« ユウダチタカノハの幼魚 | メイン | トサカガザミ »

2010年03月12日

●マトウダイの幼魚

昨日仕事の昼休憩中にスタッフとカメラの話しをしておりましたが、自分が
コンデジと呼ぶ言葉は、ダイバーでもなく、カメラが特に趣味でもない方達
には聞き慣れぬ言葉らしく、一般的にはデジカメと呼ぶ人が多いそうです。

デジイチと、コンデジ。
今まで気づいてませんでしたが、一般的な言葉では無かったんですね。

matoudaiYg%2020100306a.jpg
マトウダイの幼魚 学名 Zeus faber
 マトウダイ目 / マトウダイ科 / マトウダイ属

撮影 2010年3月:紀伊大島須江 内浦  水深-16m 大きさ約30mmぐらい
生息域 青森県以南~太平洋域、インド洋域、地中海、大西洋域など

水深が-100m~200m辺りに多く生息しており、水温が低くなる冬などは、より
浅い水深でも観察ができ、最大500mm位まで成長します。

背鰭は10棘あり、その内の数本は長く伸長しており、背鰭、臀鰭の基部には
大きな棘があります。
体側面には、白く縁取られた明瞭で大きな黒斑があり、口を大きく伸縮させて
小魚、甲殻類、頭足類などを補食します。

matoudaiYg%2020100306b.jpg

今回、色々と調べるまで知らなかったんですが、本種の最大の特長とも言える
体側面の大きな黒斑紋は、外敵から脅威を与えられた時のみ現れるらしくて、
外敵に対する威嚇行為として現れるものだそうです。

今回の報告の個体は 前回に報告した幼魚 よりはちょっと大きく、人間で言えば
小学生高学年ぐらいですかね~
本種は冬から春にかけて産卵するらしく、毎年このあたりのサイズを観察しだすと
そろそろ、内浦ビーチのシーズン終了を感じ始めます。

寂しいですが、今シーズンの内浦もそろそろ潜り納めが近づいてきた様です。


コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)