Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > カミソリウオ科'; } else { print 'カミソリウオ科'; } ?>

« カマス科 | メイン | カワハギ科 »

2008年03月01日

●カミソリウオ

先日から内浦ビーチで キシマハナダイYgが、なんと-13mの浅場で観察が
出来る様です。
デジイチのD200を持って、いち早く駆けつけたいところですが、今週末は
月末月初近辺にて、休日は200%無理!!
来週末まで居てくれると良いのですが・・・・。

      kamisoriuo20080106d.jpg
カミソリウオ   Solenostomus cyanopterus
撮影 2008年1月:紀伊大島 須江 内浦 -12m 大きさ80mmぐらい
英名 Robust Ghost Pipefish
生息域 房総半島以南、紅海、東アフリカ、インド、フィジー、西部太平洋など

今年の1月に、たった4日間だけ住み着いてました。
珍しく赤色でしたので、ワイド派の方達は青抜きの冴えた写真を撮られておられ
ましたが、図鑑写真マクロバカの自分はこんな図鑑写真のみです。

コンデジのIXY910ISで頑張って見ましたが、そちらもイマイチでした。

過去に緑色、茶色、黒色は撮ってましたが、個人的に赤は初めて。
黄色とか、青色とかも見れると嬉しいですね。

2007年09月17日

●終夏の柏島より、ニシキフウライウオ

いやぁ~、昨夜のF-1は気分爽快でした~♪
もちろんティフォシーとして、フェラーリの予選、決勝の1-2フィニッシュは最高
でしたが、レース終盤に佐藤琢磨がJ・バトンを抜き去ったのが、とっても気分が
爽快になりました。

何せ琢磨は、2005年のオフに、バトンの我がままのせいでホンダを解雇されて
おりますから、どうだ!!って感じで最高でした。

で、本日の本題です。
今の柏島は、どのポイントでも ニシキフウライウオ だらけ。
黒、赤、黄色など、いろんな色のタイプが観察できますよ。

   nishikifuurai20050317.jpg
      ニシキフウライウオ  Solenostomus paradoxus
     撮影 2005年3月:パラオ ビッグドロップオフ -20m
     英名 Ornate Ghost Pipefish 

と書いておきながら、トップの画像がパラオで撮した画像ですみません。
実は、先日、自分がいつもお世話になっている かじきあん の非常勤のエース
インストラクターの とがちゃんが、7月に柏島で自分で撮られた写真を見ながら、
ニシキフウライウオ って、なかなか上手く撮れないですね」って言ってました。

その時は、自分はそうかな~って思ってましたが、今回の写真を選択していて
気づきました。
とがちゃんの言うとおり、柏島で撮したので良い写真がぜんぜんありません。
そう言う事で、トップの写真はパラオで撮した物になりました。

でも、パラオで ニシキフウライウオ は滅多に見られないらしいですよ。

nishikifuurai20070830a.jpgnishikifuurai20070908a.jpg

上の写真は、共に柏島の勤崎で8月と9月に撮した写真です。
同じ個体と思いますが、右の写真ではなんと カミソリウオ とペアリングしてました。
何という、動物で言えば犬と猫の夫婦です。
いったい、どういう子供が産まれるのか??

nishikifuurai20070909a.jpgnishikifuurai20070830b.jpg

こちらも同じく、勤崎で撮ったものです。
あちこちに居るせいか、適当に撮ってしまっておりダメダメ写真ばかりです。
本来ならとても珍しい被写体なので、次回はもっと真面目にじっくり撮ってみます。

反省です。