Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > セミホウボウ科'; } else { print 'セミホウボウ科'; } ?>

« サケ科 | メイン | タウエガジ科 »

2008年01月09日

●セミホウボウ

本日は今年の初潜りの日の、今年の初ナイトからの報告です。
自分はダイブ本数約1000本中、ナイトダイビングが約80本のナイト好き、潜り始め
からナイトが出来るとは、今年も嬉しい予感がたっぷりです。

semihoubou20080105a.jpg
セミホウボウ  Dactyloptena orientalis
撮影 2008年1月:紀伊大島須江 白野  -7m 大きさ約300mmぐらい
英名 Helmut gurnard
生息域 東京湾以南の南日本、西部太平洋、ハワイ諸島、南太平洋、紅海、
     インド洋、オーストラリアなど

比較的、日本のダイビングポイントでは何処でも監察可能なので、今までに監察
された方も多いと思いますが、今回はナイト中の監察でしたので、半分寝ていた
様子でした。

みんなのライトを浴びてゆっくりと動き出してる様子は、動画にも納めましたので、
こちらもご覧下さい。

semihoubou20050105a.jpgsemihoubou20071222a.jpg
撮影 左 2005年 1月:大瀬崎 湾内 大きさ約20mmぐらい
    右 2007年12月:奄美大島 山本SP 大きさ約500mmぐらい

この セミホウボウ 、割とよく見かけるサイズは200mm以下のサイズが多いの
ですが、今回、ナイトで監察したのは300mmぐらいと大型でした。

普通ならビックリするはずのサイズですが、実は年末に行ってきた奄美大島で
監察した右上の写真の個体は、大げさでなく約500mm位はあって、エントリー
したブイの側に居て、見た瞬間にその大きさにたまげました。
ご覧の様に、105mmマイクロレンズでは、この画像が精一杯。

その他、今回の約一年ぶりの白野ビーチでのナイトでは、エントリーの浅場には
凄い数の イワシ の群れが逃げ込んできており、顔や体にぶつかってきて、痛い!
痛い!
その数の凄さは、この動画を、ご覧下さい。

ダイビング後の洗い場には、皆さんのBCのポケットやら器材に入り込んでいたと
思われる、 イワシ が数匹落ちており、皆さんドライスーツがサカナくさい。
この凄さは、皆さんも是非、須江の白野ビーチでナイトダイビングをして体験して
見て下さい。

2006年12月27日

●久々に忘れ物 セミホウボウ

昨夜は、我が社の役員だけでの忘年会でした。
これで今年最後の飲み会、と、気がゆるんだのか、久しぶりに会社にケータイを
忘れてきちゃいました。
そう言えば、充電器にさしたままです。

終わってから取りに戻ろうかと思いましたが、どうやら会社のキーまでも会社に
忘れてきてます。
まぁ家に帰って、車の中にあるFOMAのデュアル機を使えばいいかと、帰って
から車の中を探しますが、見つかりません。
そう言えば、故障したので会社の机の中に置いたままでした。
仕事柄、他に持ってるケータイ2台も、今日は電車通勤にて重いので会社に
置いてあります。

なんと言うことか、普段、使ってるケータイ4台とも会社に置いて有る事になり、
何の為にケータイ電話を複数持ってるのか、意味がありません。

と言うことで、久々にケータイの無い一夜を過ごす事となりました。
おかげで迷惑メールの音も聞こえず、静かな夜がすごせそうです。

20061227aa.jpg
写真はこの春に大瀬崎で写した セミホウボウYg です。
大きな目がクリクリで、とてもかわいいこでした。