Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > ウミウシ類'; } else { print 'ウミウシ類'; } ?> > オオミノウミウシ科'; } else { print 'オオミノウミウシ科'; } ?>

« オオアリモウミウシ科 | メイン | カノコキセワタ科 »

2010年03月14日

●スミゾメミノウミウシ

いよいよ今年も、 F-1グランプリが始まりました。
開幕戦でシューマッハの復帰、我がフェラーリのマッサの復帰戦ともあって、
予選が行われた昨日は生放送で見たくて、海行きはお休み。
中学生の頃に出会ったF-1サーカス。
こんな水中生物ヲタクなブログを書いてる自分ですが、同じぐらい大好きな
世界です。

と言うことで朝から自宅のあれこれと用事をこなし、フジTVの730チャンネルで
生放送で観戦出来ました。

不思議な事ですが、ルノー時代にあれほど嫌いだったアロンソが今年から
フェラーリのドライバーになると、とたんに好きになれました。
予選結果はマッサ2位、アロンソ3位、そして残念ながらフェラーリではなくて
メルセデスで復帰の皇帝シューマッハは7位と、まぁ、まずまずの成績。
本日の決勝も、何とか仕事を早めに切り上げて生放送で観戦するつもりです。

しかし今年は、やはりセバスチャンですかね~?

sumizomeminoumiushi%2020100221a.jpg
スミゾメミノウミウシ   学名 Protaeolidiella atra
 裸鰓目 / ミノウミウシ亜目 / オオミノウミウシ科 / スミゾメミノウミウシ属

撮影 2010年2月:大瀬崎 湾内 水深-12m 大きさ約40mmぐらい
生息域 伊豆大島、千葉県以南の太平洋域など

岩礁域にて食しているオウギウミヒドラや、ヤギモドキウミヒドラに付いている事が
多く、体型は細長く、短く脱落しにくい突起が背面全体にあります。
体地色は褐色から黒紫色、黒色などで背面突起は体地色と同色にて、先端部は
白色になります。

sumizomeminoumiushi%2020100306a.jpg
撮影 2010年3月:紀伊大島須江 内浦 水深-20m

sumizomeminoumiushi%2020050817a.jpg
撮影 2005年8月:三重県梶賀 水深-8m

sumizomeminoumiushi%2020030412a.jpg
撮影 2003年4月:三重県三木浦 内ドマル 水深-6m

撮影機材は異なれど、この数年間で自分が色んなところで撮してきた同種の
写真です。

冬から春にかけて多く観察しますが、希に夏の低水温時に観察する事も
あります。
全体的に暗~いイメージの写真に成っているのは、やはり本種の色合いや
生息するホストのウミヒドラの色彩からだと思いますが、もうちょっとカラフルな
色彩のウミヒドラなら、綺麗な個体になるかも知れませんね。