« クサハゼ その3 | メイン | サクラテンジクダイ »

2010年01月17日

●スナダコ

久々に、頭足類の観察報告です。
なんと約一年と半年ぶり、その間、頭足類の撮影をしてこなかった訳では
無いのですが。

sunadako%2020100110a.jpg
スナダコ  学名 Octpus kagoshimensis

 八腕形目 / マダコ科 / マダコ属
撮影 2010年1月:紀伊大島須江 白野ビーチ 水深-5m
                        胴部の大きさ120mmぐらい 
生息域 三陸以南の日本の国内各地 ~  
                    インド洋域、西部太平洋域の温帯海域など。

潮間帯下の砂底の岩の隙間や、貝殻、瓶などに生息しております。
マダコ によく似てますが、体の表面は細かな顆粒で覆われており、眼の廻りを
暗色斑が囲んでおり、暗色斑の上下に白いラインが入るのが特徴です。

sunadako%2020100110b.jpgsunadako%2020080209a.jpg
撮影 左:2010年1月胴部の大きさ50mmぐらい、右:2008年2月
                    共に、紀伊大島須江 白野ビーチ 水深-5m 

こちらは先日報告済みの、 ウルメイワシ を補食しようと頑張っている姿です。

mijin051113.jpg
撮影 2005年11月:紀伊大島須江 地蔵岩 水深-21m

須江のポイントでは、透明な瓶に住んでいる姿もよく見かけます。
上の写真は以前にも紹介済みですが、 ミジンベニハゼ と同居していた頃の
とある 1シーン。
この写真は ミジンベニハゼ が、 ダンゴウオ みたいに見えて、お気に入りの写真
です。

他の方が撮された同じ構図の写真が、当時の串本フォトコンで入選されてました。
やはり皆さん、撮りたいシーンは一緒なんですね。
この様に、いろいろと被写体になってくれてる スナダコ の報告でした。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)