Home > 十脚目 > | 異尾(ヤドカリ)下目 > タラバガニ科 Archive

タラバガニ科 Archive

メンコガニ その2

4月に行われる全国統一地方選挙の前哨戦として注目がされている愛知県知事選挙の
告示されました。
名古屋市民の一人としては、名古屋市長選挙、市議会解散への住民投票のトリプル
選挙になるわけですが、毎回のごとく投票日は仕事か休日なら海行きで投票が無理な
自分は必ず期日前投票をしていて、今回も期日前投票をする予定ですが、各投票の
告示日が異なる為、一度に投票できるのは24日以降らしいです。

2月6日の投票日までに、期日前投票が一度に出来るのは12日間といつもよりは短い
期日前投票期間では有りますが、今回も必ず行ってこようと思っております。

menkoganiA 20110115d.jpg
menkoganiD 20110115a.jpgmenkoganiA 20110115e.jpg
メンコガニ  学名 Cryptolithodes expansus
 十脚目 / 異尾下目 / タラバガニ科 / メンコガニ属

撮影 2011年1月:女川石浜 水深-8m 大きさ甲長40mmぐらい
生息域 函館湾以南、太平洋側は紀伊半島以北、
               日本海側では富山湾以北など。

岩礁域の礁原や礁斜面に単独、またはペアで生息しております。
甲羅の形状は横長の楕円形にて、甲羅の表面はあばた状に小さな窪みが点在しており、
周縁部は下方向に複数の歯が並び、額は扁平にて先端は中央が突出するか2又します。

甲面の色彩は白色、橙色など多彩におよび、甲面の形状も個体によって様々な形状が
あり、鋏脚は左右非対称にて右側が大きく、歩脚は左右で3対にて、○○ガニとの名前は
ついておりますが、タラバガニ と同様にヤドカリと同じ仲間にもなります。

menkoganiB 20110115a.jpgmenkoganiA 20110115a.jpg

menkoganiB 20110115b.jpgmenkoganiA 20110115b.jpg

menkoganiB 20110115c.jpgmenkoganiA 20110115c.jpg

約一年前の本種の観察報告時 にも書きましたが、図鑑などで生息域は紀伊半島以北と
なっておりますが、それまでに自分としては南三陸海岸以外で観察した記憶が無く、
この一年間も紀伊半島以北の他のダイビングポイントで見ることは有りませんでした。
水温からするとかなり深い水深に生息しているのかも知れませんが、確実に観察する
には南三陸海岸が一番緯度が低い所かも知れません。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。


Index of all entries

Home > 十脚目 > | 異尾(ヤドカリ)下目 > タラバガニ科 Archive

検索

Rss or Atom

Return to page top