Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > イトヨリダイ科'; } else { print 'イトヨリダイ科'; } ?>

« イットウダイ科 | メイン | イボオコゼ科 »

2009年03月03日

●シンジュタマガシラの幼魚

さて先日報告の フタスジタマガシラ の、ナイト姿が一部の人に好評でしたので、
本日はその仲間で、もっと体色変化が大きい生物の報告です。

sinjutamagashira20090111a.jpg

シンジュタマガシラ  ナイトカラー

学名  Scolopsis margalitifer
スズキ目 / イトヨリダイ科 / ヨコシマタマガシラ属
撮影 2009年1月:PALAU - 12m 大きさ 80mmぐらい 
英名 Pearly monocle bream
生息域 八重山諸島以南 ~ 南シナ海からバヌアツまでの西部大平洋、
     オーストラリア北西部など。

内湾の水深20m以浅、珊瑚礁に近い礁湖等の砂底に住んでおります。
ちょっと成魚の画像が無くてすみませんが、成魚の体側面中央部が真珠の
様な光沢が有る事から、和名のシンジュが付いたようです。

sinjutamagashira20071117a.jpg
撮影 2007年11月:PALAU - 8m

こちらは、昼間の普通の体色の幼魚です。

これに比べて、一番上のナイトの画像では、最初は白い砂をかぶってしまった
かと思ったんですが、よく見ると何か灰色の絵の具を体側面の上から垂らした
様な色彩になっており、また変わった体色変化をするもんですね。

ナイトになるとパジャマ姿になるサカナ、大好きです。

それで当報告を書く為に色々と図鑑、Webなど調べてましたら、世界の海には
この シンジュタマガシラ の幼魚の昼間の姿にそっくりのテンジクダイの仲間と、
ギンポの仲間が居るそうです。

違いは、Cheildiptens zonatus と言うテンジクダイの仲間は、背鰭が2つあり、
尾鰭が二叉形。
また Gold back fang blenny と言うギンポの仲間は、背鰭が1つで尾鰭は
截形と、 シンジュタマガシラ に似てますが、 シンジュタマガシラ が背鰭に黑斑が
ひとつあるのに対して、こいつは無いそうです。

まぁ国内では シンジュタマガシラ しか見られないそうなので間違う事は無いと
思いますが、海外の海で潜った時は注意しましょうね。
でも、テンジクダイ系フェチとしては、Cheildiptens zonatus ってのは押さえて
おきたい所ですが。

2009年02月26日

●フタスジタマガシラ

以前にも書きましたが、職業柄ケータイを 3ヶ月位で新しい機種に変更して
おります。

今回は2009年春モデルなのですが、今回いつも希望してるF社の商品は、
前回の2008年冬モデルから指紋認証機能が無くなったぐらいで、外観も
ほとんど同じなので、偶には変わったタイプとSHARP製にしました。

20090226aaa.jpg20090226aab.jpg

このタイプ、画面が横にスライドして両手の指で文字キーが打てますので、
キーボート打ちしかしか出来なくて、ケータイでの文字打ちが苦手であった
自分の様なおじさん属には、キーボード打ちで打ちやすく、たまにケータイ
からブログアップする時は楽になりそうです。

futasujitamagashira%2020090111.jpg
フタスジタマガシラ ナイトカラー
撮影 2009年1月:PALAU - 12m 大きさ 100mmぐらい 

futasujitamagashira%2020080413.jpg
フタスジタマガシラ 幼魚サイズ
撮影 2005年10月:西表島 - 8m 大きさ 40mmぐらい 

学名 Scolopsis bilineata
スズキ目 / イトヨリダイ科 / ヨコシマタマガシラ属
英名 
生息域 高知県以南 ~ 東部インド洋域、西部太平洋域など。

比較的浅い水深の、珊瑚群落近くの礁湖などの砂礫底域で見られます。
幼魚の頃は、体側面の背側に黒と黄色の3本ずつの縦縞が有り、腹側が白い
体色をしてますが、成魚になると黒と黄色の縞はグレーに変色し、眼の上部を
斜めに走る白い縞が2本入るようになります。

串本辺りでも夏頃から秋にかけて、幼魚は偶に観察出来ますが、成魚は観察
したことが自分は有りません。

futasujitamagashira%2020051010.jpg
撮影 2005年10月:西表島 - 12m 大きさ120mmぐらい 

ナイトカラーと幼魚カラーと紹介してきて、さて日中の成魚カラーはこれ。
若干の色彩の濃淡は有れど、まぁあまり昼も夜も大きく変わらないみたいです。

幼魚は体色がカラフルで、とぢらかと言えばカメラを向けると、逃げずにこちらに
よってくる位、愛嬌が有るのですが、一般種すぎるのか南の海ではダイバーの
皆さんの被写体になる事は少ないようです。

2007年09月03日

●幼魚様たち(11)キツネウオ属の1種

本日は、紹介する為に色々調べていると、図鑑や文献によって異なる内容が多く、
結局、何が正しいか判ららないけど、可愛かったので紹介させていただきます。

最も自分にしてみれば、名前や種がどうであれ、撮す生物として綺麗で可愛いく
撮るときに夢中にさせてくれれば、どうでも良いことですので。

kitune1-1%2020070830a.jpg
kitune1-1%2020070830b.jpg
キツネウオ属の1種の1  Pentapodus Sp
撮影 2007年8月:柏島勤崎

日本の海水魚によると生息域は、高知県大月町沿岸と、オーストラリア東部と
ありますが、先月8月20日付けの日本生物地理学会発行の国際雑誌にて
ヤクシマキツネウオ の名前で発表されたそうです。

いわゆる一般的には、 プリンセスモノクルブルーム と呼ばれ、上記の名前の
由来の屋久島や、八重山諸島、フィリピンでも観察できるらしいです。

更に、自分が所持している洋物の図鑑では、 Yellow-striped Whiptail 名にて、
生息域は東インドネシア、フィリピン、サモア、台湾北部と有り、今回の和名を
発表されたのも日本魚類学会ではないし、こうなるといったい何が真実やら。

kitune1-2%2020051009.jpg
キツネウオ属の1種の2  Pentapodus Sp
撮影 2005年10月:西表島T’sエリア

上説の1種の1との違いは、背中線に1本の黄色縦帯が有り、頭部の黄色縦帯が
繋がっておりません。

こちらは日本の海水魚によると生息域は、八重山諸島。
同じく自分が所持している洋物の図鑑では、 Double Whiptail 名にて、生息域は
オーストラリア北部、西部、東インドネシア、フィリピンと有ります。

こうなってくると、図鑑って、ふぅ~ん?って感じで。
書かれる学者さん次第なんでしょうか?