Home > 十脚目 > | コエビ下目 > フリソデエビ科 Archive

フリソデエビ科 Archive

トゲツノメエビ その2

やばっ!!
折角、土曜日の試合で鹿島等の2位以下のチームが足踏みしてる時に、新潟では勝てないと
言うジンクスを破れず、今回も我がグランパスは勝てませんでした。
昨日の新潟で勝ってさえいれば、2位以下のチームに11ポイント差を付けられるチャンス
でしたが、結局、前節までと同様の8ポイント差のままです。

この時期の8ポイント差はシーズン優勝に対してまず大丈夫なポイント差とは思うのですが、
それでも過去今までのグランパスの戦い振りを見てると、一抹の不安がよぎります。

togetunomeebi 20101014a.jpg
  十脚目 / コエビ下目 / フリソデエビ科 / メエビ属

 撮影 2010年10月:柏島 水深-4m 大きさ約20mmぐらい
生息域 高知県、鹿児島湾以南、 インドネシア、ニューカレドニアなど。

岩礁域や珊瑚礁域の潮間帯にて、珊瑚瓦礫の隙間や軽石の下に生息しております。
体地色は白色で暗褐色や橙色の小斑点が点在していて、眼柄は長くて眼の先端が鋭く
尖ることが特長です。

       togetunomeebi 20101016e.jpg

柏島で本種とは約2年振りの再会でしたが、2年の歳月は色々と正確も変えてしまう様で
( 決して、そんなことは有りません )

togetunomeebi 20101016a.jpg

珊瑚片の隙間に直ぐに隠れる様で無く、他の派手な色彩をした生物の上に載ったりして、
フォト派ダイバーの気持ちを掴む生物の一つです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

Index of all entries

Home > 十脚目 > | コエビ下目 > フリソデエビ科 Archive

検索

Rss or Atom

Return to page top