« ハナキンチャクフグ | メイン | イサキ »

2008年07月22日

●ヒュプセロドーリス・クラカトア

最近、朝日の暑さと、セミの鳴き声で毎朝予定時間より早く起きてしまいます。
暑い!!、うるさい!! ってところですが、何だかそれが嬉しい自分です

Hypselodoris%20cracatoa%20200800625b.jpg
ヒュプセロドーリス・クラカトア  学名 Hypselodoris krakatoa
裸鰓目 / ドーリス亜目 / イロウミウシ科 / アオウミウシ属
撮影 2008年6月:柏島 -8m 大きさ約30mmぐらい
生息域 八丈島、紀伊半島以南~太平洋域など

種小名の krakatoa とはインドネシアにある火山島の名前で、この島は大きな
火山からできており、本種の鰓孔の形状がこの火山の様である事から、そう
名付けられたそうです。

Hypselodoris%20cracatoa%20200800625c.jpg

ウミウシの画像は、コンデジを使って海の中で写真を撮り始めた頃に、動きが
遅く撮りやすい事から、カメラの練習台にいっぱい撮りました。
なので、とても皆さんに見せられる写真ではありませんが、種類も沢さん撮し
ましたので、ストックはいっぱい持ってます。
でも、恥ずかしい写真ばかりなのでブログには使えません。

デジイチに武器が進化してからは、動きの速い生物の写真に目が行きだし、
ウミウシはあまり撮らなくなりましたが、最近、見かけては、ちょこちょこと
撮り直しはじめております。

とてもカラフルな色遣いをしている生物なので、被写体としては申し分なくて、
ちょっと真面目に取り組んでみようと思ってる次第です。

でも近くに、スズメダイの幼魚様たちや、コバンハゼ系なんかが居たりすると
やはり後回しにしちゃうでしょうね、きっと。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)