Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > ウミウシ類'; } else { print 'ウミウシ類'; } ?> > ウミコチョウ科'; } else { print 'ウミコチョウ科'; } ?>

« イロウミウシ科 | メイン | オオアリモウミウシ科 »

2009年04月28日

●キイロウミコチョウ

どうやら製造業の多い愛知県はGWに突入した企業が多いみたいで、
昨日の朝は月曜にも関わらず、道路は空いておりました。
盆暮れ正月GW等の連休が無いサービス業の自分達ですが、世間の方が
連休のおかげで、通勤が楽になっておこぼれに授かる様な気分です。

kiiroumikochou%2020090418a.jpg

キイロウミコチョウ   Siphopteron flavum
ブドウガイ目 / ウミコチョウ科 / キマダラウミコチョウ属
撮影 2009年4月:越前ログ前 -5m 大きさ約6mmぐらい
生息域 佐渡島以南の日本海、神奈川県以南 ~ 西部太平洋域、ハワイなど

体色は鮮やかな黄色で、全体に白色の非情に小さな斑点が散布している
らしいですが、肉眼ではまず判りません。
内蔵嚢後部や頭楯にある水管様の各突起は黒っぽい茶褐色をしてます。

近似種の オレンヂウミコチョウ とは、本種が側足縁が黒褐色などで縁取られ
ない事で識別が可能です。

kiiroumikochou%2020090418b.jpg

過去に何度か見ておりますが、いつも海況が良くなくてウネリが有るとか
小さなウミウシを撮れる環境では有りませんでしたが、今回は海況が良く
先日報告済みの ダンゴウオの幼魚 同様の極小サイズでも何とか撮れました。

ところで本種は、フサフサと羽ばたく様に泳ぎます。
そんな姿を折角見かけたのに、動画を撮り忘れておりました。

2008年05月30日

●アユカワウミコチョウ

柏島の写真の整理が出来ておりませんので、本日は過去に撮した中から。
実はずいぶんとウミウシ報告をしていなかったので、思い出したかの様に
4月にオープンした南越前の海からの報告です。

ayukawaumikochou%2020080426a.jpg
アユカワウミコチョウ   Siphopteron fuscum

ブドウガイ目 / ウミコチョウ科 / キマダラウミコチョウ属
撮影 2008年4月:南越前 -7m 大きさ約5mmぐらい
生息域 東北以南の日本海、西部太平洋域、インド洋など

この画像は本当はお臀の部分と思うのですが、舌を大きく出した顔の様に
見えて、とってもお気に入りの画像です。
でも、この子は小さくて小さくて、撮るのに苦労しました。

ayukawa%2020080426ab.jpg

この画像は、一番上の写真の様にトリミングする前の元画像ですが、105mmに
クローズアップレンズを付けてみて、やっとでこの大きさです

ayukawaumikochou%2020080426b.jpg

和名のアユカワは、越前海岸の福井市鮎川(あゆかわ)からだそうですよ。
とにかく、可愛いウミウシでした。