« アカイソハゼ | メイン | アオギハゼ »

2008年09月04日

●キイロウミウシ

昨日、先日発表されたグーグルのウェブ検索エンジン「Chrome」「を試して
みました。
従来からのインターネットエクスプローラー( IE7 ) や、ファィヤーフォックスと
比較して、検索スピードが断然早くて快適です。

まだテスト版なので心配する点もありますが、早さだけは優れてますよ。

kiiroumiushi20080830a.jpg
キイロウミウシ  学名 Glossodoris atromarginata
裸鰓目 / ドーリス亜目 / イロウミウシ科 / イロウミウシ属
撮影 2008年8月:田辺 ミサチ -12m 大きさ約40mmぐらい
生息域 伊豆大島、八丈島、伊豆半島以南~太平洋域など

自分的には、ウミウシ類は近年に発見されている生物と言うイメージでしたが、
この キイロウミウシ の学名が付けられたのは1804年なので、実に200年以上
も前に研究された生物でして、国内に生息しているウミウシ類では、最古参に
近いものかと思われます。

kiiroumiushi20050914b.jpg
撮影 2005年9月:越前 壁石岩 撮影マシン D100

kiiroumiushi20031103a.jpg
撮影 2003年11月:伊豆大島 秋の浜 撮影マシン D100

太平洋でも大西洋でも、比較的、容易に観察できるウミウシですが、キイロの
和名が付いてる割には白い体色の物が多く、個人的なイメージですが、外海に
近い環境では白っぽい色彩で、湾内などの内海では黄色っぽい体色の様な
気がします。
単純に他の生物と同じ様に、食している物による物なのかもしれませんが。

でも、本当のところはどうなんでしょうね

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)