Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > メギス科'; } else { print 'メギス科'; } ?>

« マトウダイ科 | メイン | メジロザメ科 »

2009年07月28日

●クレナイニセスズメ その2

ちょっと、気になることですが。

お台場に、実物大のガンダム( 自分的には脚のデザインが初代と異なるので
偽物 ) ・・・・・フジテレビ。
昨夜から、NHKのBS放送で 5日間のガンダム特集。
なぜに、他局の番組の特集をするんでしょうか?

そもそも、ガンダムは名古屋テレビ( テレビ朝日 )で作成されたテレビ番組。
その点で、先週末に名古屋のポートメッセで催された、生誕30周年イベントは
正しい流れと思えるのですが、何故なんでしょうね。

kurenainisesuzume%2020090313a.jpg
クレナイニセスズメ   学名 Pseudochromis porphyreus

 スズキ目 / メギス科 / ニセスズメ属
撮影 2009年3月:奄美大島 倉崎海岸 水深 -9m 大きさ60mmぐらい
英名 Magenta dottyback
生息域 奄美大島、琉球列島~西部太平洋域など。

珊瑚礁域周縁部の水深 8~15mぐらいの岩の割れ目や岩陰などの近くにて、
底付近に生息しており、危険を感じるとそ岩穴などに隠れてしまいます。
体色は見た目は青紫色に見えますが、光が当たると赤紫色と、自然光での
観察とでは色彩が違って見え、各鰭は光に関係なく透明です。

kurenainisesuzume%2020090327a.jpg
撮影 2009年3月:沖縄本島 砂辺

前回の報告 の時に、やっとウロコや側線等の形が判る写真が撮れたと
書かせて頂きましたが、その後は今回の様な紫色に飛んでしまう画像ばかりで、
以前の時は、どうやって撮ったのか?

う~ん、こんな風では、まだまだ未熟です。

2008年05月11日

●パラオ特訓報告15 クレナイニセスズメ

今週末は我が社の本社のエアコン交換工事の立ち会いで、土日は海は無し。
8時30分から工事と言われていたので、事前準備に7時50分に出社してみると
工場関係の方達は、8時から朝礼を始められております。

改めて15分前集合の言葉でなく、30分前集合が大切と勉強させられました。

kurenainisesuzume20080412a.jpg
クレナイニセスズメ   Pseudochromis porphyreus
撮影 2008年4月:PALAU -7m 大きさ40mmぐらい
英名 Magenta dottyback
生息域 奄美大島、琉球列島~西部太平洋域など。

この生物は、今まで何回撮っても下の写真のように体色が強く光ってしまって、
体側面の模様、形状などが全然判らなかったのですが、今回の特訓中に上の
写真の様にウロコや側線等の形が判る写真が撮れました。

自分にとっては、何とも撮影が困難な生物のひとつです。

kurenainisesuzume20071223a.jpg
撮影 2007年12月:奄美大島 倉崎海岸 -12m 

メギス科の生物なのに、 クレナイニセスズメ って名前なのは何故なんでしょう?

最初は、パッとみ水中では青紫色なのに、ライトを当てたり、陸上とかの明るい
所で見ると赤紫色なので、紅偽スズメの名前なんだと思ったんですが、しかし
それでは リュウキュウニセスズメ ってのも居るので、結局は紅ニセスズメなの
でしょうか?

でも、ニセスズメって?
外観はスズメダイとは似ても似つかぬ体系と思うんですが、学名にプロミスって
付いてるので、骨格とかそう言った生物学的には同じなんですかね。
無知な疑問で失礼いたします。