« サクラテンジクダイ | メイン | ニシキウミウシ »

2010年01月19日

●モンツキベラの幼魚

昨日は昨年の11月から実施している、全12回の我社の次世代経営陣研修の
5回目の研修日でした。

毎回6時間の研修にて、我社の未来の役員候補のスタッフを対象に実施して
おりますが、当然の事として、現在の役員は未来の役員候補よりも常に高い
スキルで居る必要が有る為、役員全員に自由に参加させております。
勿論、自分も第1回目から一緒に受講しておりますが、この年代でのビジネス
研修の受講は過去に受けた内容と重なる物が多いだろうな~と思ってました。

ところが、時代の変化は研修内容も進化させている様子にて、内容は自分が
過去に受けてきた研修の思考を改革させる物が多く、もしも受けてなければ
未来の役員候補のスタッフより低いレベルになってそうでした。

あぶない、あぶない、幾つになっても人間は勉強しないと駄目みたいですね。

montsukibera%2020100116a.jpg
モンツキベラYg 学名 Bodianus diana
 スズキ目 / ベラ科 / タキベラ属

撮影 2010年1月:須江 ナギザキ 水深 -16m 大きさ 約40mm
英名 Diana's hogfish
生息域 相模湾以南 ~ 西部太平洋域、インド洋、紅海など

水深が-100m位までの珊瑚礁域や、岩礁域に生息しております。
幼魚の頃は赤茶色の体色に白い無数の斑点が複数列に縦並びしており、更に
胸鰭と尾鰭の各基底部、背鰭の前後端、腹鰭、臀鰭に大きくて黒い眼状斑が
あるのが特徴です。

montsukibera%2020100116b.jpg

幼魚の頃はヤギ類やウミシダ類の周りに居る事が多く、今回もヤギの周りを
ぐるぐる回っておりました。
往復してくれると右、左の構図で写真が撮れたんですが、一方向にぐるぐる
回ってましたので、撮れた写真は全て同一方向を向いた姿ばかり。

ちょっと消化不良の写真になってしまいました。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)