Home

マンぶーンの生活 2んど

ブログ移転のお知らせ


dangouo20100123a.jpg

本日より マンぶーンの生活 3~ど と言う名のサイトに移転させていただきました。

引き続き、よろしくお願い申し上げます。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

タナバタウオ

約2年間に渡り観察報告を続けてきました当ブログですが、本日の報告を持ちまして
リニューアルをさせて頂く事になりました。

明日からは マンぶーンの生活 3~ど と言う名のサイトで報告させて頂きますので
よろしくお願い申し上げます。



タナバタウオ  学名 Plesiops coeruleolineatus
 スズキ目 / タナバタウオ科 / タナバタウオ属

撮影 2011年11月:柏島 民家下 水深-6m 大きさ70mmぐらい
生息域 相模湾以南の南日本 ~ 西部太平洋域、インド洋など

沿岸の岩礁域や珊瑚礁域の比較的に浅い水深にて、タイドプールや礁湖礁池の転石の下や、
珊瑚の下などに隠れる様に生息しております。
体型は丸みがあり背鰭棘数は11本で臀鰭棘数は3本、体地色は黒色にて背鰭先端と尾鰭の
後端は燈色で縁取られていて、背鰭基部付近に明瞭な青色の縦帯が入ります。
興奮時や夜間には体側面に黒色の横帯が5本現れたり、夏期の繁殖期には雄の頭部は黄色く
染まったり尾鰭に黄色の半円状の帯が現れたりします。


撮影 2008年5月:柏島 マグロ生け簀跡 水深-5m 大きさ60mmぐらい


撮影 2011年11月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-6m 大きさ70mmぐらい

いつ観察しても岩の下や隙間に隠れていて、真横全身姿が写せません。
過去に撮してきた写真も全て同じような姿ばかりで、いつか全鰭全開真横写真を撮って
やっつけたい種のひとつです

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

モンガラドオシ

昨日の朝の通勤は関東地方は大雪で大変だったみたいですが、名古屋では雪は無く
澄み切った大気のおかげで名古屋市内からでも木曽の御嶽山がよく見えました。

日頃はかすんだ風景でしか見えませんが、この季節は大気が冷えてはれた日は遠い
御嶽山の雪をかぶった姿が見える日があり、寒い冬の季節の中で自分の楽しみの
ひとつです。

mongaradooshi20111225a.jpg

mongaradooshi20111224d.jpg

モンガラドオシ  学名 Ophichthus erabo
 ウナギ目 / ウミヘビ科 / ウミヘビ属

撮影 2011年12月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-18m 大きさ不明 
英名 Fowler's snake eel
生息域 千葉県以 ~ 琉球列島、西部太平洋域、インド洋など。

沿岸域の藻場などの砂底や砂泥底に生息しており、日中は砂底などに潜っていて顔だけ
外に出しておりますが、夜間になると外に出て餌を求めて活動します。
背鰭基部は胸鰭のやや前方に位置しており、体地色は黄褐色にて大小の円形の暗褐色
斑が散在しております。
また円形の暗褐色斑は体側面に比較して頭部は密になります。

一般的に「ウミヘビ」の名前が付く生物は、鱗の有る物は爬虫類のヘビ亜目に分類されて
鱗の無い生物はウナギ目に分類されるそうです。
つまり鱗が有れば爬虫類で、無いと魚類って事なんですね。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

セトミノカサゴ

当、水中生物の観察報告を中心としたブログですが約2年前にリニューアルし先日迄に
アップした画像が1000点を越えたせいか、モバイル環境でのアップが困難になるなど
色々と支障が出てきましたので、この度、3回目のリニューアルをする事にしました。


今のところ未だ テスト中 の段階では有りますが、細かな修正後、近日中に移転しようと
考えております。
実際に移転する時にはキチンと報告させて頂きますので、何とぞ是非新しいアドレスを
お気に入りに登録願います。

setominokasago 20111218c.jpg
セトミノカサゴ   学名 Parapterois heterura
 カサゴ目 / フサカサゴ科 / セトミノカサゴ属

撮影 2011年12月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-18m 大きさ150mmぐらい
英名 Gurnard Lionfish
生息域 相模湾以南 ~ 中部、西部太平洋域、インド洋など。

岩礁域や珊瑚礁域にて、沿岸の浅い水深の砂底や砂泥底に生息しております。
臀鰭棘は2本にて頭部に大きな突起は有りませんが、眼は頭部背面から突出しており、
涙骨の下縁に1本の葉状皮弁があります。
背鰭棘は長く鰭膜は深く切れ込んでいて、胸鰭上部軟条は分枝しており、尾鰭後縁は
截形にて軟条の1、2本が糸状に長く伸びている事で、他のミノカサゴ亜科の種との
識別が可能です。

水深55m~130mで漁獲されるそうですが、個体数は少なく食用にはされないそうです。

setominokasago 2004011a.jpgsetominokasago 20040124a.jpg
撮影共に2004年1月:紀伊大島須江 内浦ビーチ

確かに個体数は少ない様で、自分が過去に撮影したのは7年ほど前の写真しか無く、
今回の観察時はもっと多く観察していると勘違いして、数カットしか撮影しておらず
もっと色んな角度からとっておけばと後悔しているばかりです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

カンムリベラの幼魚 その2(前期タイプ)

  • Posted by: manboon
  • 2012年1月23日 01:29
  • ベラ科

自分のダイビングコンピューターはタイムアラームを60分にしておりますが、60分で鳴って
から、今まであと10分は潜れるなとか、あと20分は潜れるなとかの判断するアラームにして
おりましたが、よ~く考えると最近70分以下のダイビングはほぼ有りませんので、今年から
タイムアラームを70分に変えてみました。

今の所は上手く当てはまっておりますが、相乗りボートでは問題かも知れません。

kanmuriberaYg20111010a.jpg
カンムリベラの幼魚(後期タイプ)  学名 Coris aygula

 スズキ目 / ベラ科 / カンムリベラ属

撮影 2011年10月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-4m 大きさ50mmぐらい
英名 Clown wrasse
生息域 小笠原諸島、相模湾以南 ~ インド洋、ハワイ諸島をのぞく中部西部太平洋域など。

珊瑚礁域や岩礁域、またはその周辺の砂磯底域に生息しております。
幼魚の頃の体色は全体が白色で、体の前半分は小さな黒斑が複数点在しており、胸鰭から
後には背部に赤色の鞍状の大きな斑紋が2個、背鰭には黒色の大きな眼状斑が2個あります。

今回の観察報告に使用させて頂いた写真は、体の後半分が暗褐色に変色したステージにて、
一般的に幼魚と呼ばれているタイプは、体の後半分も白いままの下の写真の色彩になります。

kanmuriberaYg20111023a.jpg
kanmuriberaYg20111023b.jpg

さてこの個体は、今回の写真を撮影した今シーズンの内浦ビーチのオープン以来、今でも
同じ場所でず~っと生息しております。
約一年ちょっと前に本種の 幼魚の後期タイプ の姿を報告しておりますが、本日の前期の姿の
体側面の後半分が褐色に変化していきます。
このまま行けば、今シーズンの内浦ビーチの終わり頃には後期タイプへと色彩変化をするかも
知れず、楽しみにしております。

その後、成魚の色彩へと変化していく訳ですが、やはり過去に撮したストックを捜してみても
成魚の写真はありませんでした。
なので次回、南の島へ行った時には忘れずに撮ってこようと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home

検索

Rss or Atom

Return to page top