Home > スズキ目 > イシダイ科 Archive

イシダイ科 Archive

イシダイの幼魚

昨日は仕事を早めに終え帰宅して、台風接近前日に2階へ上げた1階の荷物、家具などを
1階に下ろす作業が必要でした。
ところが帰宅してみると、名古屋市の某区役所に勤める長男は災害対策で帰宅が深夜に
なるとの事で、仕方なく腰の調子があまり良くない奥さんと2人で下ろしましたが、
ちょうど下ろし終えたところに長男が帰宅してきました。

何とも運の良いヤツです。

ishidai20110828b.jpg
イシダイの幼魚  学名 Oplegnathus fasciatus
 スズキ目 / イシダイ科 / イシダイ属

撮影 2011年8月:越前町 学校下 水深-7m 大きさ80mmぐらい
生息域 日本全域、朝鮮半島、中国、台湾、ハワイ諸島など。

沿岸の岩礁域に生息しております。
30mm位までの幼魚の頃は流藻などに付いて表層を漂っていたり、河川汽水域に入り込んだり
しており、それ以上成長すると底性生息に変化します。
体地色は白色にて体側面に太い黒色横帯が7本入りますが、幼魚の頃の体地色は黄色がかった
色彩にて、老成魚では横帯自体が不明瞭となり体色も銀色に変化し口の周辺部が黒くなり、
いわゆる通称名の " クチグロ " と呼ばれる様になります。

ishidai20110828a.jpgishidai20110828c.jpg

いつもの事ですが、今回も105mmのマクロレンズでの撮影画像にて、被写体から一定の距離を
置かねばならず、全体に暗い写真で申し訳ありません。
常に60mmマクロレンズと2台体制で潜れば良いのですが、なかなか可動性が悪くなってしまい
どうしても撮りたい生物に合わせて1台で潜ってしまっております。
何か簡単にデジイチ2台持ち運べる方法が無いでしょうかね~

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > スズキ目 > イシダイ科 Archive

検索

Rss or Atom

Return to page top