« リュウグウハゼ | メイン | ダンゴウオ その7 ( 赤色 ) »

2010年02月03日

●ウミクワガタ科の生物

本日の報告は、正確な属名種名まで調べ尽きませんでしたの、科全体の
説明にて失礼させて頂きます。

umikuwagata%2020100123db.jpg
ウミクワガタの生物   学名 Elaphognathia sp

 フクロエビ上目 / ワラジムシ目 / ウミクワガタ亜目 / ウミクワガタ科
撮影 2010年1月:女川石浜 水深-5m 大きさ 5mmぐらい
生息域 潮間帯、汽水域、干潟、南極や、水深約4000mの深海までと広範囲

ウミクワガタ科の生物は世界で 11属170種以上、日本でも 4属25種以上が
見つかっているそうで、決して寒い地域だけに住む生物ではなく、上述した様に
国内の各地域で見つけることが出来るそうです。

umikuwagata%2020100123eb.jpg

umikuwagata%2020100123ab.jpg

陸のクワガタムシやカブトムシは、子供達がまだ小さな頃、子供達のせいにして
自宅で越冬させたり、卵から年越しして成虫に育てていたなど、自分は大好き
ですが、海の中のこの手の虫系はちょっと苦手です。

でも折角、女川まで来て、ガイドさんに紹介されたとあれば。
と、真面目に気合い入れて撮しましたが、実際にはこんな綺麗なヒトデに載って
居るのではなく、ガイドさんがどこからか見つけて下さり、綺麗に写真が撮り安い
様にと、ヒトデの上に載せてくれました。

ここまでの3枚の写真は、勿論、全てトリミング済みです。
バックのヒトデの模様の一部が、ハートマークに見えるくらい大きく伸ばして
あります。

umikuwagata%2020100123a.jpg

で、これが3枚目の写真のトリミング前の、未加工の写真。
レンズは105mmに、UCL-165のクローズアップレンズを1枚付けてこの画像。

と言うことで、Nikonの105mmか、Canonの100mmのマクロレンズを使った方なら、
本種がどのくらいの大きさか、想像つきますよね~

コメント

はじめまして。とみたやと申します。
クラフトのモチーフとして、ウミクワガタの写真を探しております。
ネット検索ででてくる写真より、こちらの写真の方が鮮明で美しかったので、ブログ記事にリンク掲載させていただきたくコメントいたします。

足は5対なのですね~。
海って生命の不思議がたくさんで飽きませんね。

他の記事も少し拝見いたしましたが、いろんな角度から撮られていて、生物の姿を立体として認識しやすいですね。下手な図鑑よりずっと分かりやすいです(^^)

またお邪魔いたします。長文失礼いたしました。

とみたやさん、初めまして。
自分の以前のブログにて、コメントの確認が遅れまして、
誠に申し訳ございませんでした。

あいにく背面部の右側の第四脚部分の甲羅が欠損を
してた個体でしたが、少しでもとみたやさんのクラフト
ワークの参考に成れば幸いです。

自分のブログは魚類が中心ですが、どうぞ宜しく
お願い申し上げます。

こんばんは、とみたやでございます。
マンぶーんの生活 2んど も拝見しております。(^v^) が、サインインなしでのコメントが出来ないご様子ですので、もっぱら読み逃げでございます。申し訳ございません。

本当に写真がきれいで見ていて楽しいです♪
ブログのリンクに追加させていただきました。

旧ブログへのコメントは今回を持ちまして控えさせていただきますね。

とみたやさん、ありがとうございます。

マンぶーんの生活 2んどは裏の制作者の方の要望で
サインインタイプになってますが、一度、登録して
頂ければいつでも書き込み可能になりますので、
宜しければ是非。

ところでリンクありがとうございます。
自分の方も、2んどの方で貼らせていただきますので、
これからも宜しくお願い申し上げます。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)