Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > ハタ科 > ハナスズキ属'; } else { print 'ハナスズキ属'; } ?>

« ハナゴンベ属 | メイン | ホカケハナダイ属 »

2007年07月03日

●パラオ合宿報告(10) Redstriped Basslet

ちょっと早めの夏のバカンスを6月に終えた後、当初は15連勤の予定でしたが、
途中で12連勤に修正して正解でした。
月末月初の山は越えましたが、そろそろ体が海へ行きたいモードで、仕事中に
いねむり攻撃をしてきます。
でも、そんな時は mixi でも眺めて、眠気を吹き飛ばしている次第です。

さて今日は、久々にベニハゼじゃない海洋生物の紹介です。

まぁこれだけ毎日ベニハゼの紹介ばかりしていると、自分はパラオでベニハゼしか
撮って来なかったと思われてしまうかも知れないので、違う種族もそろそろ紹介
させていただきます。

でも、決してベニハゼネタがつきたのではありませんよ。
今回は、大深度潜水を合計4本行ったおかげで、減圧に要した時間は過去の
パラオで最長タイムになりました。
おかげで外洋の沢さんの穴の中、サンゴの奥をのぞき込む事ができ、たくさんの
ベニハゼを撮影できました。

そこで、本日、久々にベニハゼ以外で紹介させていただくのは、

RedStrip20070617.jpg
レッドストライプドバスレット Liopropoma tonstrinum

観察したのはブルーコーナー、ライトを当てると臆病ですぐに引っ込んでしまう
ので、サザンマリンダイバーズの ぢろーさんより撮影の仕方の手ほどきを受け、
じっと引っ込んだ穴の前で待ち続けますが、なかな出てきません。

どうやら住みかの穴は、3mぐらい上にも出入り口があるらしく、チラチラと
見え隠れをしてますが、我慢して待ち続けて出てきた瞬間を、撮影できました。

初めて観察しましたが、まるで昔の和菓子の"あめ玉"の様な色合いですね、
と思っていたら、別の図鑑では、Candy Reef Basslet の名前で載ってました。
レッドストライプより、キャンディの方が、自分は似合ってると思いますね。

思わず両手で捕まえて、舐めてしまいたいくらいの美味しそうな色合いですが、
本当に試したら、きっとサカナ臭いんでしょうね。
海の中で見てる限りでは、どんな生物も生臭くないですもんね~。