Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > ハゼ科'; } else { print 'ハゼ科'; } ?> > クツワハゼ属'; } else { print 'クツワハゼ属'; } ?>

« キヌバリ属 | メイン | クモハゼ属 »

2007年07月14日

●グアムお気楽ダイビング報告(2) カザリハゼ

昨日に引き続き、グアムのとあるボートのキャプテンの家の庭から、またまた
自分の初観察の生物報告です。

kazarihaze20070710b.jpg
カザリハゼ  Istigobius ornatus

今回も図鑑によれば、生息水深2m以浅、分布域は、小笠原諸島、男女群島、
種子島、琉球列島、インド、太平洋となっております。
これまた今までなかなか観察してない訳ですね。

最初見たときは クツワハゼ の色違いかと思いましたが、
第一背鰭の先端が黄色く、ボディ全体の柄も違ってます。
日本に戻ってから図鑑で、やっと名前が判りました。

kazarihaze20070710a.jpg

このポイントでは、あちこちで観察できましたので、グアムでは沢さん生息して
居るんだとは思います。
かなり地味な色のハゼではありますが、過去に見た事が無いハゼを見た時は
どんなハゼでもとても綺麗に感じます。

特に全ての鰭を全開にしてくれた時なんかは・・・・・幸せの一瞬ですね。

2007年03月11日

●ホシノハゼ

昨日の大瀬崎は、雪化粧の富士山がとても綺麗にみれるほど良いお天気。
風もなく水面は波もなく、うねりもなさそうです。

しかし、エントリーしてみると・・・
水中の中は浮遊物がいっぱい、早くも春濁りの様子です。

1本目は、 サクラダイ 等のハナダイの撮影目的でしたが、
浮遊物がいっぱいで、105mmのデジタルでは断念せざるを得ませんでした。

そんな中、とても綺麗な背鰭を見せてくれたのが、 ホシノハゼ
20070310ba.jpg
まるで、 ケショウハゼ の様に綺麗です。
普段はとっても地味な色合いで、なかなか撮そうとは思いませんが、今日の
艶姿は立派です。

たまには何でも無い普通種も、じっくり観察してみるべきですね。