« ホウライヒメジ | メイン | モンハナシャコ »

2010年01月07日

●キリンミノ

本日は、たまたま柏島で撮した写真ばかりですが、南紀でも普通に観察できる
生物の観察報告です。

ただメインの写真が、昔に撮した写真ですみません。

kirinmino%2020051105a.jpg
キリンミノの幼魚 学名 Dendrochirus zebra
 カサゴ目 / フサカサゴ科 / ヒメヤマノカミ属

撮影 2005年11月:柏島 後浜 水深 -7m 大きさ 約40mm
英名 Zebra Lionfish
生息域 南日本 ~ 南太平洋、アフリカ東岸、紅海など。

岩礁域や珊瑚礁域にて、比較的に浅い水深に生息しております。
岩陰や岩礁の下あたりでオーバーハングしているような姿をよく見かけますが、
近似種のヒメヤマノカミ属達とは、本種は胸鰭が扇状で尾柄部に「T」字型の
模様があることで識別ができます。

各鰭の棘には毒腺があり刺されると非常に痛みますので、触れない様に撮る
注意が必用です。
因みに和名はキリンでも、学名と英名はシマウマです。

kirinmino%2020091229b.jpgkirinmino%2020091229a.jpg
撮影 2009年12月:柏島 後浜 水深 -9m 大きさ 約150mm

こちらは、85mmのマイクロレンズだからと撮してみた写真です。

今まで見かけていても成魚は大きくて、105mmのレンズでは遠すぎて上手く
撮れないことから、撮っておりませんでした。
今回の柏島では、初日は85mmのレンズで撮していたので撮ってみましたが、
自分がこの大きさの生物を撮すのに適しているのは、どうやら60mmの方が
向いてるような気がしました。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)