Home > ウミウシ類 > | 裸鰓(ラサイ)目 > ホクヨウウミウシ科 Archive

ホクヨウウミウシ科 Archive

マリオニア・ルブラ

今年に入ってから自分の廻りで、結婚や出産のお目出度い出来事が続いております。
匡平が天国に行ってまだ一年も経っていないので、結婚式やパーテイー等への参加は控えさせて
頂いておりますが、気持ち程度のお祝いだけは欠かさずしておりまして、既に今年は弊社内や
友人に対して、まだ4月と言うのに7件を超えております。

でも悲しい出来事でなく、お目出度い出来事への出費は大歓迎~♪
そんなお祝いが出来てこちらまで目出度い気分になれたと言うのに、わざわざお祝い返しをして
下さる方が多く、そんな中、産まれた子供の名前が書かれたクッキーを下さる方がいました。

今まで数々の出産祝いをしてきましたが、こんなお返しは初めて。
と言うか、可愛すぎてそのクッキーが食べられません。
かじるのは残酷だし、かと言ってそのままにしておいて、しけらせてしまって食べられなくして
しまうのも問題だしと悩んで、とりあえず匡平の仏壇に供えさせて頂きました。

そして、昨日、帰宅してみますと一緒に梱包されてたクッキーは残ってますが、名前の書かれた
赤ちゃんの形をしたクッキーが有りません。
はてさて家族の誰かが食べたのか、もしくは食べられるのが嫌で逃げてしまったのか?
何にしろ、自分が食べる事にならなくて良かったです。

と言った話には全く関係なく、本日はこのところ報告してきたウミウシは綺麗系ばかりでしたが、
久々に凝った作りをされたウミウシを報告させて頂きたいと思います。
ただ、今日も和名は無く学名ですが。

ホクヨウウミウシ 20100403a
マリオニア・ルブラ 学名 marionia rubra
 裸鰓目 / スギノハウミウシ亜目 / ホクヨウウミウシ科 / ミドリウミウシ属

 撮影 2010年4月:三木浦 ナナコのダボ 水深-12m 大きさ約70mmぐらい
 生息域 伊豆諸島以南

10m以浅の比較的浅い水深の内湾域にて、春頃から初夏に掛けて観察出来ます。
体地色は半透明の水色で、側面には白色の斑紋が散在しており、背面には茶褐色で水色の
イボ状の突起が散在します。

ホクヨウウミウシ 20100320a

判りづらいですが、左がお尻側です。

ホクヨウウミウシ 20100322a

こちらも判りづらいですが、右側が頭側、モジャモジャの眼と口、と思って見て頂くと
何となく形が判るかと。

ホクヨウウミウシ 20100403b

最後に、この写真は左側が頭部分です。
本種は刺激を与えない限り、各突起は縮小していますので、ぱっと見では海藻のひとつと
思ってしまうかも知れません。
図鑑やウミウシに詳しいWebサイトによっては、ホクヨウウミウシ科の一種と紹介されて
おりますが、その中のミドリウミウシ属と思われます。

残念ながら、正式和名はまだありません。
でも自分にしてみれば、本種はマリオニア・ルブラ と覚えますので、このままで良いです。
新しく和名が付いたり、和名の変更には自分の頭では既にキャパ・オーバーしてますから。

シロハナガサウミウシ

昨日の三木浦でのダイビング2本目では、たった1本で合計12種のウミウシを観察できました。
50分間、おそらく100m位は泳いでますので、あまり動かずもっと止まって観察していれば
まだ数種は多く観察出来たと思うので、もう少し通って極めてみたいと思います。

シロハナガサウミウシ 201003a
シロハナガサウミウシ 学名 Tritoniopsis elegans
 裸鰓目 / スギノハウミウシ亜目 / ホクヨウウミウシ科 / シロハナガサウミウシ属

 撮影 2010年3月:三木浦 ナナコのダボ 水深-12m 大きさ約30mmぐらい
 生息域 山形県以南~ 西部太平洋域、ハワイ、PNG、インド洋など

体色は白色、黄色、橙色などで、背面に極めて微細な顆粒状突起が散布し、特に口膜周縁で
密集します。
背面の突起の数は幼体では少ないですが、大きく生長すると12対を超え大きな突起と小さな
突起が交互に並ぶ様になります。

ユビノウトサカやウミキノコなどを食し、50mm近くまで生長します。

シロハナガサウミウシ 201003b
シロハナガサウミウシ 201003c

自分が今まで観察した本種は全て白色、白色ゆえにいつも暗めに撮影しますが、それでも
やはり部分的に白トビしてしまい、今ひとつの出来ばかりです。

shirohanagasaumiushi 20060513a.jpgシロハナガサウミウシ 2000905c

写真上左は2006年5月に、上右は2009年5月にそれぞれ串本ダイビングパーク前のビーチにて
撮影した画像ですが、全て白トビ写真です。
本日のブログに使った写真の全てを比べてみても、結局、この4年間の自分の写真技術能力は
向上されてない様で、誠に情けない話しですね。

Index of all entries

Home > ウミウシ類 > | 裸鰓(ラサイ)目 > ホクヨウウミウシ科 Archive

検索

Rss or Atom

Return to page top