Top生物'; } else { print '生物'; } ?> > ゴンズイ科'; } else { print 'ゴンズイ科'; } ?>

« コケギンポ科 | メイン | ゴンベ科 »

2009年02月01日

●ゴンズイ

2月最初の生物報告は、先日、 かじきあん のお客様より、たってのリクエストと、
お願いをされた生物の報告です。

最近は普通種をよく撮影しておりますので、こういったメジャーな生物報告にも
お答えできる様になりました。
エヘンッ!

gonzui%2020090129a.jpg

ゴンズイ
学名 Plotosus japonicus
ナマズ目 / ゴンズイ科 / ゴンズイ属
撮影 2009年1月:紀伊大島須江 内浦ビーチ -9m 大きさ 80mmぐらい 
英名 Striped catfish eel
生息域 本州中部、富山湾以南 ~ 紅海、インド洋、西部太平洋域など。

背鰭と胸鰭の第一棘条に毒腺があり、これらの棘に刺されると激痛を伴い、
知らずに手で掴んでしまうと、棘で斬ってしまう上に、更に毒にもおかされと
二重の苦しみを味わうので、絶対に触れない様に注意するべき生物です。

ただ興奮状態に無いときは、刺す事は無いそうです、いちおう。

幼魚の頃は集団で行動する習性があり、水中で観察したダイバーの方も
多いと思われますが、巨大な団子状になる為、「ごんずい玉」と呼ばれるて
おります。
この行動は集合行動を引き起こすフェロモンによって制御されている事が
研究者の方の努力によって判明しております。

gonzui%2020090129d.jpg
gonzui%2020090129b.jpggonzui%2020090129c.jpg

今までは、近くに居るとフィンで向こうへ行けとばかりに追い払ったりして、まず
真面目に撮影する事が有りませんでしたが、改めて撮してみると目がまん丸で、
なかなかキュートな表情をしておりますね。

ナマズ目の生物では随一、淡水生活をせずに海の中だけで生涯を終える生物
らしいですよ。