« セスジミノウミウシの幼体 その2 | メイン | クロホシイシモチの幼魚 »

2009年05月31日

●レモンスズメダイ その2

もともと不定休のはずでしたのに、何故かここ最近は週末にしか休めません。
そんなところ、今週末も月末は土日になった為、海はお休み。
真面目にお仕事してます。

しかしその分、来週の土日は 2日間ともハードなテック講習の予定でして、
上手く終われれば長かった講習もやっと卒業できます。
卒業講習と言う事で海況次第ではありますが、いつもの南紀紀伊大島、須江の
ナギザキではなくて、もうちょっと南の島での予定。
やっと晴れてテッキーになれるんですが、その前に困難な学科テスト2を何とか
合格しなければなりません。

話し変わって、本日はいつもと変わって各ステージでの正面顔の画像で。

レモンスズメダイ  学名 Chrysiptera rex

lemonsuzumedai%2020090522a.jpg
撮影 2009年5月:沖縄本島 赤浜 水深-5m 大きさ15mmぐらい
このステージの頃は、頭の部分が濃いブルーに蛍光っぽい薄いブルーが走り、
ボディは濃い黄色をしてます。
更にそれら全体の体色が明るいので、本種が一番綺麗な頃と思います。

lemonsuzumedai%2020090327a.jpg
撮影 2009年3月:奄美大島 倉崎海岸 水深-6m 大きさ30mmぐらい
人間で言えば、中高生の頃でしょうか。
一番下の横画像と同じステージですが、蛍光っぽい薄いブルーが薄れかけ
体色が一番レモン色な頃です。

lemonsuzumedai%2020090313b.jpg
撮影 2009年3月:沖縄本島 真栄田岬 水深-6m 大きさ70mmぐらい
そして大人のステージ。
顔の色はほとんど濃いグレーになり、やはり地味な色に変化してきてます。

沖縄もそろそろ夏に近づいて、スズメダイも幼魚がたくさん出始めてました。
本種は串本や柏島では 9月~10月辺りに幼魚を観察できますが、所変われば
何とやらで、沖縄では通年観察ができる種の様です。

でもやはり、真横とかの画像が無いと判りづらいと思いますので、いつもの
パターンの説明も書いておきますね。

lemonsuzumedai%2020071222e.jpg

レモンスズメダイ  学名 Chrysiptera rex
 スズキ目 / スズメダイ科 / ルリスズメダイ属
撮影 2007年12月:奄美大島 倉崎海岸 水深-6m 大きさ40mmぐらい
英名 King Demoiselle
生息域 和歌山県、高知県、奄美大島以南 ~ 西部大平洋域など。

岩礁域や珊瑚礁域の水深1~6mぐらいの比較的浅い水深で、波の荒いところを
好んで生息しております。
和名は、勿論、体色の薄い黄色から付いたようです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)