Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > ハゼ科'; } else { print 'ハゼ科'; } ?> > チチブ属'; } else { print 'チチブ属'; } ?>

« ダルマハゼ属 | メイン | ツムギハゼ属 »

2009年05月19日

●シモフリシマハゼ

さて本日からは、先日の三保での観察報告です。
第一弾は、生息域が???な報告です。

shimofurishimahazw%2020090516a.jpg
シモフリシマハゼ   学名Tridentiger bifasciatus

 スズキ目 / ハゼ科 / チチブ属
撮影 2009年5月:三保 真崎海岸 水深 -3m 大きさ50mmぐらい
生息域 北海道以南のの太平洋、日本海側~瀬戸内海、九州など。
     海外では、沿海州、朝鮮半島、福建、香港及び台湾など。

主に汽水域の泥底に生息しておりますが、海水の影響のない淡水域に侵入する
事は希だそうです。
カキやフジツボが付着している様な岩塊の障害物のある場所を好み、ゴカイ類
などの底生動物や藻類を摂食する雑食性の食性をしております。

頭部腹面に細かい霜降り状の白色点が存在することや、胸鰭最上部の軟条が
遊離しないことから近似種の アカオビシマハゼと識別が可能です。

shimofurishimahazw%2020090516d.jpgshimofurishimahazw%2020090516c.jpg

shimofurishimahazw%2020090516b.jpg

と、図鑑や文献には主に汽水域に生息と書かれておりますが、観察したのは
海近くの河川の汽水域ではなく、三保の真崎海岸です。
近くに河川は見あたらず、ほぼ完全な海水と思うのですが、よそ者は知らない
流入している淡水域が有るんでしょうか?

ほとんどの図鑑で淡水域の魚として紹介されてますが、完全な淡水では生息が
出来ないとだけ書いてありますので、反対に完全な海水での生息は可能なの
かも知れません。

どちらにしても、個人的に嬉しい初観察のハゼでした。