« マトウダイの幼魚 | メイン | スミゾメミノウミウシ »

2010年03月13日

●トサカガザミ

昨日、午前中に名古屋市内を仕事で廻っていたら、すごく濃い色の桜を発見。
思わず鞄の名からコンデジを取り出し撮影していたら、他のサラリーマンらしき
人も鞄の中からコンデジ出されて撮されてました。
自分と同じ考えの人って、多いんですね~

20100312aaa.jpg20100312aab.jpg

植物に弱い自分ですが、後から調べたら寒緋桜 (かんひざくら)と言う品種で
沖縄が原産地らしいです。

tosakagazami%2020100116a.jpg
トサカガザミ   学名 Caphyra yookadai
 十脚目 / ワタリガニ科 / トサカガザミ属

撮影 2010年1月:紀伊大島須江 白野 水深-5m 大きさ甲長10mmぐらい
生息域 伊豆半島、紀伊半島以南 ~ 西部大平洋、オーストラリア東岸など

水深が-30mぐらいまでの岩礁域や、サンゴ礁域のユビノウトサカの仲間に
共生しております。
ユビノウトサカ等の枝の付け根に隠れている事が多く、盛り上がっている甲の
地色は白色にて9対の褐色の斑紋があり、その色彩や斑紋模様はホストに
似せて擬態しています。

歩脚の指節はかぎ爪状になっていて、ホストにしがみついてました。
今回の写真はナイトダイビング時に観察した写真なので、日中ではもっと
明るめの色と思われます。
なので今度は、日中のダイビング時に捜してみます。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)