Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > スズメダイ科 > イシガキスズメダイ属'; } else { print 'イシガキスズメダイ属'; } ?>

メイン | オキスズメダイ属 »

2009年01月24日

●ルリホシスズメダイの幼魚

今年になって日本の冬のダイビングに復帰してから、こんなグッズをインナーの
ポケットに入れて、ドライスーツで潜っております。

20090124aaa.jpg

SANYO製の、充電式エネループ・カイロです。
暖かさは強と弱の2段階に調整が出来、強で約4~5時間持ちますので、2本の
ダイビングと休憩時間で丁度良いぐらい。
もしも休憩時間にスイッチをOFFにしておけば、終日たっぷり使えます。
充電は約3時間ぐらいかかりますが、500回ぐらいの充電が繰り返せるそうで、
電気量販店さんで、だいたい 3,000円 ~ 3,500円ぐらいで売ってます。

これなら、万が一ドライが水没しても、携帯カイロの様に火傷をする心配もなくて
良いですし、スイッチのON-OFFが出来ますから、暖まる時間の調整が可能。
色は写真の白色、黒色、ピンクの3色出てます。

自分は特にSANYOさんの関係者ではありませんが、ダイビング以外にも寒い
外での仕事にも使えて重宝しておりますよ。

rurihoshisuzumedai%2020090111a.jpg

ルリホシスズメダイの幼魚  ナイトカラー 
学名 Plectroglyphidodon lacrymatus
スズキ目 / スズメダイ科 / イシガキスズメダイ属
撮影 2009年1月:PALAU 水深- 5m 大きさ 30mmぐらい 
英名 Jewel Damsel
生息域 和歌山県、高知県、琉球列島 ~ インド洋、西部太平洋域など。

水深2m ~ 12mあたりの珊瑚礁域に、海藻類を主食とし生息しております。
幼魚の頃は深緑色の体色に全身に青い小斑点が広がってますが、成魚の
体色は濃い茶緑色に変化し、青い小斑点主に背側だけに成っていきます。

rurihoshisuzumedai%2020090111b.jpgrurihoshisuzumedai%2020090111c.jpg

今回はナイトダイビングでの画像ですが、幼魚でも昼間の深緑色の体色が、
濃い茶緑色に変化するようです。

上の3枚とも、ちょっとヘタッピな画像で申し訳ありませんが、昼中でも綺麗な
青色の小斑点が、暗闇に隠れている所にライトを当てると蛍光色に光って
昼中よりも鮮やかな体色でした。

和名の由来は、この綺麗な青色の小斑点を瑠璃星と表しているんでしょうが
英名の Jewel Damsel も、Damsel 自体が少女とか、乙女の意味ですから、
宝石の乙女って感じで、何とも素敵なネーミングだと思います。