« 幼魚様たち(6) ハナヒゲウツボ | メイン | ひそ柏 »

2007年08月27日

●幼魚様たち(7)ヤマブキスズメダイ

幼魚の紹介と言うことで、今まで撮り貯めた写真から幼魚を探してみると、やはり
他の種と比較して、圧倒的にスズメダイの幼魚を多く撮しております。
そんな中から、今日はナイトバージョンも加えて紹介させていただく事に。

yamabukisuzumeYg20061012.jpg
ヤマブキスズメダイ  Amblyglyphidodon aureus

この幼魚の特徴は、なんと言っても、びっくり目玉のかわいさでしょう。
成魚はただの、黄~ない ( きいない=名古屋の言葉で黄色の事です。)だけの
スズメダイですが、幼魚は各鰭が黄色+透明色で、左下の写真の様に集団で
群れている事が多く、その中からどの子が可愛いかと選択するのが大変です。

yamabukisuzumeYg20060611.jpgyamabukisuzume20060611.jpg

図鑑によると、生息域は琉球列島から西部太平洋。
暖かい海のサンゴ礁の外周部に生息しており15㎝ほどに成長、水深12~35mの
崖になった場所を好み、高い体高と、全体的に黄色く、やまぶき色をしているのが
特徴、と有ります。

確かに今まで自分が観察したのも、ドロップオフのポイントばかりです。

yamabukisuzume20060611n.jpgyamabukisuzume20060611n2.jpg

そしてこちらの写真が、ナイトダイビングで確認したパジャマ姿です。
昼間と違って、濃いやまぶき色になり更に白い横縞が出てきております。

ナイトダイビングでは、色んな生物の昼間のカラーリングとの違いを観察してみる
事も、楽しみのひとつですね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)