« サクラコシオリエビ その2 | メイン | カエルアンコウモドキ その4 »

2010年01月04日

●カクレイシモチの幼魚

昨年は天地人のおかげで歴女やお城ブームになりましたが、今年は龍馬伝と
言うことで、幕末ブームになるんでしょうか?

いよいよ昨日初回の放送がありましたが、演じる役者が福山雅治さんだけに、
内容はどうあれ、さぞかし視聴率は良かったと思います。
何せ、2009年のドラマで視聴率一位が天地人でしたから、妻夫木さんよりは
福山さんの方が稼げるかと。

でも個人的には、子供時代の役者が子供店長じゃなかったのが残念でした。

kakureishimochiYg%2020091229a.jpg
カクレイシモチの幼魚 学名 Apogon timorensis
 スズキ目 / テンジクダイ科 / テンジクダイ属

撮影 2009年12月:柏島 後浜 水深 -6m 大きさ 約20mm
英名 Timor Cardinalfish
生息域 静岡県、愛媛県、奄美大島以南~フィリピン、紅海、東アフリカなど。

珊瑚礁や、岩礁域の内湾に生息しており、頭部と吻部に丸みがある体型です。
特徴としては、体側面に4本の茶褐色の太い横帯があり、頬部には暗色帯が
1本斜めに走ります。
腹鰭は大きくて後端は臀鰭にまで届き、第一背鰭と第二背鰭の高さは幼魚の
頃は第一の方が高く、成魚ではほぼ同じぐらいになります。

過去には、 カクレテンジクダイと呼ばれていたそうですが、とある図鑑に
カクレイシモチ と誤って記載されてから カクレイシモチの名前の方が広がった
そうです。

近似種の バンダイシモチ は第一背鰭が第二背鰭の半分程度の大きさである
事などで識別が可能で、 モンツキイシモチ は第二背鰭に大きな黑斑がある
事で識別が出来ます。

この時は85mmのマイクロレンズだったので、10カットほど撮してピンが合ってた
のは、この一枚だけでした。
須江では85mmがベストでしたが、柏島はやはり105mmの方が良いみたいです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)