Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > ウミウシ類'; } else { print 'ウミウシ類'; } ?> > オオアリモウミウシ科'; } else { print 'オオアリモウミウシ科'; } ?>

« ウミコチョウ科 | メイン | カノコキセワタ科 »

2009年03月28日

●ハナビモウミウシ

やっと昨日から、今シーズンのF-1グランプリが開幕しました。
金曜日はフリー走行だけで予選や、決勝の様な本気モードでの走行では無い
かも知れませんが、シーズン前の下馬評どおり、旧HONDAチームのブラウン・
メルセデス、TOYOTA、ウィリアムズ等のチームは好タイム連発。
変わって昨年の覇者、マクラーレン、フェラーリなどは低タイムどまり。

各チーム、予選までの手の内隠しか知れませんが、スリックタイヤの使用など
久々にレギュレーションが大きく変わった今シーズン、本日の予選での走りが
楽しみです。

hanabimoumiushi%2020090314a.jpg

ハナビモウミウシ  学名 Costasiella sp
嚢舌目 / オオアリモウミウシ科 / オオアリモウミウシ属
撮影 2009年3月:沖縄レッドビーチ 水深 -10m 大きさ約 3mmぐらい
生息域 琉球列島以南~太平洋域など

体色は青みを帯びた透明色で、背側突起の先端は水色、その下部の消化腺は
黒色で、その周りにオレンヂ色の模様が入る。
触覚が縦に溝を持つ事が特徴です。

体色が花火の様な色合いから、和名の ハナビモウミウシ と付けられました。

hanabimoumiushi%2020090314b.jpg

ついに出ました、ミリサイズです。
目で見るかぎりは何かの海草の塊ですが、105mmにクローズアップレンズを
付けたファインダー越しに見てみると、おっ、ウミウシです。

しかし、そんなレンズ設定の為、被写界深度はほぼ有りませんので、小さな
個体とあって、自分のへなちょこ腕では、こんな画像が精一杯でした。