« 秋のパラオ合宿報告(2) ミジンベニハゼ属の1種かも? | メイン | 秋のパラオ合宿報告(4) ペイルスポット ダムゼルYg »

2007年11月25日

●秋のパラオ合宿報告(3) ブルースポットカーディナルフィッシュ

本日もマッドシティからの報告にて、ここ数年見たくてたまらなかった生物です。

過去にはサザンマリンダイバーズさんの桟橋前に沢さん生息していたそうですが、
自分が興味を持った頃には居なくなっており、一度だけ沢さんの イトヒキテンジク
ダイ
の中に1匹だけ混じってるのを見たことはありましたが、ようやく撮影する事が
できました。
しかも、こんなに沢さんの数で。

生息数の多さは、 mixi の動画をご覧下さい。

bluespotcardinalfish20071121f.jpg
ブルースポットカーディナルフィッシュ  Apagon nitidus
撮影 2007年11月:PALAU マッドシティ -2m 大きさ40mmぐらい
和名無し
生息域 インド洋、モザンビーク、セイシェル、西部太平洋、台湾、南中国

ブルースポットカーディナルフィッシュ は、種類が多いテンジクダイ系の中でも、
自分が、いちばん綺麗だと思う生物です。
特に腹部の黄色+青色のコンビネーションに赤い腹鰭の組み合わせは、まるで
宝石の様ないでたちで、光の当たり方次第では青いスポットが更に輝きを増し、
淡水魚に似た透明感の有る綺麗さを感じます。

bluespotcardinalfish20071121d.jpgbluespotcardinalfish20071121a.jpg

昨日まで報告してきた生物は、同じマッドシティでも南側に生息している生物達で、
水底の泥がすぐ舞い上がる環境下での監察報告でしたが、この ブルースポット
カーディナルフィッシュ
は、北側のユビエダハマサンゴや、トゲエダコモンサンゴ
等の群生群に生息しており、マングローブの泥が流れ出る環境でも、比較的に
透明度は保たれた環境で生息しております。

各サンゴも大きく、日中は他のスズメダイ系とサンゴの上部で生活している事が
多いので、下からあおる体制で、上に太陽を入れて撮すワイド写真は結構いける
のではと思われます。
もっとも自分には、芸術的な写真のセンスが乏しいので不可能ですが。

bluespotcardinalfish20071119c.jpg

やっと会えた、やっと撮せた。
自分が今回のパラオで、いちばん撮したかった生物の報告でした。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)