Home > カレイ目ササウシノシタ科 Archive

カレイ目ササウシノシタ科 Archive

シマウシノシタ

今年は1月中旬に女川で潜って以来、4週間連続で土曜日は潜っておりましたが、今週末は
弊社の運営する店舗が2店舗改装オープンにて、激励も兼ねて出勤です。

祝日の金曜日から改装オープンセールを催させて頂いておりますが、連日に渡って、多くの
お客様がご来店下さり、忙しさにスタッフは嬉しい悲鳴をあげております。
スタート時から常に進歩をし続けている当業界の黎明期から業とさせていただき、20年近く
携わってきた中、何度も新装オープン、改装オープンを体験してきましたが、新しい商品を
購入され帰られるお客様の笑顔を、今も見られる事が有り難く思います。

shimaushinoshita 20110205a.jpg
シマウシノシタ  学名 Zebrias zebrinus
 カレイ目 / ササウシノシタ科 / ウミウシノシタ属

撮影 2011年2月:紀伊大島須江 白野ビーチ 水深-5m 大きさ250mmぐらい
生息域 北海道南部以南 ~ 九州など。

沿岸域の水深が100m以浅の砂泥底に棲息おり、底生動物を食しています。
背鰭と臀鰭、尾鰭は繋がっていて、有眼側の体地色は薄黄色にて側から背鰭・臀鰭にかけて
黒褐色の太い12対の横帯があり、また無眼側の背鰭、臀鰭は黒くて、共に尾鰭には黄色の
斑点が環状に並びます。

近似種の シマウシノシタ は、背鰭の第1軟条が太くて伸長する事などで本種との
区別が可能です。

shimaushinoshita 20110205c.jpg

常々は105mmのマクロレンズで潜る事が多いのですがこの観察時は、ナイトダイビング中で
60mmのマクロレンズで潜っていて幸を得ました。

ナイトダイビングではストロボの光が廻りやすく、太陽光の下での撮影ほどではありませんが、
150mmを超えるぐらい大きい生物を105mmのマクロレンズで、上手く撮るスキルが未だに
自分の身には付いておりませんので。

Index of all entries

Home > カレイ目ササウシノシタ科 Archive

検索

Rss or Atom

Return to page top