍な変な生物を、いっぱい観察出来ました。

そしてホテルに戻ると、午前2時。
やはりホテルの玄関は堅く施錠されており、玄関ロビーも薄明かりになってます。
拓ちゃんがノックしてくれましたが、返事がありません。

でも入れないと充電が出来ませんし、濡れた海パンでサザンさんの事務所で
泊まる事になってしまいます。
ホテルの玄関を、ガンガンと激しくノックして、何とかホテルに入れました。

20080416aaa.jpg20080416aad.jpg

とうとう最終日、左上の写真は、移動中に居眠りするガイドの拓ちゃんです。
そりゃあ、これだけゲストに、毎日早朝から深夜まで遊ばれれば、疲れはてて
当たり前ですよね。
まぁ、どこでも寝ちゃう病でもありますが・・・・・・。
いつも、自分か東京の某ゲストの女性の方がやって来ると、ただでさえ痩せて
いるのに、いつも更に痩せちゃうそうですよ。

20080416aab.jpg20080416aac.jpg
上の写真は、マラカル湾に係留していたアメリカ軍の駆逐艦です。
ヘリコプターまで積んだイージス艦と合計2槽が係留しており、コロール市内で
一番大きなスーパーでは、沢山のアメリカの軍人さんが買い物されてました。

パラオでの最終日は、いつも50%のナイトロックスで-10m以浅のダイビングに
しておりますが、実は4日目のナイトから、レギュを咥えると口の歯茎に痛みが
出だし、レギュを常に甘噛みしてました。
短期間で沢さん潜ると、こんな事も有るんですね。

20080417aa.jpg20080417ac.jpg
20080417ab.jpg

なので最終日は早朝は辞めて、2本で終えることにして、最後はシャンデリア
ケーブに生息している、 シャンデリアケーブドゥワーフゴビー を撮影して、終了。

結局、合計4日半で28本、のべ潜水時間は28時間54分で撮した写真枚数は
約1,200枚の結果でした。

残念ながら予定より4本少ない結果でしたが、でも自分のダイビング人生で
最高の激しく楽しい特訓に大満足。

そして最終日の夜は、当然、遊んだ代金の精算です。
潜った本数の多さに比例して、高額になってしまったダイビング代金の上、
更に今回使ったナイトロックスタンクの本数も多く、結構な金額です。

20080417ba.jpg20080417bb.jpg

遊んだ使ったお金は頑張って働いて支払うしか有りませんので、今回も深夜
1時40分にコロール発のグアム行きに乗り、行きの時とは反対に凄く混んでる
グアムの入出国検査後、3時間ほど空港内で待って乗り換えて、10時40分に
セントレア到着。

駐車場でネクタイを締めて、スーツ姿に変身し、13時にはオフィスで溜まりに
たまったメール受信から、仕事を再開しました。

ふぃ~っ、疲れた~。

2008年05月01日

●バラオ特訓報告 旅編その2 予定変更

さて本日も、特訓旅行編です。

ダイビング初日、この日は早朝から自分が世界で一番好きなビーチポイントの
ゴビーパラダイス3(略してGP3)で3本潜って、早めにボート桟橋に戻って出航、
外洋でサンセット、ナイト、ミッドナイト、オーバーナイトの予定です。

20080412aa.jpg20080412ab.jpg
ホテルの玄関にはネコがいっぱい、VIPホテルはいつもネコだらけです。

20080412bb.jpg
20080412ba.jpg20080412bc.jpg
夕方から明日朝までのボートの操船に備え、オペーレーターのアレンさんは
休憩、拓ちゃん運転の陸路で移動です。
パラオでのダイビングはほとんどボートなので、なかなか陸路での移動がなく、
車の窓から見られる景色は凄く新鮮、自分はこの陸路移動が大好きです。

20080412ca.jpg20080412cb.jpg
撮影したのは、今回のGP3で一番の目的の未記載種のヤツシハゼの1種を始め、
ヤツシハゼの1種が計4種、その他、シマオリハゼ、ウシオニハゼ、カスリハゼ、
ニュウドウダテハゼ、ケショウハゼ、カニハゼ、ヤノウキホシハゼ、サルハゼの
1種、ベニハゼの1種、ストライプヘッドドワーフゴビー、ラグーンシュリンプゴビー

等のハゼいっぱいに、リボンスズメダイ、クジャクスズメダイ、ネッタイスズメダイ、
ミスジリュウキュウスズメダイ、ゴールドバックダムゼル、ブルーバックダムゼル

等のスズメダイいっぱいと、書き出したらきりがないくらい撮影出来ました。

でも今までアイドルだった赤色の、ジョーフィッシュの赤井君の姿がどこにも
見あたりませんでした。
何処へ行ってしまったんでしょう~??

予定通り3本潜ってのお昼、突然のスコールに近くの公営の休憩小屋の中で
ランチにしました。
今回は、いつもお弁当を作っているシェフの、ホセさんも気合いを入れてくれて
いるのか、特デカのおいなりさんです。

と、美味しく食べていて、ふと見ると、どこかでよく見る言葉の落書きが・・・。
おやおや、柏島から遠く離れた外国のパラオで、見た事のある落書きを見る
とは、何ともですね~。

20080412dda.jpg

そして残念ながら初日はこの後、風が強く吹いてきたので外洋は難しく、予定を
変更し内湾を3本ナイトで潜って、テンジクダイや甲殻類の数々の幼魚、稚魚を
観察し、ホテルに戻ったのは深夜の24時でした。
初日から、いきなり予定が狂った特訓スケジュールですが、それなりに修正を
加えて計画は進められていきます。

20080413aa.jpg
ダイビング2日目、早朝と言えばサザン桟橋前。
綺麗には撮れませんでしたが、インドカエルウオの婚姻色、キイロサンゴハゼ、
イチモンジコバンハゼ、レモンコーラルゴビー
など撮影。

その後、早めに内湾のハゼ観察系のボートポイントを3本潜って、マダラホシハゼ、
ホシハゼ属の1種、ハゼ科の1種、フタホシタカノハハゼ黄色、ギンガハゼ黄色、
ブラックシュリンプゴビー
等を撮影しました。

20080413ca.jpg20080413cb.jpg
そして本日は風もなく、遂に外洋オーバーナイトが出来そうです。
外洋のサンセットから始める為に早めに出発して、日が落ちる前にエントリーを
開始しました。

この日の夜御飯は、初日の湾内ナイトで、日本から持ってきたカップラーメンを
皆さんで食べ尽くしたので、パラオで売られている日本製のカップラーメンです。
しかし、日本で見たことも聴いたことも無いカップラーメンばかりですね~。

と言うか、今回の特訓計画を聞いたときから思ってますが、今回のパラオでは
いったい何個のカップラーメンを食べるんでしょうね。
着いた夜は居酒屋で食べましたが、このペースだと午後は潜らない最終日まで
ずう~っと毎晩、カップラーメンなんでしょうか?

結局、この夜はサンセットを1本、ナイトを1本、ミッドナイトを朝4時にエギジット
するまで3本潜って、既に紹介済みのワンフィンフラッシュライトフィッシュ、
サビグダリボウズモドキ、エキオドンの1種
や、種が判らない稚魚ちゃま達を
いっぱい観察してホテルには早朝6時に戻りました。

文字通りの朝帰りですが、ダイビングをして朝帰りは人生初の体験でしたね。

20080414ab.jpg
ミッドナイト終了後、桟橋に帰港してボートを片付ける、朝焼けの中のアレンさん、
ホントに今回は毎晩、毎晩お世話になりました。

そして各電池、ダークバスターを充電しチャッと寝て、3時間後の9時頃には
再び、ボート桟橋です。

いやぁやはり、かなりハードですわ。

2008年04月30日

●バラオ特訓報告 旅編その1 驚異のスケジュール 

本来なら昨日は休暇の予定でしたが、一昨日の夜遅く急な仕事が入ってしまい、
急遽、田辺行きの予定を中止し、休暇返上となりました。
しかしやはり急な仕事のせいなのか、仕事は午前中で終わってしまい、午後は
わりとフリーな時間が多く取れましたので、久しぶりに長々と書いてみます。

そして本日は、最近、生物の紹介ばかりで飽きちゃった方もいらっしゃるかな~と
思いまして、久々にパラオ特訓旅行でのあれこれを書いてみます。
生物ファンでいつも見て頂いている方には、ごめんなさい。

20080411aa.jpg20080411ab.jpg
いつもパラオへ行く時に乗り継ぐグアムへの昼便はガラガラなので、フライトの
2時間前にセントレアに着く様、自宅を出発します。
平日の朝、ガラガラの知多半島自動車道路を通って、右手の奥にセントレアを
眺めながら、予定通りの時間に到着しました。

出発時にも書きましたが、グアムまでの旅中は何もかもガラガラのはずでしたが
今回は某在名ラジオ局主催のツアー客の方たちで、受付カウンターが撃込み。
これでは、いつも恒例のゴールドラウンジで "ただビー" に、ありつけそうに
ありません。
でも、何とか、駆け付け一杯だけは飲めました。

20080411ac.jpg20080411ad.jpg
そう言えば、去年からコンチネンタル空港の搭乗口の場所が、出国審査後に
進んで左側の南端から、反対の右側真ん中当たり位置に変わっております。

てくてく歩いて到着してる見ると、いつものボーイング737、いつもならガラガラ
なので3席ぐらい使って伸びのびと座れますが、今回はやはりコミ込みでした。

20080411bc.jpg20080411be.jpg
20080411bf.jpg
遠くにタモン湾、手前にアガニャ湾を見ながら、右手奥の方にグアム・アガニャ
空港が見えてきて、まもなく着陸です。

飛行機の離着陸前後30分間は、現在、航空法でデジカメは使えません。
使うと50万円以下の罰金らしいですが、こんな時に "写るんですよ" などの
フィルム簡易カメラは便利です。

20080411ba.jpg20080411bb.jpg

さて、グアムに到着。
やはりちょっと込み気味のグアムへの入国審査を終え、パラオへ乗り継ぎの
為、チケットチェック後すぐに、その足でグアム出国手続きへ向かいますが、
ここでやっと、いつものガラガラになりました。

通常であれば、パラオ行きのグアム出発時間は19時40分。
空港内で約3時間ぐらい待つので、フードコートでビール飲んだり、軽く食べたり
してますが、毎週金曜発だけは17時50分発と約2時間近く早い出発なので、
待ち時間は短く、必用な買い物を済ましたら、出発ゲートに移動してのんびりと
搭乗時間を待ちます。

グアム~パラオ間の飛行機も、セントレア~グアム間と同じボーイング737。
この区間はいつも満員です。
日本とパラオの時差は同じですが、グアムは+1時間なので実際のフライト
時間は約2時間でも、パラオ時間的には1時間早く着いてしまいます。

20080411ca.jpg20080411cb.jpg
コンビニ程度の広さのパラオのイミグレーション。
いつも麻薬探査犬がウロウロ、犬アレルギーの方は大変ですよ~。

無口なパラワン入国審査官達の審査も問題なく通過し、器材も無事にバゲッジ
カウンターにて受け取り、ようようパラオへ入国ですが、たった1人で、しかもBC、
ウェット、フィン、ブーツ等、器材はひととおりサザンさんに預けてあると言うのに
この荷物の多さ。
中身は、Wタンク用の器材一式、カメラ器材、ナイトでの必需品のカップラーメン
などで、いっぱいなんです。

20080411ce.jpg20080411cc.jpg
パラオのコロール空港を外に出ると、いつもこんな感じで送迎の方や、旅行者で
にぎやか、何せ国際空港と言っても、日本の離島並みの大きさの空港なので、
こんな程度でも、大賑わいに見えてしまいます。

ホテルの迎えの方にもすぐに会え、時速40Km/h位のスピードで20分ほど走り、
ホテルにやっと到着。
パラオは道路が悪く、舗装もボロボロなので皆さん車はゆっくり走らせてます。

20080412da.jpg20080411db.jpg
今回の宿泊もVIPホテル、ここはスタッフの愛想が良く、部屋やベランダも広くて
リーズナブルな価格なのでお気に入りです。

しかし今回、部屋はハズレでした。
いつもなら2人部屋を1人で広々と使ってますが、今回は1人部屋です。
同じ価格なのに、ちょっと損した気分に成ってしまいますね。

20080411cd.jpg
日本を発つ前に、サザンマリンダイバーズの ぢろーさん、拓ちゃんに、到着した
夜は打ち合わせがてら食事の約束をしており、ホテルまで迎えに来て貰らって、
居酒屋"夢"に行きました。

そこで、自分に伝えられた今回のパラオ特訓のスペシャルスケジュールとは、
さすが あの ぢろーさんが考えてくれた内容でした。

 初日 早朝内湾1本、昼間3本、外洋サンセット1本、ナイト~オーバーナイト3本
2日目 早朝外洋1本、昼間3本、外洋サンセット1本、ナイト1本、ミッドナイト1本
3日目 早朝内湾1本、昼間3本、内湾、もしくは外洋でナイト1本、ミッドナイト1本
4日目 早朝内湾1本、昼間3本、外洋ナイト2本、ミッドナイト2本
5日目 早朝外洋1本、午前中2本の、合計4日半で32本。

聞いた瞬間、絶句と言うより大爆笑~♪
いったいホテルで寝る時間は?、カメラやストロボの充電が出来るのか?
いくら、いままでパラオで変態耐久ダイビングをしてきた自分と言えど、これでは
減圧症&齢(よわい)50歳の体力無視のスケジュールかも?

このスケジュールに対して、コージさん、ぢろーさん、拓ちゃんのガイドさんは
交代で各セクションを担当され、非番を作って休憩の時間帯を設けております。
つまり休まず潜り続けるのは、ゲストの自分だけ。
まさに、究極の変態耐久ダイビングです。

現実にはこのスケジュールを完遂する為には、高価なナイトロックスエアーを
大量に使います。
自分が支払う代金なんぞ考えてませんので、もちろん見積もりも無し。
勿論、だからと言って、余分な高額代金ではなく、通常価格です。

ただ自分に目一杯楽しんで貰いたい思いで作られたスケジュール内容ですし、
こんな予定を組んでしまうと、上記のガイドさんだけでなく、研修中のスタッフ
さんまで、大変な労力になってしまいます。

「ムリだと思われれば、いつどう変更されても大丈夫ですよ」との言葉よりも、
「どのタイミングで、何パーセントのナイトロックス使いますか?」の言葉の方に
反応し、スケジュール表に使用予定のナイトロックスのパーセントを書き込み、
こんな大変なゲストサービスを考えてくれた、ありがたい気持ちに感謝して、
チャレンジしてみる事にしました。

いったい、日程終了時の支払いはお幾らになるのやら。
そんな心配はすぐに忘れて、今回観察したい生物名を書き出し、明日からの
ちょーハードスケジュールに備え、笑いを抑えながら早めに床につきました。

( 一部の写真は今回でなく、過去に撮影した物を使っております。 )

2008年04月17日

●セントレアは雨

20080417ca.jpg
2008年春のパラオ合宿(特訓?)を無事に終え、本日のグアムからの午前便で、
帰国したしました。

今回、パラオのサザンマリンダイバーズさんが計画してくれた特訓予定本数には、
4本ほどおよびませんでしたが、ほぼ満足な結果でした。
結果報告は、明日からボチボチあげさせていただきます。

ところで、行きは珍しくコミコミでしたが、帰りも反対に珍しくガラガラ。
セントレアにも人が少なく、やはり世間はGW前って事なのでしょうか?

と言うことで、今から久し振りの出社です。

2008年04月11日

●撃コミ

20080411ab.jpg

いつもならガラガラのグアムへの昼便ですが、何故か今日は撃コミです。
どうやら、某在名ラジオ局主催のツアー客が居たり、慰安旅行の団体さんも
居るらしく、4月に慰安旅行とは、何だかんだ言っても日本の企業の景気は
良さそうですね。

お陰でラウンジでは、駆け付け一杯しか飲めませんでした。
そこまでして飲むかよって、話しでは有りますが。

●いざ2008年春合宿へ

20071121aag.jpg

本日から、5ヶ月ぶりにパラオへ春合宿に行って参ります。
合宿と言っても、今回は1人で行くので、どちらかと言えば特訓でしょうか?

昨年12月に、奄美大島へ行った時以来の長期休暇。
例年通り、大晦日、お正月の三が日は仕事に邁進し、たま~に2連休は
有りましたが、3連休以上は奄美大島の時以来です。

今回、友人に 「何休みになるの?」 って聞かれて、答えた言葉は、
「 遅い正月休暇か、早めのお盆休みかな? 」

なんとも季節感のない、回答でした。

今回の撮影武器は、NEWマシンがまだ手元に届かない為、現在愛用している
ネクサスD200と、IXY910ISの2台だけに絞りました。
NEWマシンは今月発売開始なので、ひょっとしたらと密かに期待はしてましたが、
所詮、週3~4台の生産数で、当然プロの方から優先でしょうから、自分の手元に
届くにはまだまだ時間がかかりそうです。
カメラ本体は、去年の11月から手元にあるんですけどね~。

だったら昨年6月同様に、D200と、D100のそれぞれにマイクロ105mmVRⅡと、
マイクロ60mm+1.5倍テレコンで各セットしてみて、被写体で使い分けてみようか
とも思いましたが、その時の帰りのエアーで重量オーバーとなってしまい、79$もの
EXCESS BAGGAGE代金を支払う羽目に成った事を思い出し、BC、ウェット、フィン
などをサザンマリンダイバーズさんに預けているとは言え、今年もWタンク用の
インデペンデンドキットや、その為のハーネス、ウィングとレギュを持って行く為、
撮影機材は少なめに絞ってみました。

絞ったと言っても、デジイチとコンデジ持ってく訳ですから、普通なら充分だと思う
んですが、5ヶ月ぶりの特訓と成ると、つい、いっぱい持ち込んでみたい気持ちに
成ってしまっております。

深場に、泥ドロに、早朝に、更に外洋の深夜にと。
またまたガッツリ潜って特訓して参りますので、その後の報告をお楽しみにして
下さい。

と言うことで、しばらくは更新が無くなりがちですので、スミマセン。

2008年02月29日

●熱海 妙楽湯

本日は、久々に海洋生物以外のお話しです。

20080224aa.jpg

数年前に伊豆海洋公園で潜って帰り道に偶然発見して以来の、熱海で自分の
お気に入りの温泉です。

場所は熱海の中心街から伊東に向かって、車で20分ぐらい南下した伊豆多賀の
山側の宮川沿いになります。
JR伊東線の伊豆多賀駅と、網代駅の真ん中ぐらいです。

20080224ab.jpg20080224bb.jpg

入浴料は1,000円と、南紀と比べると ちょっと高めですが熱海では一般価格、
妙楽湯の自慢の酵素風呂は、別途2,000円の料金が必用です。

この酵素風呂、数種類の酵素と石清水をブレンドした米ぬかと檜のおが粉の
中に首まで沈めて寝て入り、約15分位で発汗が始まり体内の老廃物を汗と
共に排出して自然治癒力を高め、新陳代謝を活発にするそうです。

酵素風呂はちょっと高価なのでまだ試したことは有りませんが、檜で作られた
内湯は心地よく、更に隣接された露天風呂では、梅、桜、銀杏、白樺などの
木々で彩られ、宮川のせせらぎの中、心が安まります。

     20080224bc.jpg

名古屋から東伊豆で潜ると、帰り道は高所を通って帰ることになりますので、
減圧症の予防として、出来る限りダイビング後に三島に抜ける高所の坂道迄、
時間を掛けたいところ、ちょうど良い休憩になります。

東伊豆で潜られた後は、是非どうぞ。

2007年12月25日

●奄美でのクリスマス休暇

20071225aa.jpg

11月の秋のパラオ合宿以来、約1ヶ月振りのダイビングは、2日間で早朝1本、
サンセット1本、ナイト2本を含み、合計10本の、やはり合宿ダイビングでした。

でも何とか今年の目標のひとつであった、年間200本をクリアーでき、更に、
1000本の記念ダイビングも、自分のダイビング歴で古くからの友人達の多くに
一緒に潜って祝福していただき、非常に楽しい今年のラストダイブでした。

2000年7月にダイビングのCカードを取得して、その年は20本弱で終了。
出来れば50歳になる前に1000本と思ってましたが、約1ヶ月遅れでの目標の
達成と成りました。

写真は奄美空港に到着する前に飛行機から撮した、奄美北部の風景ですが、
真ん中辺りに、自分が奄美大島のダイビングでとてもお気に入りの、倉崎
ビーチが見えます。

明日からは、そんな奄美大島で撮せた生物の報告をさせていただくことに
させていただきます。

2007年12月24日

●奄美最終日

20071224aa.jpg

あっと言う間に、最終日。本日はカヌーでマングローブ観察しました。

20071224ab.jpg20071224ac.jpg

2007年12月23日

●奄美大島での、2日目

奄美大島での、2日目。
本日は早朝、倉崎ビーチで1本、その後、ボートポイントの大仏と、山本SPを
潜って、ランチは奄美名物の鶏飯を食べました。

20071223aa.jpg20071223ab.jpg

午後からは、泥ポイントへ行ってきます。

2007年12月22日

●奄美に到着

20071222aa.jpg

天気予報は曇りでしたが、なんと快晴。

2007年11月22日

●帰国してみたら、さぶっ!!

20071122aa.jpg

出発前にパスポートの有効期限変更へのバーミット取得やら、何やら色々と
ありましたが、秋のパラオ泥ドロ合宿から本日セントレア午前着便で帰国して、
そのまま着替えて出社しました。

出社次第、会議やら、溜まってしまったメールの受信確認をして、やっと昼の
休憩です。

今回のパラオでは、夢のパラオ3大泥ポイントが制覇でき、凄く水中写真が
上手な方とマイミクさんになれて、以前から一緒に潜って見たかった人と潜れ、
見たくて夢にまで見ていた生物もばっちり観察が出来、色んな事で楽しい
バカンスでした。

新たな幼魚様達の写真も沢さん撮してきましたので、明日からボチボチと
報告させて頂きますが、帰国してセントレアから駐車場へ向かい、約一週間
振りの日本は、さぶっ!!

例年、年末年始は仕事の身なので、ひと足早い年末年始のバカンスでした。

2007年11月16日

●GUAM nite

bujini GUAMni tukimashita

demo30punmo hayaku tuitanode netcafe de himatubushidesu
sekkaku noritugijikanga mijikai nitteio erandanoni nagakunatteshimatta

toriaezu himatubushini BLOG o koshinshitemasu

2007年10月25日

●三木で、ひと休み

20071025zb.jpg

柏島を出発して6時間、三木SAでひと休みです。
このペースだと、3時前には名古屋へ帰れそうですね。

●(続) 芋けんぴ

20071025za.jpg

柏島を17時15分に出発して、何とか間に合いました。

2007年10月24日

●芋けんぴ

20071024za.jpg

akkiちゃんに頼まれた芋ケンピを買いに寄ってみましたが、閉まってます。
こんな時間なのであたりまえか。

帰り道に、また寄ってみます

2007年10月23日

●秋の、ひそ柏

20071023za.jpg

明日から秋のひそ柏島。
今日は早めに仕事を切り上げ、5時に名古屋を出発、
予定通り 4時間30分で、吉備に到着です。

2007年10月22日

●グアムにて(3) レストラン KING&I

今回の慰安旅行は、初日夜発深夜着、2日、3日目が終日自由行動で、4日目の
12時にチェックアウトし、14時に集合して名古屋に夜帰国というスケジュール。
慰安旅行と言っても、最終日前の夜ごはんしか団体行動がありません。

一般にグアムへ観光旅行で夜ごはんと言うと、ディナーショーとか、BBQディナー、
ステーキ&ロブスター、シーフードなんてイメージが多いのですが、意外とベトナム、
タイ、中華料理などアジアンフードのレストランが、10$程度でランチバイキングを
大抵やっており、結構、安い上に美味しいんです。
タイ料理であれば、過去に ”バンタイ レストラン ” に行ったことが有りますが、
ランチバイキングにお変わり自由のアイスティーを付けて、約10$でした。

色々と悩んだ末、今回の旅行で1回しかない自由な夜ごはんは、この10月に
オープンしたばかりの、タイ料理 ” レストラン KING&I ” に行ってきました。

20071022ab.jpg20071022aa.jpg

写真左が昼間の外観ですが、夜は左上のような感じに変わります。

場所はDFSからヒルトン方向に歩いて20分ぐらい、アカンタモールの前の
大きな道路を挟んで海側にあります。
丁度、ショッピングバスのバス停が有るので、歩くのが苦手な方はバスが
便利ですね。

20071022ac.jpg20071022bd.jpg

中にはいると、まず大きなゾウが目に入りました。
客席数は結構多く、ざくっと100~120席は有りそうで、真ん中にステージが
あります。

飲み物で目立ったのは、背の高いビールのピッチャー。
3.7L入りで、いつまでも冷えているようにと真ん中に空洞が有り、氷が入って
おります。
バトワイザー、バトライト、ミラーのどれでも、今ならオープン記念で何と15$。

20071022ba.jpg20071022bb.jpg
20071022bc.jpg20071022be.jpg

料理はと言うと、メニューは全て英語表記のみで、載っている写真には料理名は
書いておりませんし、コース料理は無く、全て単品メニュー。
たまたま一緒に行った中で、1名英語に達者な社員が居たので、彼女が店員に
写真の料理名を聴きながらオーダーしました。

味付けは全体的に、タイ料理にしてはマイルドな感じでした。
ほとんどの単品料理は、スモールサイズとラージサイズが有りますが、色々な
料理をシェイクして食べるのに、男性4名、女性3名でスモールで丁度良いくらい
のボリュームです。

写真以外にも、チキンとシーフードのバッタイ、鳥の手羽唐揚げ、野菜料理など
全部で8種類くらい頼んで、4人でビールのピッチャー2杯、3名がソフトドリンクを
数杯、最後に写真右下の揚げバナナのアイスを頼んで、皆さんお腹いっぱいて゜
230$でしたので、結構、お値打ちです。

20071022ca.jpg20071022cc.jpg
20071022cb.jpg20071022ce.jpg

他にも、このレストランの特徴が、タイダンスのショー。
19時30分頃から始まりましたが、女の子6人が衣装を変え、いろんなダンスを
披露してくれます。
後で記念撮影をして頂いたときに尋ねたら、16歳と答えてましたが、もう少し幼く
見えたのは自分だけでは無いようでしたね。

このダンスの模様は、 mixi に動画をアップしましたので、そちらもご覧下さい。

2007年10月18日

●無事に帰国

20071018aa.jpg

本日、グアムからセントレア夜着にて、無事に帰国しました。
今回は慰安旅行と言うことなので、毎日ミールクーポンでいろんなホテルで朝食か
ランチを食べる事が出来ましたので、2回は異なるホテルで食べました。

一カ所はスタッフの大半が美味しいと行ったので行ってみたら、大好きなお粥が
無くて、がっくり。
確かに、それ以外は全般に美味しかったんですけど。

写真が整理でき次第、いろいろ報告させていただきます。

2007年10月15日

●慰安旅行

今夜の夜便で、セントレアからグアムへと、会社の慰安旅行で行ってきます。

20071015aa.jpg

我が社では、基本的に2年に1度、海外への慰安旅行を実施しております。
参加は強制では有りませんが、社歴が一年以上であれば、エアー代、滞在ホテル
代金は全額会社が負担で、参加している期間は特別休暇になります。

社歴が一年未満にて参加資格に満たない事や、体調不良などの諸事情で参加が
できないスタッフもいますが、参加しない場合は特別休暇が与えられない事もあり、
参加資格者の約90%のスタッフが、4班に別れて旅行に出かけます。

本来は全員で行きたいのですが、年中無休の事業所が多い事から、臨時休業を
しない為に、各班に役員、中間管理職、スタッフが別れて出かけます。

景気の良い頃は、ハワイやオーストラリアへも行ってましたが、ここ数年は業績が
安定した水準で進捗が少ない事から、今回で3回連続のグアムとなってしまい
ましたので、さぞかしスタッフもグアム慣れしていると思いきや、意外と参加者の
30%が初グアムでした。

それだけ定着率が悪いという現れとは思うのですが、当業界の中では我が社は
定着率が良いとの評判ですので、当業界の定着率が低いことが改めて実感できた
次第です。

自分自身としては、グアムは7月にダイビング器材を買い出しに行き、ついでに
適当なポイント見つけてはマクロなグアムを見つけて楽しんだ時以来、今回は
ダイビングビギナーの社員と一緒に、グアムらしい透明感の有る青い海でのボート
ダイビングを楽しんでくる予定です。

但し、それでもレンズは、105mmのVRⅡマイクロ、オンリーですけどね。

2007年10月07日

●道東の旅、最終日

20071007aa.jpg20071007ab.jpg

釧路湿原展望台で、イトウを見ました。
残念ながら、自然界での観察は、もう無理だそうですね。

2007年10月06日

●クッシーラーメン

20071006ac.jpg20071006ab.jpg

今日は午前中、屈斜路湖で湖底温泉を観察して、釧路川をドライスーツで川下り。
お昼は、クッシーラーメンを食べました

2007年10月04日

●3日前までは

20071004ab.jpg20071004aa.jpg

3日前までは、今頃は石垣島で、八重山そばを食べてるはずでしたが、
気が付けば、北海道は釧路に到着しております。

2007年09月09日

●鍋焼きラーメン

20070909a.jpg20070909b.jpg

13時15分に柏島を出発したのに、須崎インターを18時に通過。
原因は寄り道のし過ぎ。

でも、須崎名物の鍋焼きラーメンは旨かったです。

2007年09月08日

●柏島病

20070908aa.jpg

  10日ぶりに柏島に来てしまいました。
  この夏は、かなり柏島病です。

2007年08月30日

●三木SA

20070830ca.jpg20070830cb.jpg

只今、三木SAで休憩です。
先ほど間違っていました。
どうやら1時間30分遅れです。

●豊浜SA

20070830ba.jpg

柏島を出発して4時間、やっと豊浜のSAです。
行きより、30分遅れております。

●ひそ柏、帰り道出発

20070830aa.jpg

今日は3本潜って、今から帰ります。
名古屋に到着するのは、果たして何時になるやら。

2007年08月29日

●到着しました。

20070829ab.jpg

午前1時に柏島に到着しました。
名古屋を4時30分に出発して、8時間30分の最短記録でした。

2007年08月28日

●ひそ柏

20070829aa.jpg
名古屋を出発して4時間、いつもの吉備サービスエリアで休憩です。

今回は、初めて柏島へ一人旅。
なので名付けて、ひそ柏。

まだまだ、先は長いです。

2007年08月19日

●湯の峰温泉

昨日は早めにダイビングを切り上げ、午後から世界遺産の湯 湯の峰温泉 と、
熊野本宮大社 に行って参りました。
初日は熊野大花火を見て、二日目は午前中ダイビング、午後は南紀名所観光と、
今回は、ダイビングと言うより、まるで " 南紀るるぶの旅 " でした。

20070818aa.jpg20070818ab.jpg

左上は、湯の峰温泉公衆浴場と熊野曼荼羅第15番の東光寺、右上は湯の峰
温泉のメイン温泉とも言える "つぼ湯" です、
残念ながら、つぼ湯は一度に2~3人しか入れない為、この日は申し込んでも
1時間30分待ちとの事で諦めました。

20070818ba.jpg20070818bb.jpg20070818bc.jpg
とりあえず普通の湯だけ入浴、価格はなんと、たったの250円です。
入浴後は、折角なので東光寺にお参りして、温泉卵を食べる事にしました。

20070818ca.jpg20070818cb.jpg
ここでは、温泉卵は自分で作ります。
左上の源泉がわき出る所に、自分で入れて作るんですが、写真に写っている
方達は出来上がり待っている人達です。

20070818cc.jpg20070818cd.jpg
この様に近くのお店で材料を販売しており、生卵は5個入りが200円、10個
入りで400円でした。
生卵だけでなく、他にはトウモロコシや、ジャガイモなども売ってましたが、
自分は生卵5個入りを購入しました。

20070818ce.jpg20070818cf.jpg
左上がその生卵を温泉につけて作成中の写真です。
時間は生卵が11分から12分、トウモロコシは20分~30分かかりますが、
12分で取り出した自分の温泉卵は、半熟ではなく完全なゆで卵でした。

次回、行った時は11分で引き上げて、半熟温泉卵にリベンジですね。

2007年08月18日

●熊野大花火

   20070817aa.jpg

昨日は2年ぶりに、三重県熊野市で催される熊野大花火大会を見てきました。
花火の写真は露出値が低くなり、シャッターがなかなか落ちないので、
しっかりとした固定が必用ですが、肝心の三脚を忘れた為、写真は手持ちと
なってしまいました。

やっぱり写真は手ぶれのダメダメ写真ばかり。
しかし、手ぶれのおかげでかえって綺麗に見えそうな写真も有ったりして。

この熊野大花火、314年の歴史を誇り、熊野灘の七里ヶ浜海岸で打ち上げ
られ、毎年12万人近くの方が見に訪れます。

見物は海面で爆発する、3尺玉の海上自爆。
爆発の広がりは、600mにもなります。

写真撮れませんでしたが、コンデジの動画には治めましたので、mixiの
日記にアップさせて頂きます。

見てみたいと言う奇特な方は、そちらでどうぞ。

2007年08月08日

●マンゴーソフト♪

   20070808ab.jpg

串本からの帰り道に発見、マンゴー、バニラ(尾鷲牛乳製らしい)と、
マンゴーとバニラのミックスの3種類。
写真はミックスですが、あまりの暑さに写真を撮ってる間に
熔けちゃいました。

どれでも250円ですが、このお店、これしか売ってません。
こんなんで、やってけれるのかな~?

2007年07月16日

●グアムお気楽ダイビング報告(番外編)   

今回のグアム旅行では、テック器材の購入とは別に密かに計画していた買い物が
有りました。
何かと言うと、現在 " DO IT AGAIN " が、大ヒット中のケミカルブラザーズのNEW
アルバム " WE ARE THE NIGHT " の購入です。

61k6Amn%252BCqL__SS500_.jpg

このアルバム、既に6月27日には何をトチ狂ったか、日本先行販売で販売しており、
アマゾン.comでは輸入盤が、当然ながら買えません。
基本的に出来る限り日本版でなく、本国版を購入している自分としては、ひょっとして
i-phon と、ケミカル兄弟のNEWアルバムが、グアムで買えるのではと、お馬鹿な
自分は密かに狙ってましたが、どちらも撃沈でした。

超人気品のi-phon が買えないのは当たり前にしても、ケミカル兄弟ぐらいは、

あっ、でも ここは グアム = アメリカ ・・・ ケミカル兄弟はイギリス人です。
なるほどね、テクノサウンドはのうてんきなアメリカンには人気も無いし、お店に置いて
なくても当たり前ですね。

と言うわけで、仕方なく帰国してからアマゾンで日本版を購入して聞いております。

20070710ca.jpg20070710cb.jpg
20070711ca.jpg20070711cb.jpg

2007年07月12日

●帰国 ~ 出社

20070712ac.jpg

テック器材をいっぱい詰め込んだ荷物と一緒に、無事に今朝、帰国しました。

いつもながら、自宅で着替えて午後より出社。
たった2日間の休暇中に溜まったメール423通にようやく目を通し終えて、
休憩です。
その内 185通はスパムメールでしたが、以前に会社で使用しているサーバの
ソフト会社からの連絡メールをスパムメールと思って、ごみ箱に捨てて以来、
スパムメールも全て目を通しております。

今回のグアム行きは、いつものダイビング目的とは違って、以前から予約済みの
テック器材の引き取りと、目新しい物の購入目的で、時間か空いたら潜ろうと
計画らしい計画は何も無い旅行でした。

一応、マスク、フィン、D200とイクシィだけは持って行き、その他の器材は
レンタルして、面白そうなポイントを見つけては潜ってきました。

20070712ab.jpg

今日の写真は、そんな面白そうなポイントを探している途中に見つけたビーチです。
普段グアムで滞在したり潜ったりするのは、グアムの大きな島の真ん中当たりの
西海岸沿いです。
免税店やアウトレットモールなどは、全て真ん中辺りに集中しており、ほとんどの
観光客の方は、その部分だけのグアムを知ることとなり、かくいう自分もそうです。

北部はほとんど海岸に出る道路が無いのですが、真ん中辺りから南部は東海岸、
南海岸、西海岸を結んで道路が走っており、所々に素敵なビーチがあります。

この写真も、そんな素敵なビーチのひとつです。
水曜日と言うこともあるでしょうが、近くで工事している人以外は、釣り人が2人
居るだけでした。

もしもグアムでゆっくり過ごせそうな旅の時は、きままにレンタカーで海岸沿いを
ドライブしてみるのも楽しいですよ。

20070712aa.jpg

2007年07月11日

●guam 2kame

20070711aa.jpg

kyouha yoteigaideshitaga gozenchuuni boutodaiving o
2honshimashita
demo gaidosanha inainode jiyuukoudou
2honmeha gabgab2 deshitaga futuno kousuo mogurazuni
fukabahe tansaku
fukabaha sunajigahirogari kasuru juumonjisarasa
shimaori akame(?) nadonadono haze kansatu

gogoha kawanokakou no pointoo sagashini nanseihe
tankuto kizaio motte drive

omoshirosouna pointoo mitukemashitaga ooameno atonite
nigonigo

ituka matakitatokini moguttemimasu

fuuu...romaji taihen

2007年07月10日

●guam yori

20070710aa.jpg

benrina jidai ni nattamondesu
guam kara atupu dekimasu

guam ni kitemo hentaidorodoro dive shitemasu
kyouha ainoriboutonoriba no sanbashi de mogurimashita

kansatushita nowa oiran obakeinko kesyou yatushi-nomaru
yatushi1-2 hazeka sp ? nadonado

tanku1pon de 2hon mogutte 140pun deshita
asuha gogoyori kawaguchio moguru yoteidesu

futuunohitoha moguttemasenga guam mo doroga kekkou
omoshiroidesu

2007年07月08日

●柏島からの帰り道

20070708aa.jpg

早朝から2本から潜って、帰り道に四万十川の天然鰻を
食べに行きましたが、あいにく品切れ。
普通の鰻を頼んだら、天然物が無いおまけで、わらび餅を
頂戴しました。

ラッキー~♪

2007年07月07日

●雨の柏島

20070707aa.jpg

深夜と言うか、明け方到着後、仮眠をして先ほど起きました。
来る途中はどしゃぶりで心配しましたが、小雨で良かったです。

2007年07月04日

●パラオ合宿報告(番外編1) EXCESS BAGGAGE TICKET

パラオ合宿の生物紹介も10回を越えましたので、本日はちょっとひと休み。
旅先での出来事報告です。

既に報告済みの様に今回のパラオ合宿へは、カメラ器材は通常の2倍に加えて、
深場用にとテックディープ器材も持ち込みました。
(器材と道具を、いっぱい揃えりゃ良いってな訳ないのですが・・・・・)

日本から出発時点でカメラ器材は27Kg、ダイビング器材などは34Kgでしたが、
いつものごとく、出発のセントレアはお預け荷物に優しいのでスルーパス。
帰国時にはサザンマリンダイバーズさんに預けてあったウェットスーツも持って
帰る為、パラオ・コロール空港でのお預け荷物チェックが心配でしたが、やはり
見事に引っかかりました。

チェックインカウンターのお姉さんは、どうやら5Kg超過してるので器材バックから
5Kg分荷物を抜いてくれと、英語で言ってらっしゃるかんじです。
もうひとつのカメラ器材バックに5Kg分の荷物を分けるか、手荷物にすればとも
おっしゃってる模様ですが、カメラ器材バックにはパンパンでこれ以上入りませんし、
既にレギュレータ類を手荷物にしており、手荷物もいっぱい。

しかも2個のお預け荷物がそれぞれ23Kgを越えているので、各25$かかるそうで、
なんじゃかんじゃと話した結果、お預け荷物を3個に分けて、追加分の1個を
EXCESS BAGGAGE として、79$払う事になりました。

高い運送代に成ってしまいましたが、それでもビジネスクラスへアップグレートする
よりは安く上がります。

20070628.JPG
これが、その EXCESS BAGGAGEの チケットです。
荷物が余分になる為、一応、航空チケット扱いになるんですね。

予定どおり物事が進めば、来年の春以降はリブリーザを持ってパラオへ行く事に
なりますが、そうなるとお預け荷物は必ず3個になってしまいます。

因みに、セントレアからグアム、もしくはコロールまでのEXCESS BAGGAGEの
代金は8,300円。
為替の変動次第ではありますが、6月28日現在の79$は、約9,800円ですので、
日本からの方が1,500円もお得なんですね。

同じ路線なのに、預かる空港で価格が異なるなんて変なの~。

2007年06月24日

●今日も伊豆大島

20070624bb.jpg

早朝6時よりエントリー、キシマハナダイ ゲット。
午前中に合計3本潜って、温泉へ行って来ました。

2007年06月23日

●今週末は伊豆大島

20070623aa.jpg

先週末はパラオで、今日から今週末は伊豆大島です。
来週からの14連続勤務にそなえて、このところバカンスしまくりです。

2007年06月20日

●帰国しました。

無事に帰国しました。
この後自宅で着替えて、午後から出社しますが、
休日の間に蓄まってしまったメールの受信が恐怖です。
20070620aa.jpg

2007年06月15日

●セントレアのラウンジ

今日からパラオへ行って参ります。
今回グアムまではひとり旅、こんな時はゴールドカードの特権で
ラウンジで、ただビー。
何本飲んでも無料は嬉しいシステムですね。
20070615aa.jpg

2007年06月14日

●明日から、パラオです。

いよいよ明日から、今年3回目のパラオです。
流石にマイレージも底を着きはじめてきたので、おそらく6月にして今年最後の
パラオになりそうです。

なので、今回は持ってる限りの器材を持ち込んで、気合い入りまくりです。

20070614.jpg
上の写真は、今回持ち込む器材を、パッケージ用にバラした状態の写真です。

今回持ち込むのは、下記のリストです。
 カメラ本体・・・・NikonD200、D100、CanonIXY900ISが各1台。
 レンズ・・・・・・・Nikonマイクロ105mmVR、マイクロ60mm、DX12~24mmワイド
           Kenkoテレコン1.4倍と、2.0倍の2種類。
 ハウジング・・・NexusD200、D100と、Canon純正WP-DC9
 ポート・・・・・・・上記レンズ用のNexus3種類と、テレコン用2種類
 ストロボ・・・・・・INON Z240、Z220が各2個ずつ
 ライト類・・・・・・ダークバスター24Wが1個、フィッシュアイLED48が2個。
 その他、45度ファインダ、アーム類、接続コード、各カメラの予備バッテリー
 各1個、単三充電池 SANYO2700mmが合計48本、各電池の充電器類、
 予備の各Oリング、グリス類などなど。

ぜーんぶ、合わせてカメラケースに入れたら、27Kgでした。
これだけ持ちこんで、"何だ、この程度の写真かよ "と、言われない様に
気合いだけでも頑張って撮って参ります。

BC、レギュ、ウェット、フィン等の通常のダイビング器材は、いつもお世話に
なってる現地サービスのサザンマリンダイバーズさんに預けているのですが、
今回は気合いたっぷり深場へ行く為に、インデペンデントWタンクキットと、
国内でいつも使っているテックディープ用の器材も持ち込みますので、器材の
バッグも久々に25Kgオーバー。
着替えの服やお土産等は、全て手荷物です。

ちょっと帰り道が心配な、パッケージング内容でした。

2007年05月21日

●三保の帰りは・・

三保の帰り道は、当然、清水市にある魚市場の「河岸の市」によって、お食事。
4月の獅子浜の帰り道のお話しでも紹介しました、海鮮食堂「おがわ」でお昼&
夜御飯にしました。

20070521xa.jpg
前回は " 清水港市場の刺身定食 " を注文しましたが、ボリュームたっぷりで
食べきるのが大変だったので、普通の " お刺身定食 " を注文しました。

価格は税込み¥1,000-で、写真の様にマグロがたっぷり。
一緒に映っている唐辛子のビンや、爪楊枝と比較されると判ると思いますが、
一切れ、一切れの大きさがでかい。

念願の トガリモエビ や、 ヒレナガハゼ をじっくり撮影した後の、とても美味しい
ご馳走で満足の帰り道でした。

ダイビングに行くたびに、こんなご馳走ばかり食べているので、腎臓君が石を
作っちゃうんですかね?

2007年05月17日

●4月のパラオから(番外編)、ロックアイランド・パーミット

最近、4月のパラオからの報告の、生物の内容がヲタクすぎるせいか、コメントが
めっきり減ってしまいました。
まだまだ、マイナーなハゼネタは有るんですが、そろそろ一般向けに受けそうな
生物に変更しないと、やばいかも。

ってところで、本日は生物紹介はひとやすみです。

IMG_0640.JPG
パラオでコロール地区を中心にしてダイビングする時に、必ず必用な許可証
" ロックアイランド・パーミット " ですが、2月に行った時までは写真の上の紙製
でしたが、今回は写真の下のプラスチック製に変更になっておりました。

代金は変わらず15$なので、物だけ豪華になってこりゃいいやと思ってましたら、
どうやら5月1日から、従来の15$が、25$に値上げするそうです。

そこがパラオ政府の面白いところ。
この新しいプラスチック製のパーミットは15$の印刷済みです。
どうせなら値上げと同時に変更すれば、制作コストは安く上がると思うのですが、
ここら辺りがそう思う日本人とは、お国の違いなんでしょうね。

そもそもパラオから帰国する時の出国税の20$は、いつも何で必用なのと
思っております。
入国時ならともかく、何で出て行くのに必用なのか?
パラオで捨てていくゴミの処理代なんでしょうか?

せめて空港使用料とでも表現してくれれば、仕方ないかと納得すると思うん
ですがね~。
今更、そんなミエミエの変更はできないか。

まぁ、最近はやりの航空会社の訳のわからん燃料代みたいなモンですかね?
IMG_0580.JPGIMG_0583.JPG
左上の写真はボーディングチェックの為に並んでいる人達、右上は出国税を払う
カウンターです。

全て大きなひとつの部屋の中ですが、いつもガンガンにエアコンが冷えており、
手続きを終えて出国の為にこの部屋を出ると、外は暑いので自分のメガネは
すぐに曇ってしまいます。
そう、まるで冬の寒い日に、暖かいラーメン屋に入った時の様な感じです。

「うっ、メガネが曇ってまって、ちっとも見えーせんがね!」

2007年05月13日

●4月のパラオから(番外編)、グアム・アガニャ空港

パラオへ行くには、直行便で4.5時間のJALチャーター便か、グアム乗継ぎで
約10時間ほどかけてコンチネンタルで行くか、はたまたフィリピン、又は台湾を
経由して行くか。
自分の様にハイシーズンを外して行くには、JALチャーター便はオフシーズンは
跳んでいないので、必然的にグアム経由で行くことになります。

IMG_0411.JPGIMG_0596.JPG
ところが、このグアムでの乗り継ぎが問題、待ち時間がやたらと長いんです。
行きも帰りも、約4時間をグアムのアガニャ空港内で過ごす事になりますが、
さほど大きくない空港なので見る物もあまり無く、いつもフードコートでビール
などを飲んで過しております。

IMG_0595.JPG
今回もそんなフードコートでビールを飲んでいると、どうやら喫煙ルームが
改装されたみたいで、喫煙ルームの手前にはPCが4台ほど、ビニール袋が
被さって置かれております。

ひょっとして、インターネットコーナーでしょうか。
今回は動いておりませんでしたが、そうであれば次回からは暇つぶしには
良いアイテムかも知れません。

また朗報ですが、4月からの時刻改定にて、今までパラオ行きのグアム発の
出発時間が19時40分から、18時50分に早まりました。

更に毎週金曜日だけは、17時20分発になります。
セントレア発のグアム着は16時00分ですので、出発日を金曜日にすれば
あの長~い、行きの待ち時間は無くなります。
これからのパラオは、金曜発で決定ですね。

2007年05月10日

●4月のパラオから(番外編)、カヤンゲル島

自分のパラオ報告は、どうしてもハゼの紹介が続いてしまいがち。
このところ毎日、ハゼ、ハゼ、ハゼ・・・・と言うことで、偶にはパラオの地上の
報告もしてみましょう。

今回は、初めてカヤンゲル島へ行く事ができました。
カヤンゲル島とは、パラオ(ベラウ共和国)の最北の島、中心街のコロールから
スピードボートで約2時間ほどかかります。

カヤンゲル島の西側ポイント、テールトップで2本、サメサメウォッチダイビングを
楽しんだ後、ランチがてらカヤンゲル島に上陸してきました。
人口100人ほどの小さな島です。

IMG_0485.JPG
IMG_0459.JPGIMG_0466.JPG
ちょっと写真では見にくいですが、近年、日本のODAによって作られた立派な
桟橋のカヤンゲル港です。
この写真の船はカヤンゲル州政府の船らしいですが、一般の船と何処が違うのか
判りません。
ボートの上でランチを食べていると、州政府の船にいた方が、お刺身をくれました。
サカナの名前は忘れましたが、とっても美味しかったです。

IMG_0468.JPGIMG_0469.JPG
IMG_0477.JPG
IMG_0465.JPGIMG_0467.JPG
桟橋を挟んで左右(南北)に広がる自然がそのままのカヤンゲル島の海岸です。
大きな桟橋と、アンテナ搭だけが人工物で、とりわけ目立っておりました。

IMG_0478.JPGIMG_0473.JPG
上陸してみると、桟橋のすぐそばに桟橋作成の記念プレートが有ります。
かなり文字がはげておりますが、2003年3月に作られたと書かれてました。
右の写真は、上陸後、奥に広がる街並み(?)、200mも歩けば行き止まりの
様です。
アンテナ搭には、ようこそカヤンゲルへ 等と書かれた看板も。

IMG_0476.JPGIMG_0479.JPG
カヤンゲル島には全部で3台の車が有るそうですが、そのうちの1台はどうやら
このトラックみたいですね。

IMG_0472.JPGIMG_0484.JPG
しばらく散歩していると、サザンマリンダイバーズのオペレーターのアレンさんが
軽トラで帰ってこられたので、そろそろ出航です。
アレンさんはカヤンゲル島出身で、自分達がランチタイム中に実家へ挨拶に
行ってられました。

歩いて実家へ行ったのに、軽トラで帰ってきた理由は下の写真です。
実家からのお土産の、ココナッツ、ゴールデンココナッツ、ミニバナナなどなど。
アレンさんにとっては、仕事&里帰りって所なんでしょうね。
IMG_0502.JPG

2007年05月07日

●でかマグロ

先週の土曜日は約一ヶ月ぶりに獅子浜で潜ってきました。
当日、現地サービスさんの直前情報では午後から荒れるとの事で、早めに潜って
遅めのランチを食べて、GW渋滞で帰る予定に変更。

IMG_0623.jpgIMG_0625.jpg
左上の写真は到着時、右上は2本ダイビング後のエントリー付近の海況です。
現地サービスさんの予想は素晴らしく、当たっておりました。

と言うことで、いつも西伊豆の帰りの定番、沼津港の丸天さんへ行ってみると、
さすがにGWなのか、凄い人です。
IMG_0629.jpg
いつも混んでいても10~20番目くらいですが、なんと45番目!!
駐車場に入るのも順番待ちと、一時は諦めかけましたが、我慢して待って、
みんなで美味しい海鮮料理をいただきました。

IMG_0627.jpg
上の写真は、丸天さんの入り口近くに展示してあったクロマグロです。
口の中を覗くと138Kgと書かれてました。
あくまでも展示用で、料理用では無いらしいですよ。

2007年04月23日

●パラオから無事に、帰ってきてしまいました。

20070419%20pa003.JPG
 上の写真は、コロール島滞在だけで潜って居ると見られない、南の島らしい
 パラオの一面。
 田舎の村に行けば、こんな素敵な景色に出会えちゃいます。

残念ながらと言うか、予定通りと言うか、グアム経由のセントレア午前中着の
飛行機で帰国し、午後から出社して留守中のメールチェックや溜めてしまった
事務仕事を片づけて、やっと休憩です。

20070419%20pa001.JPG20070419%20pa002.JPG
 左上はロックアイランドとはちょっと異なる形の島、右上はカヤンゲル島の
 船着場北側の風景です。

しかし今回のパラオは、実にバラエティに跳んだダイビングでした。
初日に早朝からマングローブの下で潜ったと思えば、その後は今まで憧れて
いながら一度も天候不良等の条件で行けなかった、カヤンゲル島にようやく
行って来れました。

他にも、初めてシアストンネルの神様に会いに行ったり、ブルーホールで夜の
20時から早朝に掛けて、2時間起きに4回のオーバーナイトダイビング。
深夜に観察できた、深海魚らしき正体不明なサカナ達には、びっくり。
自分にとってはジンベイザメ見るよりも、大感激でした。
そして、その後は早朝6時30分からのブルーコーナー。

今回は外海を沢さん潜ってきたので、残念ながらパラオのホームグラウンドの
GP3( ゴビーパラダイス3 ) は3本しか潜れませんでしたが、スパイクフィン
ガーデン等も含めて、内湾も何とか9本は潜れました。

詳しくは、これから毎日紹介していきますが、自分自身の初撮影のサカナ有り、
撮り直しできたサカナ有りでしたが、いつもの様に宿題も勿論残りました。
その分は、次回6月の合宿で頑張ってこようと思います。

2007年04月18日

●今日から、パラオ♪♪

今日から、毎年春恒例の かじきあん ツアーでパラオへ行ってきます。

200503aa.jpg

今回もお世話になるサービスさんは、サザンマリンダイバーズさん。
個人的には2月にも行っているので2ヶ月ぶりですが、ショップツアーとしては
一年ぶりです。
ショップツアーは個人旅行と違った楽しみがあり、パラオ好きと言うか、サザン
好きの自分はショップツアーでも、個人でも、サザンさんにお世話になって
おります。

前回2月に行った時に、BC、レギュ、ミューフィン等はサザンさんに預けて来た
ので、今回の荷物は軽めです。
なので、D200+105mmに加えて、D100+60mmも持って行こうかと、この
一週間、悩みに悩んでましたが、どうやっても、ネクサスのハウジング2台の
重量は厳しく、結局、D200+105mmと、60mmのポートとレンズだけ持って
行く事にしました。

しかし、パラオにデジいちを2台持って行こうと考えても、ワイド系のレンズは
何も持って行こうと考えないところが、変態フォトダイバーのサガでしょうか?

2007年04月15日

●カレー じぶ

20070415aa.jpg20070415ab.jpg
西伊豆方面で潜った時は、帰り道に沼津市内でよく夕食をとります。
いつもですと、安くて量が多いことで有名な丸天で魚料理を食べる事が多いの
ですが、今回は趣向を変えてカレー屋さんに寄りました。

名前は " じぶ " 道路から見た感じは左上の写真の様に料亭風で、中庭には
和傘の日傘が掛けられた赤色の縁台の有る和風の中庭が整えられており、
どう見てもカレー屋さんとは思えない造りです。
建物自体も年代物風であり、中身もそうなのでわりと落ち着けます。

さて、肝心のカレーはと言うと、御飯は普通盛り(280g)に対して、100g単位で
大盛り、小盛りが選択でき、辛さも甘口から、中辛、1辛、2辛、3辛・・・ってな
感じでチョイス出来ます。
自分は良く行くココ壱番屋では、いつも2辛の大盛り(400g)オーダーしますが、
オーダーを取りに来た方に尋ねてみると、ちょっと多めのヴォリュームですと
言われるので、中辛、普通盛りをオーダーしてみました。

自分がオーダーしたのは、右上の写真の " 牛ほほ肉卵入りカレー "
実際にはサラダも付いてます。
辛さに関して、自分が頼んだ中辛は、自分にとっては甘口でした。
そしてヴォリュームは、牛ほほ肉がいっぱいで、全体に大きな皿に盛ってある
為か、普通に見えるのですが、かなり多めです。

店内にはログ付けしているダイバーも見かけられ、ダイバーにも、なかなか
人気のお店みたいですが、沼津インターより東に位置する為、名古屋への
帰り道では通らない道沿いにあります。

今回を反省し、次回は小盛りの2辛にチャレンジしてみます。
何だか先週末にひきつづき、今週末もグルメ日記になってしまいましたね。

2007年04月12日

●約一年ぶりの獅子浜

本日も、先週末のダイビングのお話しです。

20070408ab.jpg

民宿 やま弥 さんで、4人で一匹の尾頭付きの鯛がついた豪華な朝食をいただき、
今回は獅子浜へやってきました。

20070408aaa.jpg20070408ac.jpg
個人的には、約一年ぶりになりますが、パッと見、海況はべた凪。
写真の様に、シーカヤック、ヨット、クルーザー等が沖にみえるほど穏やかな
天候です。

1本目、目的は トガリモエビ です。
結構、深場に生息しているらしく、エンリッチエアーで無く、久々にエアーの
タンクで潜ります。
この点でエンリッチに詳しい方なら、深度は計算できるでしょう。
多分、探し出した頃にはダイブコンピューターとの勝負で、1~2カット撮せば
良いかと思う深さですね。

さてエントリー、予想通り水中はニゴニゴ、3m程度しか見えません。
エントリー後は一直線で目印に向かって進み、目標のラインを探しあてて、
更にラインに沿って深場へ潜って行くと、居ました~
でも、自分のダイコンSUNTOは厳しめなので、デコ表示はあと2分。

" しょうがない、一発勝負! " と、カメラの数値を感だけでセッテイングして
1カット撮ったのが、この写真です。
20070408ba.jpg
悲しいかな、やはりテストなしでの写真の出来は、ダメダメです。

デコを出してまでじっくり撮影するには、無事テッキーになってから。
その時には加速減圧が可能な装備をして、減圧ダイビングでリベンジしてみます。

2本目は サクラダイ 等に混じって変なハナダイが居ないか観察してみました。
20070408bb.jpg20070408bc.jpg
ですが、結局撮したのは、上の写真の イチモンジハゼ ばかり。
他には、 コクテンベンケイハゼ カエルアンコウ(Yg) 等も観察できましたが、
画像に残すことは出来ませんでした。

いつも現地サービスさんに遅めに到着し、帰るのも一番遅い かじきあん のツアー
にしては珍しく、本日は8時30分から潜っていたので、午前中でダイビングを終え、
帰り道に清水市にある魚市場の「河岸の市」によって、行列が出来る事で有名な
海鮮食堂「おがわ」でお昼御飯にしました。

20070408ca.jpg20070408cb.jpg
左の写真は行列の最前列に立ててある、お詫びの看板です。
この市場の中に食堂は10件ほど有りますが、この店だけはいつも長い行列が
出来ており、自分は入れたのは初めてです。
最も、17時には閉店してしまうので、なかなかダイビング後には寄れなくて、
来たこと自体も少ないのですが。

40分ほど並んで、自分がオーダーしたのは、清水港市場の刺身定食。
右上の写真でも判るように箸の半分ほどの大きさのマグロにびっくり (@_@)
マグロの刺身を食べると言うよりも、マグロの固まりをかじると言うイメージの
料理です。
もう少し小さく切って欲しいところですが、その手間ひまを押さえた分だけ安く
できて人気が有るのでしょう。
次回からは、ナイフか包丁を持参して食べに行きたいものです。

と言うことで、先週末の土日、ニゴニゴの伊豆の海を潜っては、魚料理に満足した
休日の報告でした。
って言うより、グルメ旅日記ですね、これでは。

う~~ん、とにかく旨かったぁ~♪

2007年04月02日

●マリンアクアリスト 43号

20070401ad.JPG
普通のダイバーが良く読む雑誌は、マリンダイビング、ダイビングワールドや、
ダイバー等と思いますが、自分の様なヲタクダイバーにとって、アクアリストの
方達が良く読んでられる、この雑誌は必読ものです。

なにがって言うと、未記載種の紹介がどれよりも早い。
まぁ、この雑誌で見たところで本物にはほとんど出会えないのですが、それでも
いつも、へぇ~と熟読してしまいます。

ただ、この雑誌の欠点は毎月発刊ではない事、つまり季刊誌なのです。
従って、買い逃す事が多い自分は今では定期購読をしておりますが、これも
まずいところで、毎回届くと手に入れた満足感で暇になるまで読みません。

今回も3月20日頃に届いていたにも関わらず、兄が書いているブログを
読んで思い出し、昨夜、ふと読んだところ・・・・・
あれまっ!
自分のつたないサカナ知識をレベルアップして下さる、パラオの師匠、
ぢろー先生の書いた、西オーストラリアの記事と写真が載ってます。
それも又、自分のダイビングの師匠が昔いらっしゃったエスペランスの海の
記事ではありませんか。

こりゃ、失礼しました。
皆さん、とてもマイナーな雑誌ですが、是非、買って読んでみて下さい。
サカナ好きの方には、とても勉強になる雑誌ですよ。

2007年03月28日

●きよもん湯

20070325ba.jpg
先週末のダイビングの帰り道に、那智勝浦町の きよもん湯 に寄ってきました。
詳しい温泉の内容は、上記のきよもん湯の文字からリンクしてある公式サイトで
確認していただけばと思いますが、ここでは自分なりの感想を書かせていただき
ます。

20070325bb.jpg20070325bc.jpg

ダイビングに行くと帰り道に温泉に寄ることが多いのですが、紀伊半島、伊豆半島
の中では、いちばん自分が、これぞ温泉と感じられる温泉です。
湯室の扉を開けるとすぐに感じる硫黄のにおいのバック効果もあってか、お湯に
つかると、すぐにお肌がすべすべ。
そんじょそこらの温泉とは、ひと味もふた味も違います。
なのに値段は500円と、超リーズナブル。

夏場はウェットで潜る為、串本や須江の帰り道にほとんどよりますが、冬場は
体が濡れる事もないので、現地サービスさんで頭だけシャンプーして帰る事が
多いです。
そのせいか、今回、久々に寄ってきました。

20070325bd.jpg20070325be.jpg
ついでに今回はその後、新宮市にある回転寿司の”錦”で晩ご飯にしましたが、
なんと40分近く並びました。
ちょっと高めの価格ですが、ネタの大きさと美味しさが評判の模様です。

その隣は、昨日紹介を忘れた一人暮らしの ミジンベニハゼ 君。
でもその住んでるガラスビンは、昨年、自分が卵を産んだペアを監察したビン
早くお相手が見つかる事を、お祈り申し上げます。

2007年03月21日

●かつを茶漬け

先日のナイトダイビング後の夕食は、串本町で "かつを茶漬け" を食べて来ました。

前からそう言う名物が有るよとは聞いておりましたが、自分の実家でも小さい頃
から、 "かつを茶漬け" なる物は存在しており、かつをの刺身の余り物を暖かい
御飯の上に乗せて、上からお茶を掛けて食べるだけなので、そんな物が売り物に
出来る物かと思っておりましたが、今回、初めて食べる機会に恵まれました。

20070317ke.jpg
お店の場所はJR串本駅近く、割烹料理 萬口 です。
なかなか歴史が有りそうな外観のお店ですね。
食べ終わって帰る時に撮した画像なので、看板の電気がきえてたりしますが、
営業中はのれんも出てました。
のれんを片づける時間からみると、どうやら、21時30分迄営業の様です。

入る前に、以前に来たことがあるプテラさんから事前に聞いてはおりましたが、
聞いていた通りオーダーすると、初めて食べる?何回か食べた?と、聞かれて
初めてと答えると、食べ方を教えてくれますので、今回はそのとおりに食べて
みました。

20070317ka.jpg
オーダー後、しばらくして配膳されてきて、おひつのフタを開けたのが上の写真
です。
確かに、ただ暖かい御飯の上にかつををのせてあるだけでなく、かつを自体が
お店独自のたれに浸してあり、鰻のひつまぶしの様に一度に異なる食べ方を
楽しんで食べる様です。

20070317kb.jpg
まず、おひつの御飯の半分を茶碗によそい、上にかつをを、6切れ乗せ、たれを
大さじ2杯かけて、上からのりをふりかけて食べます。
どちらかと言うと、薄味のかつを海鮮丼って感じで、これだけで、まずおいしい。

20070317kc.jpg
二杯めは、おひつに残っていた御飯を全部のせて、残ったかつをと、たれを
全て掛けて、わさびをのせて、のりを振りかけます。

20070317kd.jpg
そしてお茶を掛けると、かつをの色がかわり、かつを茶漬けの出来あがり。

こちらのお味は、やはり薄味のお茶漬けに、大きなかつをの具がはいってると
いった感じで、刺身好きの自分には合ってます。
おいしかったです。
ボリュームは男性なら丁度良いでしょうが、女性はちょっと食べきれない方も
いるのでは。
でも、何故、かつをが一杯めが6切れで、二杯めが5きれなのかは疑問が
残りましたが、それがベストな食べ方なんでしょうね。

お値段は、税込み¥1.365-。
高く感じるか、安く感じるかは味の好みは人それぞれなので、あえてここには
書きませんが、食べてのお楽しみにして下さい。

2007年02月28日

●西伊豆の民宿

先週末の土曜日は、大瀬崎でずぶ濡れになった後、西伊豆の民宿 やま弥 さんに、
お世話になりました。

20070224da.jpg20070224db.jpg
この写真2点はHPから頂戴しました、右は宿泊の部屋から見れる富士山。

自分は年に数回、西伊豆に泊まる事は有りますが、これまで同じ民宿に泊まった
事はありません。
いつも、異なった民宿に泊まっておりましたが、今後は、西伊豆で泊まる時は、
必ずここにと、決めました。

そう思った理由のひとつは、まず到着して部屋まで案内された時の良いイメージ。
接客業の自分としては、この第一印象のイメージの良さは大切に思います。

次に、実に綺麗な部屋でした。
無料のエアコンとTV、浴衣、タオル、歯ブラシは勿論、完備されておりました。

20070224fa.jpg20070224fc.jpg

そして屋内だけでは無く、玄関横から入れる展望風呂も有ります。
ただ、立ち上がると外から・・・・・・ちょっと、女性は危険かもっ?

最後に、なんと言っても、料理が最高でした。

20070224gb.jpg20070224ga.jpg
上の写真は夕食、今回は自分と同じD200で写真ヲタクな goro さんと2人で、
手巻きずしセットで宿泊しましたが、2人分でこの豪華なお造りの内容です。
勿論、宿泊価格もリーズナブル。

しかし、goro さんの誤算が一点だけ有りました。
おそらく晩ご飯への期待が薄かったのか、民宿に到着する前にちょっと寄った
コンビニで、たくさんのお菓子を購入してられました。

が、上記の食べきれないぐらいのご馳走の為、その後にお菓子はちょっと・・・
しかも、期間限定のバカデカ・プッチンプリンまで購入しておられます。

結局、2人でお酒を飲みながらつまんだのは、小さいベビースターラーメンを
一袋だけ。

沢山のお菓子は、翌日のツアー終了後に、 かじきあん へ寄付されておりました。

2007年02月16日

●グアム、アガニャ空港

今回のパラオ旅行も、コンチネンタル航空のマイレージ利用にて、いつもの様に
グアムで乗り継ぎました。

セントレアを11時30分に出発し、グアムには現地時間の16時に到着。
パラオ(コロール)行きは19時40分発にて、3時間40分の待ち時間があります。
その間にブログのアップでもと思いましたが、自分が使用しているドコモでは
グアムはまだiモードが使えません。

ドコモは去年3月に、グアムの携帯電話の会社グアムセルラー社を買収して
いるので、早く i モードを使える様にしてほしい物です。

20070216ab.jpg
写真は入国審査とトランジットチェック後、再度、出国審査までに移動する
通路から見える、アガニャ空港一階のエントランスホールです。
いつも何か展示されておられますが、今回は何も無い様子でした。
 

2007年02月15日

●無事に帰国しました。

本日、無事にパラオから帰国して午後から出社しました。
出社してからは会議やら、たった3日間休んだだけなのに、ドドッと溜まって
しまった仕事を片づけて、やっと休憩でブログ書いてます。

セントレアでは強風の為なのか、着陸する時には飛行機が揺れに揺れて、
ドキドキものでしたが、やはり夕方のNEWSで、11便の出発便と8便の
着陸便が欠航、他にも着陸地変更や、1時間程度遅れた着陸便が相次いだ
そうです。
自分の乗った便が、揺れたとは言え予定通り着陸できてラッキーでした。

実は、今回の旅ではハプニングがいっぱい。
最後の最後にセントレアで着陸地変更かと心配しましたが、何とか無事に
着陸。
旅先ハプニング好きの自分としては、とても面白く印象の残る旅でした。
詳しくは明日から報告させていただきます。

20070215aa.jpg

写真は今回の宿泊ホテル、ウェストプラザ・ダウンタウンの受付に
飾られた、バレンタインデーの飾り物です。
 

2007年02月12日

●今日からパラオ

久々の長文ですので、時間に余裕がある時に見て下さいね

今日は三連休の最終日、2日前に駐車場の予約をしてみたところ既に予約分は
満車でしたので、セントレアの駐車場はさぞかし混んでるだろうと思って早めに
7時30分に自宅を出発しました。
つい最近知ったんですが、セントレアの駐車場は+¥1,000-で事前予約が
可能です。

20070212baa.jpg20070212aaa.jpg
祭日の早朝、自宅からセントレアまでの知多半島自動車道路はガラガラです。

20070212bab.jpg20070212bac.jpg
あまりにも道路が空いていたので、自宅から35分で着いてしまいました。
コンチネンタルのカウンタへーが開くのは9時30分、まだ1時間以上あります。
今回はグアムまでは一人旅なので、ゴールドカードの特権でラウンジで暇を
つぶす事にしました。
どうせグアムではビール飲むからと、朝ビーで早くもオヤジの旅行ですな。

F1000041.JPG20070212ccc.jpg
おばかな自分はビールの写真を取り忘れて、コーヒーだけ撮ってました。
右は今回の旅の友達の単行本とゲームソフトです。

お菓子を食べながらビール飲んで、コーヒー飲んだりして、やっと9時30分です。
英語だらけのEメールを印刷した紙切れ3枚のEチケットを、搭乗カウンターで
ボーディングパスに交換してもらい、大きな機内預けの荷物も2個預けて手軽に
なったので、お土産の購入や、$への両替え、保険に入ったり等々しましたが
まだ時間があります。

他にする事も無いので、早めに出国手続きをし搭乗ゲートで本でも読んでるか、
DSライトでドラクエモンスターズ・ジョーカーで遊んだりして待つ事にしました。

20070212bae.jpgF1000040.JPG

出国手続き後、いつもの一番遠い24番ゲートへ向かいます。
ゲートへ向かう途中、右手に土産物屋さんと、本屋さんが新しく出来てましたが、
以前フォアグラ丼を食べたり、ビールを飲んだりしてたお店のシャッターが閉じて
おりました。
閉店したんでしょうかねぇ~??

昨年11月以来の搭乗になりますが、機内持ち込みの飲み物のチェック方法が
変更になった様子で、以前では24番の搭乗ゲート手前に長机が置いて あり、
2度目の手荷物検査をしてましたが、今回はそう言った 関所の様な物は無く、
搭乗ゲート前のいすに座っている所に係員の人がやってきて、皆さんのかばん
をチェックしておりました。

写真の人ではないですが、お茶のペットボトルを没収された老人がゴネてます。
ダメな物はダメなんだから、素直に渡せば良いのに・・・。
廻りの皆さんの迷惑を考えない我が儘な人って、何処に行ってもおりますね。

そんな人をあきれて見ていたりしてたら、搭乗時間になりました。
20070212cac.jpg20070212cad.jpg
写真のランチは昨年6月の映像、献立は全く同じ内容です。 
グアムに着くまでは、演っている映画がちょっと面白くなくて、ほとんどDSライトで
遊んで過ごしました。
前回の時に、搭乗前にフォァグラ丼を食べたおかげで、機内食のランチを残して
しまったので、今回は反省を生かしてラウンジでお菓子をちょっと食べるに止めて
ランチ用のおなかへと調整しました。
そして、ランチが出ましたが、昨年10月と全く同じ献立です。
と言うか、昨年以降、セントレアからグアムまでの昼便のランチは、全く同じです。
せめて2種類ぐらいから選択したい物です。

そんなこんなで、グアムのアガニャ空港に到着。
パラオへは乗り継ぎになる為、ここグアムでトランジットをしますが、いつも同様に
グアムではトランジットと言えど入国審査が必要なのですが、さすがに卒業旅行
シーズン、入国審査待ちの人で、凄い行列が出来てます。

結局、入国審査を終えるまでに30分ほどかかりました。

20070212caa.jpg20070212cab.jpg
ガラガラの出国審査と、商品仕分け中のお姉さん達 

無事にグアム入国後、トランジットチェックを受けて、今度はグアムを出国審査。
混み混みなんだろうなぁと思いながら歩いていくと、前に並んでいるのは子供を
1人連れた3人組の親子だけ。
さっきの行列の人は、ほとんどグアム旅行の人達だったんですね。

空港内の免税店も、ガラガラです。
香水売り場の人達は、暇なので入荷した商品を仕分けしておりました。

今回のパラオは、昨年10月のパラオで友人になった、キミエさんとナ◯ラさんと
日程を合わせて決めました。
エアーチケットの関係で、自分とキミエさんはグアムで合流、ナ◯ラさんとは
パラオで合流です。

と言うことで、無事キミエさんとはフードコートで昨年10月以来の再開。
昼ビーで乾杯です。
10月以来、メールでやり取りなどは有りましたが、実際に合ってみると話す事が
いっぱいて゜、あっという間にパラオ便の搭乗時間になりました。

20070212dad.jpg20070212dac.jpg

パラオまでの機内では席が離れておりましたので、自分は再びDSライトで暇を
つぶします。

約2時間後、パラオに到着。
入国審査は難なく通過して、機内預かりの荷物を受け取りに行きますが、そこで
まず、最初のハプニングが発生しました。

ターンテーブルを流れてくる自分のカメラバッグですが、持つところの取ってが変な
形にゆがんでおり、よく見ると金具のネジが無くなってます。
そして次に出てきたキミエさんのギアバックのキャスターが、1個無くなってます。
保険申請の為に証明を貰うかとも思いましたが、自分はネジ1つだけ、キミエさん
には自分の余っているキャスターをあげて、さっさと入国しました。

いろいろあって、今回の宿泊は自分はウェストプラザダウンタウン、キミエさんは
VIPホテル。
違うホテルになってしまいましたが、歩いて3分の距離なので不便はありません。
後ほど一緒に晩ご飯に行く約束をして、それぞれホテルの送迎バスに乗り込み
ました。

20070212kab.jpg20070212kaa.jpg

ホテルに着くと、いつもバラオでお世話になっているサザンマリンダイバーズ
拓ちゃんが、自分に頼まれた荷物を受け取りがてら晩ご飯に付き合いに来て
くれてました。
時間ももう遅いので、頼まれた荷物とお土産の日本のカップラーメン、ケーキ等を
渡して、VIPホテルでキミエさんをピックアップして出発。

途中で滞在中の朝ご飯や、ビール、水などを購入して、いつも行く九州居酒屋
さんへ行きました。
普段は23時に閉店だそうですが、今日は24時までやってるよとマスターの
コーさんが優しく迎えてくれました。

20070212daa.jpg20070212dab.jpg
写真を取り忘れましたので以前の写真ですみません 

これまた昨年10月以来の再開にお話しが途切れる事がありません。
明日からのダイビング計画の説明も有り、繁忙期でお客さんも多いのにどうやら
自分は希望していたゴビパラ三昧が出来そうです。
ガイドはぢろーさんで、アシスタントに柏島アクアスのやっちゃんが付いてくれる
らしいです。
なんとも豪華なガイドセッティングでGP3三昧とは、大喜びですね。

残念ながら、初日はキミエさんはナ◯ラさんと一緒に拓ちゃんのガイドで、外洋を
潜る事になり、自分は今回は拓ちゃんとは潜れないみたいです。
まぁもっとも、キミエさんも自分に付き合っているとブルーコーナーとか、ジャーマン
へは行けなくなりますので、その方がいいでしょう。

そして楽しくおいしい食事が終わって、近くに止めていた車に戻ったところ、
第二弾のハプニングがやってきました。

シートに腰掛けてみると、先ほどキミエさんが買って袋に入っていたパン、お茶、
水等が散らばっており、袋とバドライトビールが無くなってます。
しかし、自分の安いサンミゲルビールは袋に入ったまま残ってます。
更に調べると、お土産の日本製のカップラーメン10個と、ケーキも無くなって
おります。

幸いにして頼まれて持ってきたカメラのパーツと、高価な充電池は無事でした。
いままで安全な国と思っていたパラオでしたが、やはり外国は物騒ですね。
それにしても高いバドライトを盗んで、安いサンミゲルは残していくとは、
なかなかグルメな泥棒です。

かわいそうなのでキミエさんにサンミゲルをあげて、ホテルに戻りました。
その後カメラのセッティングをして、ダイビング器材を準備してベットに入れた
のは2時でした。

明日は早朝から、6時15分ピックアップなので、5時30分には起床です。
初日からハプニング続きのパラオでしたが、この後は何もない事を祈ります。

2007年02月11日

●パッキング完了

12日朝発で、パラオへ行って参りますので、一日早くパッキングを済ませました。

200403aa.jpg

今回は、初日移動日、2日目早朝からナイトまでの終日ダイビング、3日目早朝
から正午までダイビングして、深夜便に乗って、4日目の午前中に帰国。
その足で会社へ出社し、午後会議のスーパーハードスケジュール。
名付けて、春のスーパー変態弾丸ダイビングツアー。

今回の短いダイビングでストレスを溜め込んで、4月にショップツアーで普通の
パラオ、6月にいつもの変態耐久パラオ。
それが、今年の海外ダイビング計画です。
いつもの如く、仕事で潰れなければのお話しですが・・・・。

ところでいつもの如く、エコノミー席の自分がコンチネンタル航空へ預入れれる
荷物は、23Kgが2個まで。
従って、カメラギアバックと、器材のギアパックに適度に荷物を分散させますが、
今回は日程が短期間なので、充電器やスペアライトとかが不要。
カメラ器材が20Kg、ダイビング器材が21Kgと意外と軽めになりました。

でも普通の旅行者と比較すれば、多めですけどね。

話し変わって、6日の須江でのダイビング日記を書き上げましたので、
興味ある方は暇な時にでも、ご覧下さい。

2007年01月29日

●本州最南端の火祭り

先週末の土日は、去年9月以来の串本で潜ってきましたが、土曜日の夕方に
潮岬望楼の芝生を焼く、火祭りが有ると知って見てきました。

20070127aa.jpg20070127ac.jpg20070127ab.jpg

17時20分に温泉の休憩所で知り、30分から点火だったので、潮岬望楼に
付いたときには既にはじまっておりました。
何でも、約10万平方メートルの芝生を焼き尽くすこの行事には、枯れた芝を
焼くことで害虫を駆除し新芽の育成を促すという目的があるそうです。

芝が燃えてる近くまで寄って、ぼぉーっと眺めていて、気が付くと並んでいる
後ろの芝にも火が付いてます。
どうやら、係の人が順番に火を付けていっており、うっかりしていると火の
真ん中に立っている事になってしまいます。

約30分程しか見学しなかったのですが、折角、温泉に入ったのに、衣服や
体がたき火くさくなってしまいました。
でも偶然とは言え、珍しい物が見れて楽しかったです。

2006年12月03日

●クリスマスのささやき

20061203aa.jpg
先日サイパンへ行く時に、セントレアで見かけたひとコマです。
今年も、クリスマスのささやきを感じ始めました。

20061203ab.jpg20061203ac.jpg
駐車場や名鉄からセントレアに続く歩道や、出国イミグレをすぎてもクリスマスの
ささやきがあちらこちらから感じられます。

とりあえず子供達は新しい携帯が欲しいと言ってましたが、奥さんは何を希望して
いるのか。
去年は、やわらかプリンでした。

ブランド品なら簡単で助かるのですが、いつも変な物を言い出します。
なになにのケーキとか、どこどこのイチゴ大福とか、生ものの時はいつも大変です。
だから、事前に聞かない事が、一番かも。

とりあえずクリスマスの話題にふれない様に、しばらく注意して過ごしてみます。

って、こんな事を書いていると奥さんが、
" お休みなさい "  って、

明日も良い日で有ります様に。

2006年12月01日

●サイパンにて(4) ノースウェスト航空

先週のサイパン旅行は、約一年振りにノースウェスト航空を利用しました。
パラオへ行くことが多かったこの一年、ノースウェストのワールドパークスで
貯まったマイレージを使っても、コンチネンタル航空の利用ばかりでした。

残念ながら、いちねん前に無料だったアルコールが有料になってました。
コンチネンタル航空では、既に以前から有料でしたので、自分としては特に
抵抗は無かったのですが、5$もしくは、¥500-と言うのは?

何だか変てこりんな価格設定、飛行機の上では、1$は¥100換算??

どう考えても今のご時世では、¥500-が お得。
飲んべえとしては、もちろん日本円の¥500硬貨で支払いました。

20061201aa.jpg
写真はセントレアで飲んだ¥500-の生ビールです。

2006年11月28日

●サイパンにて(2) 七面鳥? 

061128aa.jpg

写真は、サイパングランドホテルの1Fエントランスに飾られていた物。

そういえば、11月23日は第4木曜日。
アメリカでは感謝祭(Thanksgiving Day)、七面鳥を食べる日ですよね。
おそらく写真のオブジェは、七面鳥を捕まえる農夫の姿かと。

自分の怪しげな知識では、アメリカでは木曜日の感謝祭は、ほとんどの
お店がお休みで、翌日の金曜日から日曜日まではバーゲンセール。
このバーゲンセール期間に、クリスマスに必要な物を購入されて、
一年で一番楽しいクリスマスに備えるらしい。

サイパンはミクロネシア連邦とは言え、アメリカの一部みたいな物なので
感謝祭の習慣も一緒みたいですね。

でも、暑い気温の中でのクリスマスソングは、ピンとこない物でした。

2006年11月27日

●サイパンにて(1) アイスクリーム

061127aa.jpg061127ab.jpg

サイパンで食べた、変わったアイスクリームです。

ホテル内のお店で、値段も判らず、ちょっぴりドキドキしながら
物珍しさだけで買っちゃいました。

価格は75¢、約100円てとこですね。
食べ方も判らず、POP UPの表示を見つけて、下からバーを
押してみると、むにゅっと上にアイスクリームが出てきました。

ガリガリ君の様なアイスキャンディーを想像していたのですが、
おっと予想外のアイスクリームに感激しました。

外国のお菓子って、文化の違いからか想像を超えた物が
ときどきあって面白いです。

2006年11月26日

●11月26日 サイパン ~ 職場へ

061126aa.jpg
楽しかったサイパンでの忘年会より帰国して、そのまま会社へ直行。
基本的には2日間休んだだけなのに、メールが405通も貯まっていて、先月の
パラオから帰国時を上回るペースです。

もっとも深夜にガンガン送られてくるHメールや、外国からの訳の解らんメールが
全部で145通も届いており、どうやらこういった迷惑メールが増えているのが
原因見たいです。

ともあれ、メールチェックも終了し、現在は16時30分から遅めの昼休憩中。
自宅に帰って荷物の整理を早くしたいところですが、残念ながら今夜も帰宅は
遅くなりそうです。

2006年11月23日

●今夜からサイパン

20061123aa.jpg

いつも自分が行ってるダイビングショップ かじきあん の忘年会に出席の為、
セントレアから、今日の夜便でサイパンへ行ってきます。
その為、今日は17時迄に仕事を切り上げる予定ですが、直前にトラブルが
何も無い事を祈ってます。

以前にも書いたと思いますが、自分にとってサイパンのベストシーズンとは、
マダラトビエイ さん達の集会が見れるシーズン。
まさに、今からシーズンインです。

今年の参加者は、今夜発の先発隊14名 + 後発隊2名の、合計16名の
大人数となり、去年は4名だった事を考えると今年はすごい参加人数です。

これだけ多いと、とっても纏まりが悪そうな気配がして、 マダラトビエイ さん
達みたいに、皆さん纏まってくれれば良いのですが。

と言いつつも。
" グロット行きたくない! " って、ワガママ言うのは、自分なんですね。

2006年11月12日

●やっと完成、秋のパラオ日記

061112a.jpg
先週末の三連休は通勤道路の七五三渋滞で迷惑を被りましたが、1週間後の
昨日と今日の土日、熱田さん近くの伝馬町交差点はガラガラです。

自分の記憶だと、本来、七五三は11月15日だったと思うのですが、適当に
近い日にちだったら良いってのが、今のご時世なんでしょうか。
そうであったら、今週末の方が日にちが近くいし、折角、わずかに引き継がれて
いる日本の伝統の一つなので、日程だけは保って欲しい物です。

そう言う自分は、ここ10年くらい、まともに初詣に行った事が有りません。

ところで、苦節25日、ようやく10月に行ってきたパラオの日記が完成しました。
残っていた10月15日と、10月16日の日記をアップさせていただきました。

えっ、まだ書いてたの?
って思う方も多いでしょうが、毎日コツコツと書いておりました。
両日とも、相変わらず長文ですので、本当に暇な時に是非見てやって下さい。

2006年11月10日

●平日ダイビングの翌日

061110aa.jpg

逆光の見にくい写真で申し訳ありません。
名古屋への帰り道、展望台より見える柏島の全景です。

本日は18時に、やっと昼休憩です。
お昼に食べる予定のお弁当が、晩ご飯へと変身してしまいました。
久々の平日連休明けとあり、本日は朝から大忙しで、はたして今夜は
何時に家へ帰れるのか?

昨日の柏島からの帰宅は、いつもの如く、日付が代わっておりました。
勿論、器材もカメラも片づけておりません。

せめて今夜中には、洗って干したいのですが。

2006年11月07日

●秋のパラオ日記のアップ

061014xd1.jpg

ようよう、先月10月14日の秋のパラオ4日目を、書き上げました。
そろそろ見たサカナが、おぼろげになり始めましたので、早く最終日を書き上げ
ないと、いい加減な日記になりそうです。
考えれば、もうすぐ一ヶ月がたちます。

今回も、またしても写真が多く長文、見てみようと思われても、くれぐれも暇な
時にご覧下さい。

もしも、そんな暇な時は、こちらを、クリツクして下さい。

2006年11月02日

●柏島日記にて

パラオ日記が完成していないと言うのに、柏島日記が着々と完成に向かって
きております。

いつながら、この話もやはり写真点数が多くなっちゃいましたのと、文字が
多く文章が長い! ケータイでは見れない!
などの苦情が多い日記になりそうです。

とりあえず、初日分を、ご覧あれ。
20061029a.jpg
        2006年10月29日 大月コスモスまつりにて

2006年10月30日

●一年振りの柏島

一昨日、昨日と柏島へ行っていた為、ブログサボっちゃいました。
でも、近日中に2日間の出来事は、あと書きせていただきます。

F1010042.JPGF1010041.JPGF1010034.JPG
柏島では、今日は秋祭り。
昨日は、いつも泊めていただく、とくだ旅館さんのお父さんが、朝からお祭りの
準備をされておりました。

もう一日、柏島にいれば見れたのですが、いったいどんなお祭りなんでしょうね。
とくだ旅館のお母さんの話では、柏島では春と秋にお祭りが有るらしく、春は
漁師船のパレードも有るそうですが、秋祭りは数年前におどりもなくなって、
規模が縮小されているらしいです。

来年は、お祭りにもスケジュールを合わせたいと思いました。

2006年10月26日

●パラオ日記

PICT0771.jpg

このところ仕事が忙しくて、( 日中はとっても暇なのですが、社員の仕事が
終了してからの仕事が忙しく、時間効率が悪い状況です )
毎晩、家に帰りお風呂入って、ご飯を食べ終わると日付が代わっております。

だからと言う訳ではないのですが、パラオの日記がなかなか進みません。
理由は他にも・・・・写真の撮り過ぎ!

最近はPCまで持っていくので、ダイビング後にホテルでRAWデータをPCに
落とす事が出来て、何枚でも好きなだけ撮影が可能。
今回21本潜った結果、撮影枚数は 何と 1,062枚。
恐らく、その写真の内 97%はボツ写真と思えますが、確認だけはしなくては
行けません。
その時間が作れ無いのが原因です。

今はまだ、できごとを色々と覚えておりますが、早く日記を書き上げないと
忘れてしまいそう。
と思いつつも、昨夜は久々に早く仕事が終わったのに、帰り道にかじきあん
寄ってしまい、新しいドライスーツとドライホースの手入れや、ブログの修正を
して貰ったりしてたら、ドラゴンズ負けちゃってました。

いや違う、結局、帰宅が遅くなっちゃっいました。

今週末は、約一年ぶりの柏島、またまた書ききれないブログネタだけが、
増えそうですね。

2006年10月19日

●おわっ、パラオのテロリスト?

20061019a.jpg

なんじゃこの格好は、テロリスト?

実はこの人達はパラオで道路工事をしている人達です。
アメリカ、日本、台湾等のODAによる道路工事らしいのですが、どう見ても
パラオ人の姿は見かけません。
おそらくフィリピン、タイ、インドネシア、カンボジアって所の貧しい国から
出稼ぎに来ている人達と思えます。

ほこり対策のマスク姿、すごいいでたちですね。
休憩時間などで数十人が集まっていると、どうみてもテロリスト集団です。

あと数年でアメリカからの援助は無くなるそうなので、パラオも財政事情は
悪くなる一方と思えます。
もう少し真面目に働かないと・・パラオ人。

2006年10月16日

●10月16日 パラオ~セントレア~出社

さて秋のパラオ日記も、いよいよ最終回。
勿論、帰り道も長~い日記です。しかも写真が少なく文字がいっぱい。
今回も皆さん、時間に余裕がある時に読んで下さいね。

061016a2.jpg061016a1.jpg
ホテルのチェックアウトが23時20分、送迎バスでコロール空港に着いたのは、
23時50分ぐらいでした。

前回、超過料金25$を支払わされた機内へ預ける荷物ですが、荷物の中身は
同じ内容になので同じ重量のはずなのに、今回は何故か無料。
まぁ、無料にこした事は無いですが、ちょっと?ですね。

その後、訳の判らない出国税の20$を支払って、2階の出国ロビーへ上がると
丁度オープンしました。
出国のイミグレ自体は問題なかったのですが、手荷物検査ではちょっと引っかか
ってしまいました。
自分の手荷物カバンには、PC、ビデオ i ポッド、DSライト、D200、充電池各種
などなど、電子製品がいっぱい。
確かにちょっと細工すれば、爆発物になりそうな物ばかりです。

勿論、チェックの結果は問題なく、お土産にパラオのタロイモ焼酎を買おうとすると、
店員さんから、グアムで没収されますよと進言されました。
そうでした、グアム経由なので嫌なグアムのイミグレを通らなければ帰れません。
液体の持込みが全部ダメなんて、何だか変なルールですね。

グアムへの飛行機では、自分の隣は、アメリカ人の老夫婦でした。
こういうところって、入国に対する書類を書く時にパスポートで何処の国の人なのか
判っちゃいますね。

連日の耐久ダイビングの疲れからか、離陸前に既に爆睡してしまい、グアムに
着陸する衝撃で、目覚めました。

いつもの事ながら、トランジットなのに入国審査→トランジット確認→出国審査と
煩わしい所を通過して、やっと手続き終了。
061016b1.jpg061016b2.jpg

無事に出国後、まず本屋で外国のダイビング雑誌を購入しようとしたのですが、
何故か、本屋さんは閉まっております。
残念ですが雑誌は諦めて、子供へのお土産にネクタイと、スパムおにぎりを購入し、
フードコートでビールを飲んで時間をつぶす事にしました。

061016c1.jpg061016c2.jpg

グアムからセントレアでは、隣には赤ちゃん連れのご夫婦。
ちょっと心配でしたが、とてもお利口な赤ちゃんで、ずぅっと泣かずにぐっすり寝て
くれておりました。

途中、朝食で起こされた後は、ビデオ i ポッドでDrコトーの復習。
隣の夫婦のご主人は初めて i ポッドでのビデオを見たらしく、興味津々の模様
でした。

061015xd1.jpg061015xd2.jpg
上の写真は左がグアムで飛行機に荷物を積み込む風景、右はセントレアで荷物を
機内から出す風景です。
やはりセントレアの方が新しいので、作業員の方の労力は軽減される様に設備は
新しく綺麗ですね。

061015xd3.jpg061015xd4.jpg
セントレアでのコンチネンタル航空のゲートは一番遠く、出国の時も入国の時も
結構歩きます。
でも、この空港内の帰り道に見れらる風景は、いつも楽しかった旅行が終わって
しまったと感じさせられます。

無事に機内に預けた荷物を受け取り、入国審査も問題なく、一度自宅で着替えて、
午後からは出勤です。
夕方には、取引先のパーティーに出席の予定があり、メールもきっと沢山貯まって
いると思うと、ぞっとしてしまいます。

今のところ、次のダイビング予定は決まっておりませんが、今回のダイビングの後は、
ちょっと普通のダイビングでは物足りないかも知れません。
柏島ぐらいに行けると良いのですが。

2006年10月10日

●明日からパラオ~♪♪

  tn-pop03.jpg

いやぁ~、落合監督の男泣き、感動しました。
中日ドラゴンズ優勝おめでとう!!

ようやく長かった16日連続勤務が終了し、明日からパラオへ行ってきます。
ダイビングも18日ぶりと、久々に潜らない日が続いたので、パラオでの
ハードなダイビングスケジュールへ向け、体内窒素はヌケヌケです。

やっと先ほど会社から帰宅できましたが、久々の5連休なので、かなり仕事を
前倒しにする事が分かり切っていたので、荷物は昨夜パッキング済みです。

コンチネンタル航空のエコノミーの預入れ荷物は、23Kgが2個までです。
今回もカメラ器材が21Kg、ダイビング器材とサザンさんへのお土産で22Kgと
何とか大丈夫な具合に整理しました。
当然、着替えの服、カメラ本体、レンズ類、ノートPC、充電器類は手荷物に
纏めます。
おやっ、手荷物は1個ですが18Kg、合計61Kgの大荷物です。

この大荷物はいつもの事ですが、予定では来春にはリブリーザーが追加される
予定です。
その時には、どうやって持って行きましょうか?

しばらくブログはアップできませんが、帰国してから書き続けるブログネタを
沢山、拾ってきますね。
今回のパラオでは、自分の初観測が何種類増えるのか、とっても楽しみです。