« 今日は、紀伊大島の須江 | メイン | 幼魚様たち(24) ホタテツノハゼ属の1種 »

2007年11月05日

●更に小さな幼魚様( 2 ) スズメダイ

まだまだ、先月末の ひそ柏のネタが続きます。

suzumedaiYg20071025c.jpg
スズメダイYg  Chromis notata
撮影 2007年10月:柏島勤崎 -5m 大きさ8mmぐらい
英名 Pealspot Chromis

生息域は、千葉県、山形県以南にて、スズメダイの仲間では最も低温に強い
種類で、8度の水温にも耐えるそうです。

今回は自分でみつけて撮影した生物です。
でも何の幼魚か判らず、ログ付けの時にアクアスの まっちゃんに教えて頂きました。

先日の マツバスズメダイ は、水中で教えて頂きましたが、今回はログつげ時、
少しは自分も成長している様ですね。

suzumedaiYg20070908a.jpgsuzumedaiYg20071025b.jpg

左上の写真は9月初旬に、右上は10月下旬に、同じ柏島で撮影した物ですが
大きさはほぼ同じです。
2ヶ月近く日付が違いますから同じ個体では無いと思いますが、どのくらいの
スピードで大きくなっていくのでしょう?

同一種族の生物を、各ステージ別に撮す様にしてはおりますが、何分自然に
出会えた時に撮しているだけですから、成長のスピードに関しては撮している
だけでは、さっぱり判りません。
やはり、自宅の水槽で、ふ化直後から育てないとだめですかね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)