« パラオ特訓報告 その4 オガサワラコブシガニ | メイン | バラオ特訓報告 その6 シボリ »

2008年04月23日

●バラオ特訓報告 その5 ヤツシハゼ属の1種

今回の特訓では、自分がパラオで一番潜っているポイントのGP3で、たったの
3本しか潜りませんでした。
28本も潜っていながら、たったの3本です。

思えば、前回の昨年の11月の時も、たったの4本しか潜りませんでした。
GP3は自分が世界中で一番大好きなポイントなんですが、今回はミッドナイトと
言う、異なる面白さのダイビングに多くを費やしてしまい、潮回りの悪さも有って
外洋ポイントを多く潜ってしまいました。

YatsushihazeSp%2020080412a.jpg
ヤツシハゼの1種  Vanderhorstia Sp
撮影 2008年4月:PALAU GP3 -22m 大きさ40mmぐらい
英名 不明
生息域 不明

とりあえず、ばっと見からですが、ヤツシハゼの1種と思われます。
平凡社の「決定版 日本のハゼ」にも載ってませんし、自分のバイブル図鑑と
している 「Reef Fish Identification Tropical Pacific」に、PNGでしか観察が
されていない Yelloe-Lined Shrimpgoby と言うのが
載っていてよく似ておりますが、
その子は胸鰭より尾鰭にかけて黄色の横縞が入っていて、この子は写真を
ご覧の様に縞でなく、全て黄色のスポットです。

う~ん、不明種です。

YatsushihazeSp%2020080412d.jpgYatsushihazeSp%2020080412b.jpg
YatsushihazeSp%2020080412c.jpg

とりあえず、5個体ぐらいの棲息は確認できましたので、観察したい方は早めに
観察に行って下さい。

なにしろこのGP3、自分は2006年4月に初めて潜って以来、2年間で合計30本
潜りましたが、結構、観察できる生物が入れ替わっていきます。
そこが面白い点でも有りますが、今回とうとうあのGP3のアイドル 赤井くん が、
居なくなっちゃいました。

赤井君には、自分はGP3へ行く度に、毎回1本目の安全停止で必ずご挨拶を
しておりましたが、前回の潜った本数が少なかったせいなのか?
赤いジョーなんて、世界でここでしか観察してなかったのに。
次回、こっそり戻っている事を期待してます。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)