Home > ウミウシ類 > | 裸鰓(ラサイ)目 > ネコジタウミウシ科 Archive

ネコジタウミウシ科 Archive

ヒロウミウシ

昨日の三木浦への道中、先週の金曜日にはまだ6分咲きだった各所の桜が既に
散り始めておりました。

三木浦の港でも、水面に散ってしまった桜の花がいっぱい浮いていたりと
本当に桜の花の季節は短いですね~

hiroumiushi 20110320b.jpg

hiroumiushi 20110320a.jpg
ヒロウミウシ 学名 Goniodoridella savignyi
 裸鰓目 / ドーリス亜目 / ネコジタウミウシ科 / イバラウミウシ属

 撮影 2011年3月:三木浦 ナナコのダボ 水深-12m 大きさ約10mmぐらい
 生息域 北海道以南、韓国、香港など

水深が20m以浅の岩礁域にて、オーバーハングや垂直に近い岩壁などに生息して
おります。
体地色はピンク色~赤紫色にて、長い突起が外套膜の周縁や背面の中央や周縁の
内側に並んでいて、頭部と腹足は癒合し口触手はありません。
触覚は長く体地色と同色にて、長い突起はも同色ですが先端は白色を帯びます。

hiroumiushi 20110326a.jpg
撮影 2011年3月:串本 串本DP前ビーチ 水深-5m 大きさ約10mmぐらい

パッと見、海草に見えてしまうウミウシです。
それ故、他のウミウシを撮っていて後から見ると一緒に写ってたりします。

コトヒメウミウシ

何なんでしょうね~、たまたま今回はアジア大会でしたがサッカーの日韓戦は
見ていて特別な熱い気持ちが溢れます。
古い歴史での出来事による感情は薄まり、今日では共に隣国として友好な関係に
ある仲ですし、個人的にも大好きな隣国ですが。

結果PK戦までもつれましたが、ともかく勝てて良かったです。

kotohimeumiushi 20110122a.jpg

kotohimeumiushi 20110122b.jpg

コトヒメウミウシ 学名 Goniodoridella savignyi
 裸鰓目 / ドーリス亜目 / ネコジタウミウシ科 / コトヒメウミウシ属

 撮影 2011年1月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-24m 大きさ約5mmぐらい
 生息域 千葉県以南 ~ 西部太平洋域など

水深が-2m~25m位の岩礁域にて、伊豆から南紀あたりでは水温が約15度以下に
下がる
季節によく観察しますが、西部太平洋の熱帯域でも観察されております。

体側面外縁部は先端が明るい黄色の突起部に囲まれていて、正中線は先端が黄色い
隆起した形状をしており、二次鰓の両側にも長い突起部があり先端は同じく明るい
黄色をしてお、顔の前面部分はトゲトゲしております。

体色は外縁部の内側が濃茶色の縦線が入るタイプと入らないタイプ、触覚は白色にて
後ろ側が毛状になっているタイプと、表面が平滑で先端が黄色のタイプ等があります。

kotohimeumiushi 20110122e.jpg

こちらは直ぐ近くにいた、ひと回り小さな個体です。

共に肉眼では模様が判りづらいサイズにて、105mmのマクロレンズにクローズアップ
レンズを付けて撮影しましたが、ストロボの光量をかなり絞ったつもりでしたがやはり
いつもの白トビ写真になってしまいました。
白色が基調の生物の撮影は難しいですね。

まだまだ精進が足りません。

シロイバラウミウシ

昨日は、毎年4月1日恒例の入社式でした。
この不況のご時世の中、従業員が300名足らずの中小企業の弊社ですが、今年も9名の
新卒者の採用が出来た事を誇りに思います。
朝から入社式での新入社員さん達のキラキラと光り輝く目に刺激を受けて、なんだか
こちらも元気が沸いた一日でした。

今年度も頑張らなくっちゃ~と、思わせてくれた嬉しい入社式でした。

シロイバラウミウシ 20100328a
シロイバラウミウシ 学名 Okenia japonica
 裸鰓目 / ドーリス亜目 / ネコジタウミウシ科 / イバラウミウシ属

 撮影 2010年3月:紀伊大島須江 内浦 水深-20m 大きさ約5mmぐらい
 生息域 千葉県以南 ~ 西部太平洋域など

体地色は白色にて、斑紋など模様はありません。
外套膜の周縁に沿って白色の突起が複数有り、口触手、触角、鰓の全てが白色ですので、
サイズが小さな種で有ることもあり、自分は肉眼ではいつも前後が判りません。
もっとも老眼ですから、遠目にしか観察出来ませんが・・・・・

と言うことで、今回は後ろ姿の写真です。

むか~し最初に本種を教えてもらった時は " 白い薔薇ウミウシ " と勝手に解釈してしまい、
なかなか粋な名前を付けるもんだと思ってましたが、後ほど実は " 白イバラ ウミウシ " と
知って、なんや~と思った覚えが有ります。

シロイバラウミウシ 20100328b

本日も、極小サイズのウミウシです。
いつも報告しているトリミング化した写真では、小ささ振りが判らないかと思いますので、
トリミング前の写真を載せてみます。

シロイバラウミウシ 20100328ab

どうですか?小ささ振りが少しは判って頂けますでしょうか?
本種がくっついている赤茶色の海草と見比べて頂くと、それなりに判るかと。

と言っても、この海草を見た事が無い方には想像出来ないでしょうね~

Index of all entries

Home > ウミウシ類 > | 裸鰓(ラサイ)目 > ネコジタウミウシ科 Archive

検索

Rss or Atom

Return to page top