Home > Archives > 2010年11月18日 Archive

2010年11月18日 Archive

カンムリベラの幼魚(後期タイプ)

  • Posted by: manboon
  • 2010年11月18日 00:55
  • ベラ科

よく家電製品の寿命は10年と言われてますが、確かに10年前の東海豪雨の災害にあって
買い直した家電製品が、今年になってから次々と壊れております。
匡平の部屋のエアコンに始まり、冷蔵庫に、長男の部屋のTVに、女房の部屋のTVと。
おかげで今年はエコポイント還元の申請を何度、郵送したことか。

このエコポイント、意外と大きな還元金額でして、自分がよく購入するデジタル家電製品も
対象であったらと思うと、残念な気持ちでたまりません。

kanmuriberaYg 20101113a.jpg

          kanmuriberaYg 20101113ba.jpg
カンムリベラの幼魚(後期タイプ)  学名 Coris aygula

 スズキ目 / ベラ科 / カンムリベラ属

撮影 2010年10月:串本 串本DP前ビーチ 水深-4m 大きさ60mmぐらい
英名 Clown wrasse
生息域 小笠原諸島、相模湾以南 ~ インド洋、ハワイ諸島をのぞく中部西部太平洋域など。

珊瑚礁域や岩礁域、またはその周辺の砂磯底域に生息しております。
幼魚の頃の体色は全体が白色で、体の前半分は小さな黒斑が複数点在しており、胸鰭から
後には背部に赤色の鞍状の大きな斑紋が2個、背鰭には黒色の大きな眼状斑が2個あります。

今回の観察報告に使用させて頂いた写真は、体の後半分が暗褐色に変色したステージにて、
一般的に幼魚と呼ばれているタイプは、体の後半分も白いままの下の写真の色彩になります。

kanmuribera 20090411a.jpg
撮影 2009年4月:柏島 勤崎 水深 -7m 大きさ約40mm

でもこのステージはどちらかと言うと4月~6月に串本や柏島でよく観察しており、今の季節では
本日に報告させていただく生物は、この夏頃に観察していた幼魚が育った姿かも
知れませんね。

Index of all entries

Home > Archives > 2010年11月18日 Archive

検索

Rss or Atom

Return to page top