Home > タコ目 > マダコ科 Archive

マダコ科 Archive

ホワイトV

ついに・・・とうとう・・・マジック4
一時は今年は駄目かもと思ってましたが、開幕から不振が続いていた主力メンバーが好調に
なりだしたと思ったら、今年も名古屋市民に喜びを与えてくれそうです。
こうなると、残るはグランパス。
今年もアベック優勝が夢では無い順位に付けてるだけに、残る試合を頑張って欲しいです。

whiteV 20111010k.jpg
ホワイトV  学名 Octopus Sp
 タコ目 / マダコ科 / マダコ属

撮影 2011年10月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-16m 大きさ頭長約20mm 
英名 White V octopus
生息域 伊豆半島以南 ~ 琉球列島、西部太平洋域など。

珊瑚礁域や岩礁域に生息しており、日中は礁砂底や泥砂底に隠れ住んでいて、夜間になると
水底に出てきて捕食活動を行います。
カレイ類等に擬態すること有名な ミミック・オクトパス と同様に他の生物に擬態し
カモフラージュする事により敵対生物からの攻撃を回避しております。
学名は未だ無く、今後の研究者の方達による詳しい生態解明が望まれている生物のひとつにて
胴部にVの文字があることも特徴のひとつです。

whiteV 20111010d.jpgwhiteV 20111010g.jpg

今回本種を観察した内浦ビーチですが、今まで150本近くこのポイントを潜っていながら今回で
観察したのは自分は3回目、1回目は瞬時に引っ込まれて、2回目は下の写真の様にチャチャッと
移動されて引っ込まれてしまい、もっと多く観察している方もいらっしゃいますが自分は本種との
縁が薄い様で、なかなか観察できておりません。

whiteV 20101225a.jpgwhiteV 20101225b.jpg
撮影 2010年12月:紀伊大島須江 内浦ビーチ

今回観察した個体は、ほぼ死にかけでした。
推測するにおそらく他の生物に一度補食されながら吐き出されたか、なにか危害を受けながら
免れたけど致死状態に有る様な感じでした。

でもそのおかげで時間を掛けて観察することが出来、初めて胴部のVの文字を確認する事が
出来ました。
確認できたのは嬉しいですが、写真の絵図らはいまいちと。
次回こそは、かっこいい本種の姿を撮影したいものです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

メジロダコ その2

自分が常日頃持ち歩いてるノートPCが、最近カリカリ音を出すようになりました。
元々データはこちらも常に持ち歩いている外付けHDDと、自宅でいつも留守番している
NAS君に入っているので、急に故障してもなんとかなりますがこのところ毎日カリカリ音が
気になって仕方有りません。

次はクロームの新しいOSのノートPCかなって思っていますので、日本で発売されるまで
何とか持ちこたえて欲しいと願うばかりです。

mejirodako 20110403a.jpg
メジロダコ  学名 Octopus marginatus
 タコ目 / マダコ科 / マダコ属

撮影 2011年4月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-15m 大きさ胴長60mmぐらい
英名 coconut octopus
生息域 伊豆半島以南 ~ 西部太平洋域など。

岩礁域や珊瑚礁域にて、砂底や砂泥底に巣穴を作ったり、水底に落ちている空きピン等を
住みかとして生息しております。
マダコ科の多くの種が体表面が凹凸で覆われているのに比べて、本種はほとんど凹凸がなく、
体表面は網目状の溝で覆われております。
全身が暗褐色の単一色にて斑紋などの模様も有りませんが、眼の両側に暗色のくまがあり、
その下が白っぽくなる事、また吸盤のみが白い事などが特徴です。

和名の " メジロ " は、眼の周りの白いくまの様な色調から付けられたそうです。
2005年にカリフォルニア大の発表で2本足で歩きまわるタコとして騒がれ、2010年にNHKの
「ダーウィンが行く」で取り上げられたりしたりして広く知られる様になりましたが、
有名になった原因のココナッツや2枚貝の貝殻を持ち移動する行動は、本種が砂底を好んで
生息する故、天敵などからの攻撃の妨げになる物が少なく、それらを盾の様に使える為の
行動だそうです。

mejirodako 20110403b.jpgmejirodako 20110403f.jpg

今回の写真は、内浦ビーチの2010-11シーズンの最後の日に撮影しました。
当日、最後の3本で何を観察しようかと考えたところ、今シーズンは本種と ミジンベニハゼ
まだ一度もキチンと撮影していない事を思い出し、撮影した写真です。

最後の日に、内浦ビーチのレギュラー種をやっと撮るとは。
それだけ他に撮す生物が多かったのか、それとも今シーズンはあまり内浦ビーチを
潜らなかったせいなのか。
まぁともかく、撮り忘れ無くて良かったです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

イイダコ

ある著名なアメリカ人が、「世界中で、日本人が一番誇り高い人種だ」と言われてました。
王国制ではないとは言え、戦後生まれの自分でも日本人にとって天皇様は日本人の象徴だと
思っております。
そんな宮家の方々が各地の避難所に慰安に出向かれて、さぞかし避難されている方々の心の
支えになっているかと、宮家の方々の行動には尊敬しております。

ただ一部の避難されている方が、宮家の方々が正座で会いされるのに対して胡座でいられる
のには、あぜんとしました。
同じ避難所に居られ、見ている子供達の為にも正座でお答えして手本となってほしい。
例えどんな環境であれ、礼には礼で尽くす日本人としての誇りを守って欲しいと思います。

iidako 20110409e.jpg
イイダコ  学名 Octopus ocellatus
 タコ目 / マダコ科 / マダコ属

撮影 2011年4月:富山湾滑川海岸 水深-16m 大きさ頭長約50mm 
英名 Ocellated octopus
生息域 北海道南部以南の日本沿岸域、朝鮮半島南部、東シナ海など。

浅い水深の岩礁域や、転石が点在する様な砂底に生息しております。
体表面はイボ状突起で覆われており、腕の間の襞部に金色の環状斑が2個あり、両目の
間に長方形の模様が有る事などが特徴です。
体色は周囲の環境などで変化しますが、興奮状態になると胴部や腕に黒色の縦縞模様が
現れ、昼間は石の隙間や空き瓶、空き缶等に隠れておりますが、夜になると海底を移動
しながら餌を探して活動します。

産卵期は冬から春にて、米粒大の卵を石の隙間や貝殻の中等に産卵し、和名の由来は
煮るとこの卵が飯粒の様に見える事からだそうです。

また近似種の ヨツメダコ は、環状斑が金色でなく青色の斑紋である事で識別が可能です。

iidako 20110409b.jpgiidako 20110409c.jpg

あまりにも自分がくどく、ライトで照らした上にストロボを浴びせ続けたせいか

iidako 20110409f.jpg
ムクムクっと体を起こしたので、泳いで逃げるのかと思いきや

iidako 20110409g.jpg
スルスルと、脚が砂の中へ入りだして

iidako 20110409h.jpg
でもここまで入った後、岩か何かに当たってしまったのか、ここから更に砂の中へ入る事は
無く、しばらくこのままの姿でこちらをじっと見てました。

かわいい~

水温9度の中、ちょっとほっこりさせてくれた イイダコ 君でした。

ヒョウモンダコ その2

ここ最近、新しい趣味ができました、それはお墓参り&お墓掃除です。

しかし匡平のお墓がある、名古屋市みどりが丘墓地公園は19時で閉門されてしまうので、
なかなか仕事帰りに寄る事が難しくて、行けない日が多く非常に残念です。
もっとも今の時期なら19時でも何とかお墓参りが出来ますが、冬場なら真っ暗な時間帯
ですので、19時閉門と言う理由もわかります。

そんな中、昨日は仕事帰りに何とか寄る事が出来たので、掃除しながら枯れ気味のお花を
いろいろと捨ててきました。
自宅に帰ってから奥さんにその事を話すと、どうやら自分が捨てた枯れたユリの花は今朝
奥さんが供えたばかりのユリの花らしいです。
どうやらこの猛暑では、ユリの花は半日と持たないみたいですね。

hyoumondako 20100728a.jpg
ヒョウモンダコ  学名 Hapalochlaena fasciata
 タコ目 / マダコ科 / ヒョウモンダコ属

撮影 2010年7月:柏島 民家下 水深-7m 大きさ頭長約20mm 
生息域 相模湾以南の南日本の太平洋側
               ~ 琉球列島、インド洋、太平洋域、オーストラリアなど

岩礁域や珊瑚礁域にて、岩壁や壁面亀裂などに単独で生息しております。
大きく育っても100mm程度位の小型種にて、普段は岩肌や海草などに似せた地味な
体色で擬態しておりますが、興奮すると蛍光色の青い輪や筋が体表面に浮かび上がり
更に興奮が増しピークに達すると体色が黄色に変わります。
写真上はそんなピークな状態の体色です。

唾液の中に神経性毒のテトロドトキシンを持っており、身の危険を感じるとこの唾液を
吐いたり、噛みついて相手に注入したりします。
噛まれてもさほど痛みは無いらしいのですが、かなり強い毒なので神経マヒや、呼吸
困難になり、心肺停止など最悪の場合は死に至るらしいです。

hyoumondako 20100728b.jpg

こちらは、やや興奮中の姿です。

hyoumondako 20090221a.jpg

撮影 2009年2月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-12m 大きさ頭長約40mm

今年の春以降、兵庫県や福岡県、佐賀県などの日本海側でも多数の観察例が報告されて
おり、NEWSにもなってましたので耳にした事があると思います。 

ちなみにテトロドトキシン毒に対する解毒剤は今の世の中には存在しないそうでして、
本種に咬まれた場合は解毒は出来ないそうです。

皆さん、注意してくださいね。

Index of all entries

Home > タコ目 > マダコ科 Archive

検索

Rss or Atom

Return to page top