Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > アイゴ科'; } else { print 'アイゴ科'; } ?>

メイン | アカエイ科 »

2007年12月10日

●秋のパラオ合宿報告(18) ペンシルストリークド・ラビットフィッシュ

この週末は、我が業界では例年、年に2番目に忙しいと言われる週末でした。
では年に1番目はと言うと、毎年3月の2週目の週末なのですが、今年は11月末に
発売された新モデルが大好評と合って、例年どおりの繁忙期に特需がプラスされ、
ひょっとしたら、年に1番だったかもと思えるほどの忙しさでした。

なので自分も連日帰宅が遅くなり、ドラクエ4がちっともやれないのが悩みです。
はい、まるで塾と宿題に追われている小学生の悩みです。

さて今回も、自分としては初観察の生物の報告です。

pencilstreektrabittfish20071117a.jpg
ペンシルストリークド・ラビットフィッシュ  Siganus doliatus
撮影 2007年11月:PALAU サザン桟橋前 -5m 大きさ約15mm
英名 Pencil-streaked rabbitfish
生息域 パラオ、インドネシア、西GBR、ニューカレドニアなど

サザンマリンダイバーズの拓ちゃんから紹介された時は、 ムシクイアイゴ
幼魚かなって思ったんですが、どうやらアイゴの外人でした。

またまた名前を書き留めてくるのを忘れたので、拓ちゃんにメールで教えて
貰いましたが、自分が持ってる図鑑には大人ばかりが載っており、幼魚が
載っておりません。

pencilstreektrabittfish20071117b.jpg

他の多くのサカナにも観られる様に、この種も幼魚と成魚ではかなり模様が
異なります。
この様に成長具合によって模様が異なる生物を、図鑑で紹介される場合は、
幼魚~大人~老成と、各ステージを全て紹介して欲しいものですね。

そうすれば、自分達の様なアマチュアダイバーは助かるのですが。