« 今日は須江 | メイン | イソハゼ属の1種 ( Eviota spilota?) »

2008年05月06日

●ヨコシマクロダイYg

先週末の土曜日は久々に串本のビーチとボートポイントを潜って参りましたが、
約半年ぶりの串本は、秋にあれだけ居たススメダイの幼魚の姿は無く、棲息
している生物も少なく感じましたが、先週の越前と比べれば雲底の差で多く、
またドライスーツよりウェットスーツのダイバーの多さに、もうすぐ夏なんだな~と
感じた物でした。

と言うことで、本日は去年の最期に潜った串本で観察した生物です。

yokoshimakurodaiYg20071028.jpg
ヨコシマクロダイYg  Monotaxis grandoculis
撮影 2007年10月:串本 住崎 -14m 大きさ40mmぐらい
英名 Roundtooth largeeye bream Bigeye emperor 
生息域 小笠原諸島、駿河湾以南~インド洋、西部太平洋域など。

名が示す様に、横縞が目立つクロダイ。
英名も、フエフキダイ科は Emperor = 皇帝と呼ばれる程の高級食用魚です。

文献によれば、写真の幼魚は側面の黒帯や黄色の尾鰭が目立っているが、
成魚になるに連れ、どんどん地味な体色に変化し、老成魚では横縞模様まで
消失してしまう。
成魚と幼魚の体色が異なる種は魚類全般で多く存在するが、フエフキダイ科
では珍しい。

本写真を撮影した串本では、成魚を見かける事はまず無く、夏から秋にかけて
幼魚を観察するのがほとんどなので、越冬はもっと暖かな海でないと無理なん
でしょうね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)