Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > ハタ科'; } else { print 'ハタ科'; } ?>

« ハタンポ科 | メイン | ハダカイワシ科 »

2009年01月15日

●ハナダイの幼魚

今回の冬のパラオ短期合宿は、2日半で12本のダイビングと、いつもの自分に
してはちょっと少なめのダイビング本数ではありましたが、その内の毎日2本、
合計4本が喜寿、米寿などの数字で表せば、古希の値の深度まで潜ってしまう
ダイビングでしたので、体にかかる負荷を考えて本数をセーブしました。

もしも、セーブしたと言っても普通のダイバーの倍近い本数じゃんと、思う方が
居たら、変態耐久ダイバーの認識を改めて下さい。
因みに、その4本以外は3本が泥地、3本は外洋でのミッドナイトと自分にとって
短期でも充実した合宿でした。

さて本日より先週末の冬短期合宿の成果を報告したい所でしたが、昨日昼前に
帰国後すぐに出社して、休んだ間に貯まってしまった仕事を夜遅くまでやっつけ、
そして本日は急用の私事にて午前中から奥さんと出かけ、ついでに昨年年末に
奥さんが体調が悪くて行けなく、自分だけで行ってきたお墓参りにも改めて行き、
その他にもなんやかんやで帰宅が遅くなってしまいました。

なので写真の整理が全く出来ておらず、本日は取り急ぎ、簡単に書ける生物の
報告にさせていただきます。
何と言っても、生物名が判らないので詳しい資料探しも出来なくて、さら~っと
簡単に書けてしまえますから。

hanadai%2020090111a.jpg
なんとかハナダイの幼魚  学名 不明
撮影 2009年1月:PALAU 水深 -古希m 大きさ 20mmぐらい 
生息域 パラオ、不明

ハナダイの幼魚だという事は間違いないと思いますが、種別名が判りません。
今回の合宿最終日の夜に、合宿中に撮した画像を、サザンマリンダイバーズ
拓ちゃんのPCで確認中に、現在、サザンさんで繁忙期間だけヘルパーされてる
ハナダイ狂の田中さんの、あのいつも優しい笑顔が突然固まりました。

拓ちゃんが 「田中さん、顔が怖なってまっせ~」と言うぐらい、見つめてます。
サザンマリンラボラトリーの、ぢろー所長が見られても「***の幼魚かなぁ~?」
っと、言うぐらいの不明っぷりです。

まぁいつか、種別名が判った時に詳しく書くとして、今回はここまでに。
明日からは、キチンと学名、英名、生息域など書いて生物報告をさせて頂きます。