Home > ウミウシ類 > | 裸鰓(ラサイ)目 > ユビウミウシ科 Archive

ユビウミウシ科 Archive

ユビウミウシ

いよいよサッカーの今年のワールドカップの代表選手が発表されました。
欧州の各国のリーグ戦も終盤となり、徐々に今年のワールドカップムードが
賑やかになってきましたね。

今まであまり当ブログに書いてませんでしたが、我家は名古屋グランパスの
ホームの瑞穂スタジアムから車で10分程度の距離にあり、匡平が小さい頃は
よく見に行ってました。
そんな名古屋グランパス、今期のリーグ戦では今のところ2位の好成績。
今年こそ、悲願のリーグ戦優勝に期待しております。

ユビウミウシ 20100503a
ユビウミウシ 学名 Bornella stellifer
 裸鰓目 / スギノハウミウシ亜目 / ユビウミウシ科 / ユビウミウシ属

 撮影 2010年5月:串本 串本DP前 水深-5m 大きさ約20mmぐらい
 生息域 山形県以南 ~ 琉球列島、インド洋、西部太平洋域など

水深が-15mぐらいまでの岩礁域に生息しており、どちらかと言えば夜間行動の
習性にて、日中は岩穴の中や、岩陰等の暗所で観察する事が多いです。
体地色は灰黄色にて、背面部から側面部には橙色から赤褐色の網目模様があり、
背面部には2~3iに分岐した突起が3~6対並びます。

突起の先端には鰓が有り、先端近くに橙色の輪があるタイプと先端全体が白い
タイプが有ります。

ユビウミウシ 20100503b
ユビウミウシ 20100503c

真ん中の写真は、撮影中にウネリで飛ばされて珊瑚にくっついた時の写真で、
本種の食性から考えると日頃、生息している環境ではありません。
でも観察していると、すきな構図になってたので撮ってみました。

本種はヒドロ虫類を食するそうですから、こんな風に珊瑚にしがみつく事は
滅多に無いでしょうね。

Index of all entries

Home > ウミウシ類 > | 裸鰓(ラサイ)目 > ユビウミウシ科 Archive

検索

Rss or Atom

Return to page top