Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > ハゼ科'; } else { print 'ハゼ科'; } ?> > ホムラハゼ属'; } else { print 'ホムラハゼ属'; } ?>

« ホタテツノハゼ属 | メイン | ボウズハゼ属 »

2008年09月10日

●ホムラハゼ その3

本日は、いつも観察する度に報告したい生物の報告です。

homurahaze%2020080906a.jpg
ホムラハゼ  学名 Discordipinna griessingeri

撮影 2008年9月:柏島 -12m 大きさ20mmぐらい 
英名 Spikefin goby
生息域 柏島、奄美大島、沖縄諸島、八重山諸島、インド洋~西部太平洋

前回 今年は毎月 ホムラハゼ を観察できていた事から、できれば来月も
同じタイトルで報告などと ほざいたところ、案の定、天の神様は こいつ~
偉そうに~と思われたのか、7月は見ることは出来ませんでした。

今回も土日の柏島でしたので、ムリかと諦めていたところ、見れました~♪

homurahaze%2020080906b.jpg

今回も見せてくれた AQUAS の やっちゃんに 「manboonさんは、もう
ホムラは普通種やね」って言われたくらい、今年はやっちゃんに 3回も見せて
貰ってます。

でもホントにホントに、見られただけで嬉しいんです。
なので、今回も撮せた写真はこの様な証拠写真が、たった2枚だけでも
すごく嬉しいんですよ。

この気持ち、柏島に行った事がある方なら判ってくれますよね~。

2008年06月30日

●今月のホムラハゼ

いや何とも、嬉しいタイトルです。
出来れば来月も、同じタイトルで報告したいところです。

数年前までは後半身や背鰭ぐらいしか撮せず、" 今年も何とか、姿がわかる
写真が撮れました。" と、先日の観察報告で書いたばかりなのに、今回も
全身の観察が出来ちゃいました。

まぁ全身と言っても、ほぼ全身の完璧写真では有りませんが。

homurahaze200800625a.jpg
ホムラハゼ  Discordipinna griessingeri
撮影 2008年6月:柏島後浜 -12m 大きさ40mm 
英名 Spikefin goby
生息域 柏島、奄美大島、沖縄諸島、八重山諸島、インド洋~西部太平洋

去年からは、ほぼ平日に柏島に行ってますので、いくら超人気ダイブサービスの
アクアスさんでも、流石に6月平日のゲストは少なめです。
今回は自分以外では、初めての柏島なのに1週間滞在で毎日3本+条件が揃えば
毎晩ナイトダイビングしたいと言う、スーパーゲストの方が2名だけでした。
しかし毎晩ナイトOKなんて、なんて自分好みの方達なんでしょう。

と言うことで、3日間ほとんど自分は、やっちゃんのマンツーガイドで殿様ダイブ、
一番撮りたかった被写体の時は、30分も刺さってしまい、その間やっちゃんを
ずう~っと近くで待たせてしまうと言う、スーパー贅沢ダイビングでした。

homurahaze200800625b.jpghomurahaze200800625c.jpg

そんな状況で、今回もやっちゃんから ホムラハゼ を紹介して頂き、興奮の撮影。

しかし、この3枚を撮したところで、ちょっと離れた所に居た、まっちゃんガイドの
他のゲストの方達を、やっちゃんが呼びに行きます。
確か、このゲストの方達は ホムラハゼ は、まだ未観察のはず。

ここから自分の中での、心の葛藤が始まりました。
やっちゃんが呼びに行ったゲストの方達が来るまでには、3分以上かかります。
その間、ガンガン撮影をする時間はあります。

でも、そのせいで引っ込めてしまったら、申し訳ありません。
撮影すべきか、ライトを消してちょっと離れて引っ込まない様に観察すべきか?

悩んだ結果、結局、この程度の写真の出来で諦めて、引っ込んでしまわない
様に、そぉ~っとしておきました。

皆さんなら、どうされます?

2008年06月09日

●ホムラハゼ

本日は、何回見ても、何度撮影しても、見飽きない撮り飽きない生物の
報告です。

homurahaze20080529a.jpg
ホムラハゼ  Discordipinna griessingeri
撮影 2008年5月:柏島マグロ生け簀後 -10m 大きさ30mm 
英名 Spikefin goby
生息域 柏島、奄美大島、沖縄諸島、八重山諸島、インド洋~西部太平洋

今年も何とか、姿がわかる写真が撮れました。

homurahaze20070707b.jpghomurahaze20070707d.jpg
撮影 共に、2007年7月:柏島 後浜 -12m 大きさ20mmぐらい

こちらは昨年に撮した画像です。
数年前に初めて撮れた時までは、何年もの間、尾鰭だけとか、背びれだけ
とかを撮すのが精一杯で、見られただけで大喜びしてました。

まぁでも、今でも全身撮せるのは年に一回あるか無いかなんで、姿を見れた
だけで大喜びしているのは変わりませんが、以前よりは何とか上手に撮れる
様になったような気がします。

今年の柏島では、今は3ヶ所ぐらいで観察出来ますが、全て岩穴の奥深くに
チラッと見られるだけ。
デジイチからストロボを水中で外したりとか、まともな姿勢で撮せる事はまず
ありませんので、こんな風に運良く出てきた時は、凄くラッキーなケース。

それなのに、初めて柏島の方でガンガンに綺麗に撮っていく人もいますし、
こればっかりは、やはり運なんでしょうね。

2006年11月15日

●ホムラハゼ属の1種

homuraSp1a.jpg
初観察で、何とか撮れました。
かなり深場に生息してますので、じっくり撮影は出来ませんし、行けば必ず
見れると言うハゼでは有りません。
かなりレア度が高いハゼです。
おそらく、今見せてくれるのは、柏島のアクアスさんだけだと思います。
でも、運良くそのポイントへ行けても、必ず見られる訳では無くて、更に運良く
出てきた時だけ見られます。

それでも、自分の様な変態ヲタクダイバーには、行ってみるだけの価値は
有ります。
自分も、この後、一生見れるかどうかと思うハゼです。
こんなのが見れるなら、どれだけ深場でも行ってみたいと思わせる、そんな
魅惑のハゼです。

でも見れてよかった、撮せてよかった、が、今の本当の自分の気持ちです。

見た時の詳しい内容は、平日の柏島初日に書いてありますので、見たい方は
時間がたっぷりある時に、お読み下さい。

何せ、いつもの様に長文ですから。

2006年11月08日

●10日ぶりの、平日の柏島初日

いつもながらダイビングのレポートは長文、長~い日記です。
今回も皆さん、時間に余裕がある時に読んで下さいね。

前回は約一年振りだったのに、今回はたった10日ぶりのかじきあん
柏島ツアーに参加です。
引率は今回もひがしさん、もちろん10日ぶりの柏島一人運転です。

今回参加の皆さんは早めに仕事を終え、かじきあんのお店を18時20分に出発。
ご一緒して頂くのは、 し◎ちゃんと、さ◎らさん、2人とも初柏島、自分は今回で
9回目になります。

前回の出来事より、今回はネクサスD200+105mmマイクロVRⅡをメインとし、
ネクサスD100+60mmマイクロ+1.4倍テレコンのセットをスペアに持っていき
ます。
他の方はと言うと し◎ちゃんは自分から購入したノーチラスD70+60mmマイ
クロ、さ◎らさんはキャノンのコンデジ、ひがしさんは久々にスチールのF100です。

出発時間が早いので、途中のコンビニで各自、晩ご飯を購入し、名古屋インター
から名神高速に乗り、柏島への長いドライブが始まりました。

車中では今回も自分はPCの写真整理で時間をつぶします。
1時間ほど経過した頃、ふと見ると 東さんの居眠り防止の為に助手席に乗った
はずの し◎ちゃんが眠りに落ちてます。
まぁ、未だ早い時間なので次の休憩までは、そのままにしておきました。

1回目の休憩の三木SAで車から降りると、まるで冬の様な寒さです。
トイレをすませ、タコせんべいを買い、ガソリン入れてすぐに出発しました。

2回目の休憩の豊浜SAで、夜食に贅沢うどんを食べて、お腹も満足。
その後、いつも寄る宿毛市のコンビニで朝食を購入し、1時間ほど走り3時30分に
いつもの"とくだ旅館"さんに到着。
前回より2時間近く早く出ましたが、今回は普通に休憩を入れたせいか、1時間
程度しか到着時間が早くなりませんでした。
もちろん、全員すぐに爆睡です。

翌朝8時に、さ◎らさんが全員を起こしてくれました。
今回もお世話になる現地サービスのアクアスさんへの集合時間は9時なので、
8時30分に目覚ましをセットしてありました。
30分も早いのですが、親切で起こして頂いたので文句は言えません。
時間があるので散歩がてら、ブログ用にと風景写真を撮る事に。

061108xa1.JPG061108xa2.JPG
昨日の強風がウソのように止まり、海もべたべたの様です。
今回も、やはり自分の " あっ晴れおとこ " ぶりが発揮した様ですね。

アクアスさんに着くと、柏島のスーパーガイドのまっちゃんと、やっちゃん、それに
一時帰国中でアクアスさんで丁稚(本人曰わく)中のパラオのスーパーガイドの
ヂローさんの3人から、” お帰りなさい ” と言われちゃいました。
そりゃぁ、確かに10日ぶりですものね。

本日、他のゲストの方は2人らしく、流石に平日はガラガラです。
その内の1人の方がオリンパスE300を組み立てており、みなさん、にこちゃんと
呼んでらっしゃいます。
ひょっとしてと思い、後から聞いてみたら、ときどき見ていたHPの にこちゃん
でした。
なんか有名人に会った様な気分ですね~。

1本目、勤崎
1本目は、もちろん ホムラハゼの1種 が目標です。
ボイントに着いてみると、やったぁ~釣り人はおりません。
何せ勤崎は生物が多く、柏島一番のポイントですが、その分釣り客も多くて、
折角、柏島に来ても潜れない時がよくあります。

ホムラハゼの1種 は深場に生息しているので、まず、まっちゃんが探しに行って、
その間ゲストは浅い位置で他の被写体を撮りながら、まっちゃんからの合図を
待ちます。
さ◎らさんは安全を考えて、少し浅めで アケボノハゼ を観察です。
ほんの3分ほどで、まっちゃんがライトを廻して合図を出しました。
パラオのブルーコーナー激流を逆らうかの如く、猛ダッシュで駆けつけます。
061108a1a.jpg061108a1b.jpg
おぉ~、これかぁ、初めて見ましたが、 ホムラハゼ や、 ハゼ科の1-14  とも、
動きが違います。
061108a1.jpg
初観察にして、ホムラSP撮れましたぁ~♪
でも、やっと会えたと言うのに、ストロボが強くてテカった写真になってしまいました。
深さが深さなので、10分も観察できませんでした。
でも明日もあるし、初日にまず見れただけでも大満足でした。
それにしても、初めて来た柏島の1本目に勤崎に潜れて、更に ホムラハゼの1種
まで見れて、し◎ちゃんは、本当に強運の持ち主です。
061108a3.jpg061108a2.jpg
安全停止は、まっちゃんと、やっちゃんがそれぞれ持ってきてくれた キンチクガニ
白化したイソギンチャクに住む カザリイソギンチャクエビ 等が撮せました。
DIVE;776 IN 10:00 OUT 10:56 56分 Max *.8m Av 15.2m 水温24℃ 透明度 20m

061108xb1.JPG061108xb2.JPG
休憩中に堤防を散歩してみると、柏島の有名どころのダイビングサービスさんの
ボートが、あちこちに停泊しております。
土日では動いている所しか見ないボートだけに、やはり平日はどこも暇な様子
ですね。

2本目、勤崎
潜れる時に潜っておこうとの、まっちゃんの決定で2本目も勤崎。
密かな自分の希望は、1日3本全て勤崎ですから・・・・ラッキー♪

ブリーフィングにてまっちゃん曰わく、2本目はノーマルな浅めの勤崎だそうで、
3*m近辺で スジクロユリハゼ や、自分の目的の ヤツシハゼ1-5 や、
ヤツシハゼ1-8 を見て、浅く上げながらいろいろと観察の計画。
この計画の何処が浅めなんでしょうか?
061108b1.jpg061108b4.jpg
おりていく途中で、まず目的のひとつ ヤツシハゼ1-8 を発見。
残念、ストロボ一発で引っ込みました。
ところで上右のハゼは、 オニハゼYg なんでしょうか?
第一背鰭の青い斑紋が、とても鮮やかで目立っておりました。
061108b2.jpg061108b3.jpg
目的地近辺でやっと ヤツシハゼ1-5 を発見、自分自身は初観察。
自分は興奮たっぷりですが、 ヤツシハゼ1-5 は、体の半分程度しか
出てません。
引っ込めない様にジリジリと近づいていくと、D200の目前に スジクロユリハゼ
おります、どっちを撮すべきか? 
悩みどころですが、深場ゆえに悩んでいる時間はないので、目の前のスジクロを
撮してから、1-5へと移動する事にしました。
このスジクロ君は非常に綺麗でしたが、最期まで背びれは閉じたままで残念でした。
待望の1-5は、体全体に小さくて沢山広がるゴールドスポットが輝いておりました。
061108b5.jpg
幼魚の黒色から、成魚のブルーに変化途中の ハナヒゲウツボ です。
2日~3日ぐらいで完全に色が変わるそうで、口の先端はまだ黒い部分が残って
おります。
2日前にまっちゃんも変化しかけているのを見てるそうで、明日見ると多分全体が
ブルーに変化し終わっているらしいです。
061108b7.jpg061108b6.jpg
安全停止では、写真の バサラエビ コバンハゼ1-2 の撮影に手こずりました。
特に バサラエビ は良く動き、一瞬たりともジットしておりません。
撮している間中、ずう~っとウミシダを掛け分けていただき、まっちゃんありがとう
ございました。
061108b9.jpg061108b8.jpg
その後、まっちゃんが イソバナガニ と、スレートに書いて案内してくれます。
たかが イソバナガニ く゜らいで呼ぶの?と思いながら20mほど泳いで付いていくと、
そこにはバカでかい イソバナガニ が。
自分の指で計ると体長42mm、まるでカブトムシです。
あきれて離れていくニコちゃん、水中で大笑いのまっちゃん、ヂローさん、と自分
でした。
DIVE;777 IN 12:35 OUT 13:45 70分 Max *.0m Av 13.4m 水温24℃ 透明度 20m

061108xc1.JPG061108xc2.JPG
お昼は、いつもアクアスさんのお店でいただきます。
とくだ旅館でドライスーツを脱ぎ、歩いて向かおうとすると、道路が工事中なので
遠回りして神社の方から廻って行きました。
061108xc3.JPG061108xc4.JPG
お弁当は、いつもながらヘビー級、大食らいの自分にはぴったりです。

3本目、1番ブイ
3本目の目的は、普通の ホムラハゼ
でも普通と言っても、勿論、滅多に見れる物でなく、自分は過去に3回見ただけで
まともに写真に撮れてはおりません。
今まで、見れただけでも大喜びをしていたハゼです。
でーもー、きょうーはー やっと、ホムラ撮れましたぁ~♪
一度に大勢が見れる物ではないので、ゲストは前半後半に別れます。
自分は後半と言う事で、深場へ柏島の定番ハゼ探しへ向かいました。
061108c3.jpg061108c2.jpg
061108c1.jpg061108c4.jpg
ヤシャハゼ キツネメネジリンボウ ヒレナガ&ネジリンボウ等の柏島らしい
ハゼを観察し、 アカホシカクレエビ を撮りながら、 ホムラハゼ の順番を待ちます。
ホムラハゼ は1人がやっと覗ける岩の奥にいて、みなさん順番に交代で覗いて、
観察します。
教えて頂いた所にチロチロと動く鰭が見え、どうやらそれが ホムラハゼ
ひたすらD200を置きピンで構え、出てくるのを待っていると、やっと出て来ました。
061108c5x2.jpg061108c5x1.jpg
しかし、出てきた瞬間に、ペタッ、ペタッ、と歩いて穴の奥へ行っちゃいましたので、
帰りを待ちます。
すると、しばらくしてやはり戻ってきました。
061108c6.jpg061108c6a.jpg
じゃん・・・・・・・・じゃん・・・・・・・・、
061108c6c.jpg
じゃ~~ん!
061108c6b.jpg061108c6d.jpg
今度はスタスタと巣穴に戻っていきました。

実際には10分間ぐらい覗いていて、1回だけ穴の奥から出てきて、戻っていく
1分間ぐらいの間に10枚ぐらい写真を撮っております。
ストロボの調整の時間も無く、でも撮せただけで大満足でした。
次回、平日に来たときは60分間へばりつきたい物です。

061108c62.jpg061108c8.jpg
   ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
このイシモチは、 バンダイシモチ と言って、とてもレアらしい。
でも自分は ナミダテンジクダイ と、区別が付きません。
DIVE;778 IN 15:54 OUT 17:01 77分 Max 27.1m Av 13.7m 水温24℃ 透明度 15m

その後は、とくだ旅館さんの美味しい夜ご飯をいただき、20時からアクアスさんで
本日の写真を見ながらログ付けです。
それにしてニコちゃんのワイド写真に脱帽、これが柏島って写真ばかりでした。

ログ付け後は、再び、とくだ旅館に戻り、今日の し◎ちゃんの写真の反省より
お部屋でカメラの練習。
果たして、明日、し◎ちゃんの特訓の成果は出るのか?

お休みなさい。