« テクニカルダイバーの弱点 | メイン | 四度目の月命日 »

2009年12月08日

●ヒレナガハゼ その2

水深-40mで25分間も居られるにも関わらず、もっと浅い水深で十分に撮せる
ハゼを夢中になって撮してしまった報告です。

20091205%20hirenagahaze%20aaa%20sue.jpg

ヒレナガハゼ  学名 Vanderhorstia macropteryx
 スズキ目 / ハゼ科 / ヤツシハゼ属

撮影 2009年12月:紀伊大島須江 ナギザキ 水深 -41m 大きさ60mmぐらい 
日本固有種
生息域 千葉県、神奈川県、静岡県、和歌山県、高知県、長崎県など

わざわざテクニカルダインビングで観察しなくても、大瀬崎や三保、ここ須江の
内浦ビーチなど、水深約-25m以深であれば観察出来ます。
一般的には泥砂地にテッポウエビと共生しており、泥砂底に各鰭を全開にして
いることが多いので、カメラビギナーの方の練習台や、新しいカメラ器材のテスト
にも適していると思います。

そんな水深-25m辺りで撮せる生物なのに、久々に泥系ハゼに会えた嬉しさから
なのか、 マダラハナダイ の撮影順番待ちと言う事もあって、この時は-40mの
深さで粘って撮影してしまいました。

もっとも、別の理由も有りました。

20091205baa.jpg20091205bab.jpg

その理由は、このレンズ。
nikonが新しく発売した、85mmマイクロニッコールVRレンズです。
撮り慣れた被写体を新しいレンズで写すのが、いち番のテストになるかと。

今までは105mmVRⅡマイクロニッコールをメインで使ってましたが、とにかく
750gの重さとスチールに換算すると約160mmの望遠、それに比べ85mmであれば
約130mmで、しかも355gの軽さで取り扱いも楽ちんです。
2年間の技術の進歩は、VRⅡの重さを半減した様ですが、試した結果は想像して
いたとおり、スズメダイ系の幼魚には物足りなく、成魚にはぴったし。
あとは使う人の好みの問題でしょう。
因みにポートは105mm用で試しましたが、ケラレも無く問題ありませんでした。

そしてその深さ故、他に撮影しているダイバーはいませんので、被写体に近づき
すぎて引っ込めても、誰にもご迷惑をかけません。

20091205%20hirenagahaze%20aba%20sue.jpg

こんな風に、引っ込めてしまっても。

20091205%20hirenagahaze%20abb%20sue.jpg

更に、またまた違う個体を引っ込めてしまっても。
泥砂地特有の、モクモクと砂煙を上げてしまったとしても。
誰にも怒られません。

20091205%20hirenagahaze%20aab%20sue.jpg
撮影 2009年12月:紀伊大島須江 ナギザキ 水深 -41m 大きさ70mmぐらい 

ついでにと、以前、 ヒレナガハゼ その1 の時に書きましたが、テッキーになる
目標のひとつ、近似種の キラキラハゼ を捜してみましたが、そんなに易々とは
見つかりませんでした。

複数の不規則な黄色いラインが、ラインでなくてドット模様なら、 キラキラハゼ
なんですけどね~。
いつかもっと長時間のテックセッテイングにて、時間をたっぷりかけて探して
みたいと思います。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)