« オドリハゼ | メイン | 終夏の柏島より、クダヤギクモエビ »

2007年09月20日

●幼魚様たち(18)ホワイトダムゼル

whiteDYg20061014.jpg
ホワイトダムゼル(和名 無し)  Dischistodus perspicillatus
撮影 2006年10月:PALAUサザン桟橋前 -3m

残念ながら、日本近海では見られないようです。
生息域は、パラオ、フィリピン、バヌアツ、オーストラリア、アンダマン海など。
浅瀬の砂地でなわばりをつくって生活しており、藻類を主食としています。

whiyeDYg20060612.jpgwhiteDYg20060408.jpg

小さい頃はこんなに可愛いんですけどね~、下の写真の様な大人になると、
こいつは凶暴なスズメダイになってしまいます。

砂地のサンゴ域にて、小さな幼魚系を狙ってフォーカスなんぞ合わせていると、
フィンに何かがガンガンと当たってきます。
そんな時は大抵、こいつです。

whiteD20070618.jpg

なわばりの中にフィンでも入れたもんなら、フィンめがけて噛みつく、噛みつく。
なんか、ちびってるくせに~。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)