« パラオ特訓報告18 ダテハゼ属の1種 | メイン | 今年、初 柏島 »

2008年05月16日

●パラオ特訓報告19 ヤツシハゼ

当ブログはハゼふぇちの為か、ハゼ科の紹介が多いのですが、意外なことに
大好きなヤツシハゼ属の、ノーマルな報告が未だでした。

もっとも、ノーマルって言っても、学名はまだ Spですけどね。

yatushihaze%2020080412a.jpg
ヤツシハゼ 雌   Vanderhorstia Sp
撮影 2008年4月:PALAU GP3 -12m 大きさ40mmぐらい
生息域 小笠原諸島、八丈島、伊豆半島以南~西部太平洋域など。

残念なことに、自分はまだ雌にしか出会えておりません。
バラオや柏島で、色んなヤツシハゼ属に出会えてますが、未だ出会えて無い
のが、この ヤツシハゼ の雄と、平凡社の「日本のハゼ」の区別での 1種の3

ヤツシハゼ属の全て制覇を目指してから、すでに3年が立ち、今回、写真上の
個体を見つけた時は、「やったぁ~、ついに1-3 」 と思いましたが、撮している
間に、ファインダー越しに見える姿で腹鰭の色彩が違う事が判りました。

yatushihaze%2020050319a.jpg
撮影 2005年3月:PALAU SFG -15m

こちらは、3年ほど前にD100で撮したものです。
上の写真の個体は、マングローブに近い水域で茶色い土壌での物ですが、
こちらは、反対にサンゴ砂的な白い土壌での個体です。

上の写真の個体は、特に近くに雄が居ませんでしたから、ディスプレイした
体色とは思えませんので、単純に棲息する土質での体色の違いと思えます。

この体色の違いは、他のヤツシハゼ属、ケショウハゼ、カニハゼ等でも顕著に
現れておりますので、また別の機会にでも報告させていただきます。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)