Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > ハタ科 > ハナゴンベ属'; } else { print 'ハナゴンベ属'; } ?>

« ナガハナダイ属 | メイン | ハナスズキ属 »

2008年10月13日

●ハナゴンベ その3

さて本日からは、先週オープンしました紀伊大島須江の季節限定ポイント、
内浦ビーチでの観察報告です。

hanaonbe%2020081011.jpg
ハナゴンベ  Serranocirrhitus latus
撮影 2008年10月:紀伊大島須江 内浦ビーチ -11m
英名 Hawk anthias
生息域 伊豆半島以南 ~ 西部太平洋域、フィジー、PNG等

過去にも何度か紹介している生物ですが、内浦ビーチと言えば ハナゴンベ
言えるほど、必ず観察出来る生物です。
ただ、常に観察出来る生物ゆえに内浦で普通種、他のダイビングポイントでは
必ず見物になる生物ですが、いつもオープン時にはチヤホチされても一ヶ月も
すれば、ここでは普通種扱いになってます。

hanagonbe20071008a.jpghanagonbeYgB20071008a.jpg
撮影 共に2007年10月

ところが、昨日も書きました様に、内浦ビーチが初めて潜れるようになってから
ずう~っといてくれた5年物の ハナゴンベ が今回は見かけられません。

単純にゴロタの岩の奥に潜んでいるだけであれば良いのですが、まだオープン
したばかりなので、そう言う事で見かけられないと思いたいところです。

昨年のオープン時は3個体観察出来ましたが、今回は1個体だけ。
観察出来る場所から推測すると、おそらく今年春のクローズ時も観察出来てた
写真右上の子が成長した姿と思います。

因みに、写真左上が現在行方不明の内浦の主の ハナゴンベ です。

2007年10月09日

●内浦ビーチより、ハナゴンベ

hanagonbeYgB20071008a.jpg
ハナゴンベ  Serranocirrhitus latus
撮影 2007年10月:紀伊大島須江 内浦ビーチ -9m
伊豆半島から、西部太平洋にかけて分布、珊瑚礁の縁部の崖穴や、岩穴等に
棲息している。

自分が国内で一番多く、100本近く潜っているポイントが、紀伊大島須江地区の
内浦ビーチです。
そのビーチが10月8日にオープンすると知床に居るときに聞き、休日がもう一日
残っていたので、
早速、知床より名古屋へ戻り、その足ですぐに行って参りました。

一番の関心事は今年5年目になる ハナゴンベ が、今年も元気にいるか?
3月にクローズされたときに居た、 ハナゴンベちび、クジャクベラちび  たちは、
未だ居るのか?

結果は良かった~、みんなそのまま、元のいた場所で元気でした。
しかも ハナゴンベちび は、ちょっと大きくなり、5年越しの ハナゴンベ の近くには、
新しく ハナゴンベちび が増えてました~♪

写真は、新しい ハナゴンベちび です。
大きさは従来からの ハナゴンベちび と同じぐらい、スーパーちびでは無いのが、
ちょっぴり残念。

hanagonbe20071008a.jpghanagonbeYgA20071008a.jpg
写真左は、5年越しの ハナゴンベ 、右は以前からの ハナゴンベちび です。

そうです、今、内浦ビーチでは3個体の観察が可能なんですよ。
他に観察できたのは、 ミジンベニハゼ、ニシキフウライウオ、クジャクベラYg、
クサハゼ、ヒレナガハゼ、サルハゼ、オニハゼ、ダテハゼ、ハナハゼ、
マルメスズメダイ、ヒレナガスズメダイ、シコクスズメダイ、ミツボシクロスズメ
ダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、キンギョハナダイ、カミソリウオ、ヨウジウオ、
オオモンカエルアンコウ、ハナゴイ、ウミテングなどなど・・・。

こんな生物てんこ盛りの内浦ビーチ、今シーズンも沢山潜ることになりそうです。

2006年11月21日

●ちびハナゴンベ

DSC_4527.jpg

今シーズンも見れました。
紀伊大島は須江内浦ビーチでの、ハナゴンベ。
4年も健在の大人の、 ハナゴンベ と、 ちびハナゴンベ が、今、両方見れます。
今年の2月に、ほんの数週間だけ見れた ちびハナゴンベ 同様、今回も見れなく
なる前に、何とか撮せました。

見た時の詳しい内容は、2ヶ月振りの紀伊大島に書いてありますので、どうか
ご覧下さい。
勿論、今回も長~い日記に仕上がっております。