Home > スズキ目 > ツノダシ科 Archive

ツノダシ科 Archive

ツノダシ

昨夜はNHK放送にて名古屋市長選挙と愛知県知事選挙の投票速報を見ておりましたが、
20時45分から始まった開票作業の中、21時前頃には河村さんと、大村さんの当選確実と
報道されました。

しかし、その時点での開票率はまだ 0%。
出口調査や情勢調査とか、他にもなんちゃらかんじゃらとかから得た結果らしいですが、
選挙管理サイドから結果発表が何も無い前に、こういう決めつけた報道をする事自体は
如何なものかと思いました。
視聴者の思考に合わせるばかりが、報道機関の本来有るべき姿では無いと思うのですが。

       tunodashi 20110129b.jpg
ツノダシ  学名 Zanclus cornutus
 スズキ目 / ツノダシ科 / ツノダシ属

撮影 2011年1月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-5m 大きさ100mmぐらい
英名 Moorish idol
生息域 千葉県以南の西日本 ~ 太平洋域、インド洋など。

珊瑚礁域や岩礁域にて小さな群れを形成して棲息しておりますが、地域や場所によっては
大きな群れを成します。
体高は高く横幅の厚みは無く、口吻は細長くて第1背鰭の第3棘が糸状に著しく伸長して
います。
また体色は白色にて、黒色の太い横帯が2本あり尾部は黄色、尾鰭は全体に黒色で白色の
横縞が入ります。

tunodashi 20110122d.jpgtunodashi 20110122a.jpg

棲息分布域が非常に広い種にて、浮遊幼期が長く稚魚が海流に乗って遠距離を漂流してる
からと考えられております。
またニザダイ科に最も近い種と言われてますが、ニザダイ科の生物の様に尾柄部に骨質板や
棘等はありません。

hatataedai 20101114a.jpg
ハタタテダイ  学名 Heniochus acuminatus
撮影 2010年11月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-7m 大きさ80mmぐらい

本種は上の写真のチョウチョウウオ科の ハタタテダイ に非常に似ておりますが、太くて黒い
横帯が眼の上を通らない事や、尾びれが黄色い事等で本種との識別が可能です。

Index of all entries

Home > スズキ目 > ツノダシ科 Archive

検索

Rss or Atom

Return to page top