« ウルメイワシ | メイン | クサハゼ その3 »

2010年01月15日

●ハゴロモハゼ属の一種

このところ寒い毎日ですね、ここ名古屋でも先日は雪が降りました。
こんなに寒い冬だと、本当に地球温暖化なのかと疑ってしまいます。

そもそも地球に恐竜が居た頃はもっと暑かった訳ですし、長~い地球の歴史の
中で人間が栄えてる時期なんて本当に短い期間です。
エコ活動自体は良い事と思っており実行してますが、地球温暖化=エコ活動と
何でもかんでも決めつけてしまう、そんな世の流れに疑問を感じております。

hagoromohazeSp%2020100111d.jpg
ハゴロモハゼ属の一種  学名 Myersina sp

 スズキ目 / ハゼ科 / ハゴロモハゼ属
撮影 2010年1月:紀伊大島須江 内浦 水深-27m 大きさ40mmぐらい 
生息域 相模湾、伊豆半島、駿河湾、和歌山県、高知県など

内湾の泥底や砂泥底に、単独でテッポウエビ類と共生しております。
体色は青味がかった半透明で、目の後ろから尾鰭基底部にかけて青白縦線が
走り、腹部と腹鰭は白色、第二背鰭、臀鰭、尾鰭に青色の縦線が有るのが
特徴です。

この子が住んでいる廻りには クサハゼ がいっぱい住んでいて、遠くから見ると
クサハゼ は45度ぐらいの角度でホバリングしているのに対して、この子はほぼ
90度で、にょきっとホバリングしているので目立ちます。

hagoromohazeSp%2020100111a.jpg

あと10mmほど高くホバリングして~っと、念じながら撮していた写真です。
判る方には判ると思いますが、本種の左側に映るストロボの影形の鮮明さで
この写真がいかに寄って撮した写真か、判るかと思います。
実に、ちょーご機嫌だった様で、ここまで近寄っても引っ込みませんでした。
( でも、この後、引っ込めてしまいましたが・・・・ )

以前から本種の観察が出来ている静岡県の三保では、大体5月後半頃から
12月頃までの水温が17度以上保っている季節に観察できるそうですが、ここ
内浦は秋から春にかけての季節限定ポイントなので、一年を通じた観察が
出来ません。

もっとも本種がこの内浦で観察できたのは今期が初めてですが、今後無事に
リブリーザーダイバーになれた暁には、解放されない時期は隣の白野ビーチ
からスクーター使って、泡の出ないリブリーザーでこっそりと、内浦を潜って
しまおうかと企んでおります。

でもここに書いてしまっては、事前に対策されてしまうかも知れませんね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)