Top > 2005年05月

« 2005年04月 | メイン | 2005年06月 »

2005年05月29日

●5月29日 梶賀

今日は今年オープンしたばかりの梶賀にやって来ました。

一昨年までは良く来ていた三木浦の対岸です。

おそらく海の中もダテハゼ、オドリカクレエビ等が

いっぱいと思います。

まだまだポイント名が決まっていない海を潜ります。

生物は想像通り、おっネコザメ、おっアカエイ、またまた

アカエイ、あっちにもアカエイ、アカエイだらけです。

でも、み~んなちびっこばかりです。

のんびりと癒される海を楽しんて、さぁ帰えろうと思ったら、

なんと一人にカツオ一本の開店サービスのお土産付き。

又、来よおっと。


2005年05月23日

●5月23日 My機材

既に500本を超えた、自分の大事なBC様とその仲間達です。

最近はほとんどエンリッチタンクで潜っておりますので、

自分の体だけでなく、酸素濃度の濃い空気が使われてさぞかし

BC様も満足かと・・・。

このBC様、いつもいつも化粧もせずに、すっぴんで潜って

いるせいか、すっかり色あせた感じになってしまいました。

まだまだあと500本は活躍して貰わなければなりません。

頑張って下さいね。

2005年05月18日

●仮称 ウナギうどん

三保の帰り道に、浜名湖のウナギを食べに行こうとなりました。

一緒に行ったAさんが以前に " ウナギうどん " を食べた事が

有ると言うことで、折角なら変わったウナギ料理って事になり

目的のお店に着きました。

見た目は、コシの有りそうなうどんの麺にウナギの蒲焼きと、

生卵、とろろ等が乗っていて、おつゆが別の器に入っております。

お店の方に、どうやって食べるのか聞いたところ、メントレの

取材ではおつゆを○○して食べてましたよ、とのご返事。

その瞬間に、自分は美味しくなくなりました。

作った方が食べ方を創造、もしくは食べ方を決めて作られた料理

ですから、マスコミは関係無いと思うのですが。

あえて本当の料理名は伏せさせて頂きます。


2005年05月16日

●5月16日 ボーイング767-30

行きは残念ながら767-20でしたが、帰りは767-30でした。

エコノミークラスでも各シート専用のモニターが有り、何と10本の

映画から選択して視聴できますし、TVゲームも沢山選べます。

自分は "着信有り2" を選択しましたが、恐怖心よりも睡魔に負けて

しまい、767-30の素晴らしさを堪能できませんでした。



普段よく使っているコンチネンタル航空は737で、アルコールは

有料ですが、JAL系は無料です。

ご飯が不味いのは一緒ですが、ボリュームはJALの方が豪華です。

なのにコンチより代金が安いのは、何故なのでしょうか?



さてセントレアに着いたら、昼から会社に行かなくっちゃ!!

2005年05月15日

●5月15日 今日のグアムは4本

今日は早起きして、ブルーホールに朝7時にエントリーです。

流石に誰に潜っていないブルーホールの青さは抜群で、おまけに

誰にも引っ込められていないヘルフリッチまで堪能出来ました。



その後2本ボードダイブでレックして、午後はガンビーチで

得意のマクロで今回のグアムツアーを締めくくりました。



写真は20個体ぐらい撮したモンツキの中で一番おっきな子です。

他にもハタタテ、クロユリなどハゼも、ウミウシもいっぱいで、

やっぱり、ガンビーチは溜まりませんねぇ~。



今回でグアムでのダイビングは7回目ですが、毎回ガンビーチは

必ず潜っております。

特に今回のガンビーチでは、生涯潜水時間が400時間の記念

ダイブとなり、恐らく生涯忘れないダイビングになりそうです。

2005年05月14日

●5月14日夜 アメリカに来たなら、やっぱり肉

と言う事で、やはりステーキは食べに行きました。



グアムはアメリカ圏ですから、やっぱり肉、肉と何故かオージー

ビーフの某アメリカ有名チェーンレストランで美味しくいただき

ました。



写真の様に料理はやっぱりボリュームたっぷり、おまけに一緒に

頼んだビールも特大サイズ。

みんなでサイドメニューのオニオンフライもオーダーしたので、

結局、全部は食べきれずパンパンにふくれたお腹で散歩にくり

だし何とか消化をした次第です。



やはり観光ガイドに載っている様なところで無く、ローカルの

人がいっぱいのレストランの方が、だんぜんオトクですね。




●5月14日午後 レックダイブ

今回のグアムは、2日間ボートチャーターでレックダイビングが

中心です。

戦争で沈んだ船やら、戦車、ブルトーザー、戦闘機を見たりとか、

昔のペプシやらコークのボトルコレクトも出来ました。

特に写真のブルトーザーは1台だけでなく、複数台も沈んでいて

圧巻でした。

●5月14日午前 グアムにて

夕べは午前3時にホテルにつきました。

それからカメラを組み立てて・・・ようやく寝れたのは朝の5時です。



なので、本日は午後からダイビングです。

その前にホテルのベランダから一枚。

今日のグアムは素敵な青空とベタベタの海にて、何だかとっても

良い写真が撮れそうな予感です。



って、予感だけですが。

2005年05月13日

●5月13日 セントレアにて

いよいよグアムへ出発です。



何と早くも今年3回目のグアムです。

と言っても、前回はパラオへ行く飛行機の乗り継ぎの都合で、

一日ショッピングモール巡りをしてただけですので、

ダイビングとしては今年2回目です。



とりあえずお腹が空いたので、セントレアにてオムライスを

食べました。

大食らいの自分には少なめでしたが、美味しかったですよ。

2005年05月12日

●今週末はグアム

明日夜のフライトでグアムに行ってきます。

今年早くも3回目のグアムですが、今回は、東海丸、アムトラックなど

レック中心に土曜、日曜で合計6本の予定です。



いつもは写真のコンチネンタル航空で行くのですが、今回は月曜の午前中の

仕事がどうしても外せない為、JALウェイズで行ってきます。

マイルが使えなくて割高ですが、朝8時10分着ですので、金曜の夕方まで

仕事をして、土、日がグアムで、月曜も朝から仕事が可能です。



何だか、串本2泊3日ぐらいの気分です。

2005年05月11日

●5月11日 掃除当番

今日は会社が運営している定休日の店舗に、清掃業者による毎月の定期

清掃の立ち会いに来ております。

いわゆる掃除当番ですね。



毎月、第一、第二と最終の水曜日は何処かの店舗の定期清掃の立ち会いを

しております。

普段はお客様でいっぱいのお店ですが、お客様もスタッフもいないととても

ガラーンとしてて何だか違う店舗に思えます。

清掃業者の方にピカピカに磨いていただき、明日から気持ちよくお客様を

お迎えできそうです。



写真のほうきは、本日は非番です。

2005年05月10日

●サクラダイ

三保で撮したサクラダイ(♀)です。

沖堤の当たりに30匹ぐらいで♂♀入り乱れて暮らしている様です。



去年まではハゼとウミウシばかり取り巻くっていて、この冬は

ウミウシに合う機会が少なかったせいなのか、今まであまり興味が

無かったハナダイ系が、何故か最近、海の中で目に入ります。



特別気合いを入れて撮した事が無かったのですが、最近はスーパー

サイヤ人なみに気を高めて撮っております。


2005年05月09日

●隣のきゅうチャン

隣の家に住んでるきゅうちゃんです。

彼(彼女?)は、反対の隣の家まで自分家の裏庭をいつも通っており、

自分がダイビング後に機材を干していると、彼の道を通れなくなる

ので、一階のひさしから覗いて様子を見ております。



この写真は、自分が家の前で車の洗車中に撮した写真ですが、この

時は車の下でくつろいでいたのを、邪魔され迷惑顔の様子です。



今日は隣の奥さんが町内会費の集金に来た時に、玄関のドアの

隙間から家の中に入って、一周して下見をしてから又玄関から

去っていきました。

きっと、そのうち玄関から入って裏庭に抜ける新散歩道を、開拓する

事でしょう。

2005年05月08日

●5月8日 三保で迷走

今日は三保のマサキ海岸で潜って来ました。



今回の目的は、4月に上手く撮れなかったアカタチにリベンジでしたが、

青空ピーカンなのに、海の中は最悪のニゴニゴ、アカタチどころか前を

泳いでいる人の下半身しか見えません。

ガイドさん+4名で潜りましたが、途中でバディと二人一緒にはぐれて

しまいました。



適当に二人で遊んで帰ろうとしましたが、泳げど泳げど岸につきません。

エアーも少なくなったので、途中でフロートを上げて3分の安全停止後、

水面に出たら、何と沖堤の真ん中当たり西側に上がってしまいました。

コンパスを180度勘違いしてしまい、岸とは反対に泳いでました。

おまけに両足がつってしまい、バディさんとガイドさんに曳航されて

岸まで戻るというヘタレぶり。



2本目は潜行前の水面でライトを落としてしまって、捜索に皆さんを

巻き込んでしまい、本日は何だかトラブル続きなのでこれ以上の何かが

有るといけないので、予定の3本を2本に切り上げました。



綺麗なアカタチの写真は、また次回に。

2005年05月07日

●オシャレハナダイ

子供の日の須江でのもう一枚、オシャレハナダイです。

ちよっと写真の出来が悪いのですが、本当はもっと赤白がはっきりと

しております。



本当は水深が50m~60mぐらいの深いところに住むサカナですが、

須江のナギザキでは、現在25m位の浅いところで観察できます。

おそらく今後はあまりお目にかかれないサカナだと思うので、

早々に写真リベンジに行ってこようと思ってます。

2005年05月05日

●5月5日 子供の日

子供の日、4ヶ月ぶりに紀伊大島の須江に行ってきました。

潜ったのは、ナギザキ、ムロバエ、コワリシタの今日も元気に3本です。

おかげで名古屋に帰り着いたのは深夜12時になっちゃいました。

しかしナギザキでは、オシャレ、ケラマ、カシワ、キンギョにハナゴンベと

5種のハナダイを25mまでで見れて、大ご機嫌のダイビング。

特にオシャレがこんな浅さで見れるとは驚き物です。

ムロバエでは1.5mぐらいの大きなナンヨウブダイ、コワリシタでも

ハナデンシャにシビレエイと、流行ものもバッチリ見れ、充実した3本でした。

写真は子供の日にちなんで、ムロバエでのイソハゼの1種11(多分?)の

子供です。目がクリクリでとても可愛いかったですよ。

2005年05月02日

●シバタン島のダイブコテージ

もう半年も前の話ですが、環境保護の為、2004月12月末でマレーシアの

シバタン島に有るコテージが全て撤去されると言う事で、最後のシバタン島

ステイでダイビングと10月に行ってきました。



この写真はその時にシバタン島を散歩しながら撮した島に住む子供達です。



たまたま、本日見た雑誌に撤去中のシバタン島の写真が載っていました。

シバタン島でのダイビング自体は今後も出来るのですが、シバタン島に有った

コテージで働いていた人達や、この写真に写っている家族達は、きっと今は

何処かで働いて暮らしているのでしょう。

環境保護は確かに大事な事ですが、その為に生活が大きく変わってしまった

子供達も居ます。

この写真のはにかむ笑顔からは、とても感じられない事なのですが。