Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > ハゼ科'; } else { print 'ハゼ科'; } ?> > ウミショウブハゼ属'; } else { print 'ウミショウブハゼ属'; } ?>

« ウキゴリ属 | メイン | オキナワハゼ属 »

2010年01月13日

●セボシウミタケハゼ その6

本種の観察報告は、今回で実に六回目。

「 同じ種を何回も書くぐらいなら、未報告の種をもっと書けよ~!!」と
言われそうですが、本日報告の種は何度でも報告したい生物です。

seboshiumitakehaze%2020100111a.jpg
セボシウミタケハゼ  学名 Pleurosicya mossambica

 スズキ目 / ハゼ科 / ウミショウブハゼ属
撮影 2010年1月:紀伊大島須江 内浦 水深-9m 大きさ20mm 
英名 Common Ghostgoby
生息域 伊豆諸島、相模湾以南~インド洋、西部太平洋、東アフリカ沿岸、
      紅海など

過去にも報告済みの内容にて、くどくてスミマセンが念の為。
珊瑚礁域や岩礁域の、内湾の湾口から湾奥にかけて棲息しております。
ウミトサカ類や、カイメン類、スリバチサンゴ類、ホヤ類などに着生している事が
多く、体色は様々な色が有りますので特徴としては難しいところですが、第一
背鰭基底部に半楕円型の黒い斑紋が有る事で本種と同定できます。

seboshiumitakehaze%2020100111c.jpg

この写真の青い線で囲った中の、第一背鰭の基底部に黒い斑紋があるのが
判るかと思います。

061205c4.jpg
撮影 2006年12月:紀伊大島須江 内浦 水深-9m 

こちらは今回の撮影した辺りで、約3年前に撮した画像です。
通常ならば、この写真の様にナンヨウキサンゴは昼間はポリプを閉じてる事が
多いんですが、今回は午前11時頃でしたが、このナンヨウキサンゴだけが
ポリプを前開でしていて、今回の様な写真が撮れました。

でも本当は 以前にも 同じ様な写真を柏島で撮ってます。
なので、今回はもう少しイメージ変えて撮れば良かったと反省している次第です。

2009年05月12日

●セボシウミタケハゼ その5

昨日のスペインGPもブラウンF1の圧勝でした。
それにしても、今回も我がフェラーリの不甲斐なさ、悔しい限りです。

さて一部の方にご好評なので、本日もノートリミングの写真だけで報告させて
頂きます。

seboshiumitakehaze%2020090411c.jpg

セボシウミタケハゼ  学名 Pleurosicya mossambica
 スズキ目 / ハゼ科 / ウミショウブハゼ属
撮影 2009年4月:柏島 後浜 水深-8m 大きさ20mm 
英名 Common Ghostgoby
生息域 伊豆諸島、相模湾以南~インド洋、西部太平洋、東アフリカ沿岸、
      紅海など

珊瑚礁域や岩礁域の、内湾の湾口から湾奥にかけて棲息しております。
ウミトサカ類や、カイメン類、スリバチサンゴ類、ホヤ類などに着生している事が
多いので、綺麗な水中生物写真を撮られる方には絶好の被写体です。

体色は様々な色が有りますので特徴としては難しいところですが、第一背鰭
基底部に半楕円型の黒い斑紋が有る事で本種と同定できます。

seboshiumitakehaze%2020090411e.jpg

既に何度も報告させて頂いたので、又かと言う説明かも知れませんが、
水中生物の写真撮影の練習には最適の生物です。

2008年11月27日

●ウミショウブハゼ

先日、当ブログでガソリンに比べて軽油の価格が下がってない様に思いますと
書きましたが、一昨日、TVの情報番組にて、どうやら一般市民の消費意欲を
促進させる為に、政治的にガソリン価格を下げていると報道されておりました。

ただ、どうなんでしょう?
軽油価格を値下げして輸送コストや、業者経費を下げない限り、色々な賞品の
価格は値上がる一方で、消費意欲は増さないと思うんですが。

umisyoubuhaze%2020071120a.jpg
ウミショウブハゼ  学名 Pleurosicya bilobata
撮影 2007年11月:PALAU 深さ-2m 大きさ約30mmぐらい 
英名 Bilobed Ghostgoby
生息域 沖縄県以南 ~ インド洋、西部太平洋域など

ウミショウブハゼ属の元祖です。
内湾の珊瑚礁域の礁源や、マングローブ域の泥砂地等に棲息するウミショウブや
リュウキュウスガモ等の、海草に着草して棲息しています。

特徴は、吻の傾斜が緩く頭高と体高が低い事、頭から体全体に不定形の小さな
白色斑が散在する事などで、同族他種と区別が可能です。

umisyoubuhaze%2020081021a.jpgumisyoubuhaze%2020081021c.jpg
撮影 2008年10月:PALAU -2m 大きさ約30mmぐらい 

ちょっと青抜きを狙って、頑張ってみました。
水深は2m以浅、安全停止を兼ね時間をたっぷりかけられましたが、棲息して
いるのはマングローブから流れ出た泥が堆積してる所に生えてるウミショウブ。

青抜きするには水底から水面に向かって撮影する形になる為、水底にひっくり
返って、上向きにカメラを構えた姿勢で撮りました。
しかしちょっと手を動かすだけで、泥が舞い上がりモウモウと濁ってしまうので、
姿勢が姿勢だけに、疲れた撮影でした。

尚、左右 2枚の画像の青さが異なるのは、いろいろ露出とシャッタースピードを
変えながら撮影した為です。

2008年08月01日

●セボシウミタケハゼ ( 7月その1 )

月日の経つのは早い物で、今日から 8月。

先日まで深夜でも泣いていたセミの声も、夕方までの泣き方になってしまい、
夏のピークも過ぎたようです。

seboshiumitake%2020080728a.jpg
セボシウミタケハゼ  学名 Pleurosicya mossambica
撮影 2008年7月:柏島 -7m 大きさ30mm 
英名 Common Ghostgoby
生息域 伊豆諸島、相模湾以南~インド洋、西部太平洋、東アフリカ沿岸、
      紅海など

柏島へ潜りに来ると、必ず撮してしまう生物です。
特に柏島にこだわらなくても、おそらく今まで自分が撮してきた水中生物の中で
最も多く撮してきた生物。

様々な岩礁や珊瑚に棲息しているので、それだけ色々な背景での綺麗な絵に
なり、自分以外にもいっぱい撮しているフォト派ダイバーは多いと思います。

seboshiumitake%2020080728b.jpg

と言うことで、今回も沢さんの背景の中での撮影をしましたので、ボチボチと
報告させていただきます。

2008年06月08日

●セボシウミタケハゼ

昨日は久しぶりに、大瀬崎をカメラ持って楽しんできましたが、写真のデキが
いまいち、まだまだNEWマシーンは体に馴染んでない様です。

さて本日の生物は、当ブログで既に何度も紹介してますが、今回はいつもと
ちょっと違った、生態行動の報告です。

seboshiumitakehaze20080517b.jpg
セボシウミタケハゼ  Pleurosicya mossambica
撮影 2008年5月:柏島マグロ生け簀後 -16m 大きさ30mm 
英名 Common Ghostgoby
生息域 伊豆諸島、相模湾以南~インド洋、西部太平洋、東アフリカ沿岸、
      紅海など

ちょっと判りづらいと思いますが、この画像は丁度、産卵中の画像です。
パシャパシャとストロボを当てても何のその、一生懸命に産んでおられました。

seboshiumitakehaze20080529b.jpg

で、10日後に観察してみると、あれれペアになって居るでは無いですか?
ひとりで守るのは大変なので、ご夫婦で力合わせて守ってるんでしょうか。

2匹の間に写っている、デコボコなところが卵です。
何度も産んでいるせいか、小さな卵がいっぱいホヤにくっつぃているんですが、
卵の上に卵が重なっているのもあって、ホヤの表面がデコボコになってます。

この卵ちゃん達は、先日報告済みの ミサキウバウオ の卵と違って、目などは
全く見えず、ハッチアウトにはまだまだ時間がかかりそうですので、次回の
柏島まで持ってくれればと願う次第です。

と言うわけで、早く柏島へ戻らなければなりませんね。

2008年02月18日

●アカスジウミタケハゼ

akasujiumitakehaze20071222a.jpg
アカスジウミタケハゼ   Pleurosicya micheli
撮影 2007年12月:奄美大島 倉崎ビーチ  -10m 大きさ30mmぐらい
英名 Michel's ghost goby
生息域 南日本 ~ 西部太平洋、インド洋など

体は半透明で、吻端から尾ビレ下半分にかけて赤色の縦帯があるのが特徴。
セボシウミタケハゼとよく似てますが、セボシウミタケハゼは第一背鰭の基部
付近に、黒斑が入ることで区別できます。

そのはずですが・・・・・。
目の悪い自分には水中での区別は、まず不可能なので、いつも撮影した画像を
大きくして確認している次第です。

もっとも、第一背鰭がばっちり開いた写真が撮れてないと無理なお話しですが。

akasujiumitakehaze20041007b.jpg
akasujiumitakehaze20041007a.jpg
撮影 共に、2004年10月:シバタン島 ドロップオフ  

ウミショウブハゼ属は、上の写真の様にミズタマサンゴや、ナンヨウキサンゴ等の
ホスト上に、ちょこんと居ることが多く、綺麗な写真が撮りやすい生物です。

動きも少なくコンデジでも綺麗に撮れますから、水中写真の練習に良いかも。

2007年12月07日

●秋のパラオ合宿報告(15) 忍者はっとりくん

久しくなかった新製品の好調振りにて、一時は年内の休日が皆無になりそう
でしたが、急遽、本日と12月後半に3日間ほど休める事になりました。
なので、一時は諦めていた今年の年間200本の目標も何とか達成できそうな
模様です。
しかも、その前の199本目は、自分にとって人生で節目のダイビング本数。

何とか共に達成出来ると良いのですが、仕事がこれ以上忙しくならない事を
祈るばかりです。

さて本日紹介させていただく生物は、とくに南の海でなく、日本でも十分に
観察が可能です。

umitakehaze20071120b.jpg
ウミタケハゼ Pleurosicya muscarum
撮影 2007年11月:PALAU GP3
英名 Ghost goby
生息域 琉球列島、西部太平洋~インド洋など

本当に、木隠れの術の忍者みたいです。
うまく隠れております。

umitakehaze20071120a.jpg

でも、自分がこのような構図を撮っている時は、明らかに手抜きと言うか、写真から
やる気が感じられません。
ただ単純に、生物を撮しているだけ。
やる気が有る時は、ぐるっと横に回り込んで各鰭全開を狙っているはずです。

おそらく何かと戦ったあとの、気が抜けてた状態だったんだろうなぁ~と思います。
なぜならば、この写真を撮った事自体を詳しく覚えておりませんので・・・。

2007年09月11日

●終夏の柏島より、セボシウミタケハゼ

今回の かじきあん 柏島ツアーからの報告は、こちらの生物から。

seboshiumitake20070909.jpg
セボシウミタケハゼ  Pleurosicya mossambica
撮影 2007年9月:柏島勤崎 -18m 英名 Common Ghostgoby

いつも図鑑写真ばかり撮っている自分にしては、珍しく綺麗な写真です。

撮影したのは、早朝6時からのダイビング。
昨年と同様、秋の期間限定にてアクアスさんでガイドお手伝い中の、パラオの
サザンマリンダイバーズのぢろーさんが、スレートに「ポリプ全開」と書かれた瞬間
から、全開ポリプと生物のイメージで自分の頭の中がいっぱいになり、被写体を
探して、おぉっと見っけました~♪
セボシ君が隠れてましたぁ。

と、柏島なのに、ぢろーさんにガイドをして貰っていると、ここはパラオと錯覚を
しがちの中、夢中で撮影した作品のひとつです。
セボシウミタケハゼ の特徴は、第1背鰭基部の小斑点で出来た黒い点と、第2
背鰭の棘ですが、この写真の生体はご覧の様に、第1背鰭、第2背鰭ともに
閉じてますので、本当は異なるウミタケハゼかも知れません。

まぁ、でも雰囲気で セボシウミタケハゼ と。
いいんですよ、所詮、フォトコンに出品する訳でもないし、自分の図鑑の中だけ
での発表ですから。

061205c4.jpg
撮影 2006年12月:須江内浦ビーチ -5m 

しかし、 セボシウミタケハゼ 自体は、去年の冬に紀伊大島須江の内浦ビーチで、
同じナンヨウキサンゴをバックに撮影しておりますが ( 上の写真 ) ポリプが
開いているのと、閉じているのでは写真のイメージが全く変わる物ですね。

ポリプは日中は開かないそうなので、狙いは早朝。
これだから、早朝ダイビングは止められませんね~♪

2007年07月31日

●柏島合宿報告 (1)スケロクウミタケハゼ

自分のダイビング生活で今回は10回目の柏島でしたが、1ヶ月に2回は初めて、
今月は2回も行ってしまいました。
7月初旬はベラの繁殖期にて、ディスプレイが見事な様々なベラの観察が出来、
後半は水温も上がり、ハゼがホバリングし出すと思い2回も行ってしまったのです。

かじきあん のツアーでは、より安全なダイビングを目的としナイトロックスエアーの
ダイビングを推奨しており、各ツアーにはナイトロックスタンクを持って行きます。
勿論、ナイトロックスダイビングの資格を持たないと、使えませんが。

柏島でのダイビングはとっても魅惑的な被写体が多く、減圧が出やすいダイビング
スタイルになりがちなので、潜る本数分で車に積めれるだけナイトロックスタンクを
持って行きます。
基本的に潜る深さに合わせた酸素濃度のナイトロックスタンクを用意し、持って行き
ますが、ナイトロックスが故に、あと一歩、深く潜れず観察できない事も、しばしば。
ナイトロックスは酸素濃度が高いわけですから、その分、酸素中毒になり安い訳で
無理は禁物です。
( なぜ酸素中毒になりやすいのか、もっと理由を知りたい方は、所属されている
各潜水団体のナイトロックス講習を受講して、勉強して下さい。 )

ナイトロックスが故に深く潜れなくて観察できない事よりも、減圧症にならない事の
方が大事なので、今回もナイトロックスタンクを沢さん持ち込みさせて頂きました。

今回もお世話になったのは、アクアスさん。
先日も書いた様に、自分が大好きなサービスさんです。

と、前置きが長くなりましたが、本日からはそんな柏島合宿の報告をさせていただき
ます。

冒頭にも書きましたが、柏島は本当に魅惑的な被写体に満ちあふれております。
日頃から自分が撮る写真は、全てのヒレ全開の真横くっきり写真が目標。
はい、すなわち芸術性の無い写真です。
これも自分の目的、マイ写真での図鑑作りの為ですが、そんな自分でさえ、柏島に
来てしまうと、思わず、こんなアートっぽい絵の写真を撮ってしまいます。

    sukerokuumitake20070729a.jpg
スケロクウミタケハゼ  Pleurosicya boldinghi

正確に言えば、この スケロクウミタケハゼ 自体が、いつもこyんな様子で、トサカに
くっついており、このハゼ自体を撮ろうと思うと、どうしてもこういう絵図らになって
しまうのですが。

他にもこんな風に、柏島のおサカナさん達は、迎えてくれるのでした。

Hallo20070729a.jpg
柏島のおサカナさん達、いつもモデルを勤めていただき、ありがとうね。

2007年01月05日

●2006年の失敗作 その2

umitakehaze200602.jpg

2006年の失敗作。
2回目の紹介は名前の判らない ウミタケハゼ の仲間です。

このサカナの情報を知ってから一週間後に、2日間の日程でこのサカナの
撮影目的で須江に行きました。
観察できるのは内浦ビーチの-26m近辺の深場にて、まず初日の1本目に
撮影したのがこの写真です。

10枚程度撮影しましたが、D100のファインダーでは体全体がジャスピンの
満足写真に見えた為、その後は翌日も違う被写体の撮影をして帰宅しました。
ところが自宅でPCで確認すると、目だけとか、ヒレだけとかのマクロヲタクな
写真ばかりで、目的としていた図鑑写真は一枚も有りません。

翌週の休日、再撮影に再び須江に行きましたが、既にこのサカナはどこかへ
消えてしまっておりました。

最低でも翌日に、もう1本撮っておくべきでした。
今、観察できても、次の観察は保証されない事を、改めて実感させてくれた
そんなサカナでした。

2006年12月12日

●今週末の柏島がぁ~ セボシウミタケハゼ

予定では今週末は休日、柏島行きでしたが、先日の土日の某ドーナッツ屋さん
とのタイアップ企画が大当たりで、何と我が社運営ののド◎モシ◎ップ8店舗が
全店舗、過去最高の販売数を記録。
おかげで今週末の土日は休日抹消、またまた一人で会社待機です。
休日は無くなりましたが、嬉しい悲鳴です。

当社の取締役連中で、販売システムのサーバー管理が出来るのは自分のみ。
最近そのサーバーが、ちょくちょくダウンします。
何故か、それも各店舗が忙しい日曜日の自分が休日に限って、突然ダウン。

そんな状況下、海の中で連絡が取れない様では、社員に合わす顔が有りません。
泣く泣く、柏島は諦めました。

061205c4.jpg
セボシウミタケハゼ(15mm) 2006年12月5日 紀伊大島内浦ビーチにて

ところで先日の、続、平日の須江でのダイビングレポートをアップしました。
詳しくは、こちらを、見て下さい。