Home > スズキ目 > ブダイ科 Archive

ブダイ科 Archive

アオブダイの幼魚

久々の連続勤務だった11連勤も今日で終了、明日の休日は匡平の月命日で終日の
家庭行事ですが、明後日は久々の海行き。
果たしてどこの海で潜れるんでしょうか?
海況次第で何処の海かが決まるので、今はまだ判らないのが面白い所です。

さて今日は再び、地味な生物報告に戻らせていただきます。

aobudaiYg 20100911a.jpg
アオブダイの幼魚  学名 Scarus ovifrons
 スズキ目 / ブダイ科 / アオブダイ属

撮影 2010年9月:串本 串本DP前ビーチ 水深-3m 大きさ約40mmぐらい
英名 Dark-Capped Parrotfish
生息域 東京都以南 ~ インド洋、西部太平洋域、ハワイ、南太平洋域など
 
岩礁域や珊瑚礁域にて、幼魚の頃は浅い水深で単独、または少数の群れで遊泳して
いますが、大きく成長すると浅い水深でも観察しますが多くは沖合の岩礁域などで
生息しています。

成魚の体地色は濃青色にて胸鰭を除き各鰭は水色、頬部には青緑色、胸鰭から背鰭に
かけては橙色の模様があり、成魚の雄は額がこぶの様に出っ張るのが特徴で、夜間は
口から出した粘液でまゆ状の幕を作り、岩陰などに潜むように眠っております。
また幼魚の頃の体色は、体地色は白色で吻端から尾柄部に掛けて、薄茶色の3本の太い
縦帯が走ります。

aobudaiYg 20100828a.jpgaobudaiYg 20100911c.jpg
撮影 写真左2010年8月、右9月、共に串本 串本DP前ビーチ

aobudaiYg 20100926a.jpg
撮影 2010年9月:柏島 後浜 水深-7m

幼魚の頃は他のアオブダイ属との区別は難しいらしく、ひょっとしたら今回の写真の幼魚も
他のアオブダイ属の間違いかも知れません。

aobudai 20040912a.jpg
撮影 2004年9月:柏島 後浜 水深-9m

こちらは以前の撮した成魚ですが、この時は60mmのマクロレンズでしたが、それでも
全身はやはり無理でした。

Index of all entries

Home > スズキ目 > ブダイ科 Archive

検索

Rss or Atom

Return to page top